2度目の週間MVPで監督太鼓判も…大谷「新人王」に5つの壁

公開日:

「7球団にすら入らなかったヤンキースはもちろん、面談をしながら蹴飛ばされたドジャースやマリナーズなどは、本拠地に大谷を迎えるとスタンドのファンは激しいブーイングを浴びせる。中でもヤンキースをはじめとする東海岸のチームはファンもメディアも、大谷に対していい感情はもっていない。生存競争の激しい東海岸で勝負する度胸のないチキン野郎と言っている。そんな思いが記者投票に影響しないとも限らない」

 記者投票のシステムの問題もある。新人王の記者投票は3人連記で行われる。15球団の担当記者30人(1都市2人)が1位から3位までの名前を記入、1位5点、2位3点、3位1点で、その合計点を争う。ヤンキースに候補者が2人いても票は割れるどころか、東海岸の記者は大谷を避けてヤンキース勢を1、2位にする可能性も出てくるのだ。

 大谷が新人王を獲得しようと思ったら、残り試合でとにかく打ちまくる以外にない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  9. 9

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

  10. 10

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

もっと見る