金本監督“解任” お家騒動で繰り返される阪神の悪しき伝統

公開日: 更新日:

「阪神の上層部は球団運営に心血を注いで本気で改革に取り組んでもらいたい。監督問題の報道を見ていて、藤原新オーナーのひとことが気になった。監督の理想像について、『一番はファンが喜んでいただける。そういう形にしたい』と。もちろん、ファンが喜ぶということは勝つことではあるが、あえて言えば監督任せにも聞こえる。どうやって勝つのか、オーナーにはビジョンを示してもらいたい。それをもとにオーナーと球団社長は何をすべきかを考え、現場と強力なタッグを組むべきです。今までのようにのんびりやってたら、トンネルの出口は見えません」

 フロントの頭が変わらなければ、誰が監督になっても同じ。来季も阪神が浮上することはない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「ドトールのコーヒーはスタバよりも安い」は本当か?

  2. 2

    “バブリーダンス”伊原六花 「なつぞら」東京編の起爆剤に

  3. 3

    所属議員も鼻白む 自民党“ネトウヨ冊子”配布で参院選対策

  4. 4

    「嫌いな女」10位に広瀬すず “炎上発言”とゴリ押しアダか

  5. 5

    大戦中に恋に落ちて…元米軍兵士と仏女性が75年ぶりに再会

  6. 6

    フジ月9出演も決定 「なつぞら」母親対決は山口智子に軍配

  7. 7

    向こう見ずな首相のイラン訪問 取り返しのつかない大失敗

  8. 8

    レアル入りタイミング最悪…久保建英が南米DF陣に狙われる

  9. 9

    全米爆笑!バスに乗り遅れ学校サボった男の子の“弁明書”

  10. 10

    「チルドレン」存在と不祥事のデパート化の因縁

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る