大谷翔平に手術回避の勧め…左打ちで“経験者”の柴田博之氏

公開日:

「左打者の場合、球を捉えた際に衝撃を受けるのは左腕です。振り抜く際に左手でバットを押し込むので、大谷君の利き腕である右腕への負担は少ないと思います。今はリハビリなども進歩しており、僕の頃よりも早く復帰できるでしょうが、経験者として大谷君はできるなら手術は避けた方がいいと思います。僕の場合は、手術してから左肘をかばうのが癖になってしまい、体のバランスを崩したのでしょう。最終的には腰を痛めてしまった。手術すれば、大谷君も何らかのリスクが生じる可能性もあるので、DHでプレーしながら、患部の治療を行い、二刀流としての復帰を模索してもらいたいですね」(柴田氏)

 例えばヤンキースの田中のように、投手によっては損傷程度なら投げられるケースもある。大谷の決断はいかに。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  4. 4

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  5. 5

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  9. 9

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る