平身低頭は表向き 塚原夫妻がメディアに見せた“悪あがき”

公開日:

「黙っていないわよ」と宣戦布告していた千恵子本部長は本部長で、夫婦の暴力指導を報じたきょう発売の「週刊文春」の記事に対し、出版の事前差し止めを請求(昨5日に棄却)して意に反する記事を封じ込めようとする一方で、ライバル誌の「週刊新潮」のインタビューに5時間にわたって応じ、改めてパワハラ疑惑に反論。引き抜きについて「勧誘と受け止められてしまった」と釈明しながら、速見コーチの無期限登録抹消処分や宮川の所属クラブ解除については「一切関わっていない」と関与を否定した。最後は「一度は辞めようかと思ったのですが、いつか真実が明らかになる日が来るかもしれません。そのときまで日本の体操のためにも真実を語り続けよう。いまはそう思っています」と締めくくり、辞意がないことを示した。

 夫妻の悪あがきはまだまだ続きそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  5. 5

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    “PC打てない”桜田大臣 ツイッターで大島優子フォローの謎

もっと見る