• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

2度目の週間MVPで監督太鼓判も…大谷「新人王」に5つの壁

「7球団にすら入らなかったヤンキースはもちろん、面談をしながら蹴飛ばされたドジャースやマリナーズなどは、本拠地に大谷を迎えるとスタンドのファンは激しいブーイングを浴びせる。中でもヤンキースをはじめとする東海岸のチームはファンもメディアも、大谷に対していい感情はもっていない。生存競争の激しい東海岸で勝負する度胸のないチキン野郎と言っている。そんな思いが記者投票に影響しないとも限らない」

 記者投票のシステムの問題もある。新人王の記者投票は3人連記で行われる。15球団の担当記者30人(1都市2人)が1位から3位までの名前を記入、1位5点、2位3点、3位1点で、その合計点を争う。ヤンキースに候補者が2人いても票は割れるどころか、東海岸の記者は大谷を避けてヤンキース勢を1、2位にする可能性も出てくるのだ。

 大谷が新人王を獲得しようと思ったら、残り試合でとにかく打ちまくる以外にない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  3. 3

    右肘手術をさせたいエ軍と避けたい大谷翔平…暗闘の全内幕

  4. 4

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  5. 5

    「9.16」引退宣言 安室奈美恵がこの1年で稼いだ驚きの金額

  6. 6

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  7. 7

    今季ワースト4日間7097人 男子ツアーの閑古鳥は誰の責任か

  8. 8

    降って湧いた放映権問題で…LPGAと大会主催者の対立が激化

  9. 9

    iPhone入手困難に? 米との貿易戦争激化で中国に“奥の手”

  10. 10

    大谷“19勝&350打席”監督予言 2年後には年俸総額150億円も

もっと見る