メジャー挑戦決定 菊池雄星“10球団55億円”争奪戦の内幕

公開日: 更新日:

「レンジャーズやマリナーズなどエース不在の球団はもちろん、ヤンキース、レッドソックス、ドジャース、カブスなどの金満球団も手を挙げるかもしれません。例えばヤンキースなどは投手力があっても、FAを取得したサバシアは38歳と明らかに陰りが見えます。サバシアと年俸2億~3億円で再契約し、菊池は次の世代のエース格という位置付けで、サバシアの3倍の資金を投入することも十分、考えられますからね。さらに資金面で手が届かない、獲得できないと分かっていながら形だけ獲得に乗りだす球団も中にはある。メディアに球団の名前が露出することで地元ファンには本気でチームを強くする気がある、日本でメジャー志向の強い選手には日本人選手の獲得に意欲があるとアピールすることができますから。本気で狙っている球団に加え、とりあえず獲得に名乗りを上げる球団も含めれば、だいたい10球団程度が手を挙げるのではないでしょうか」(鈴村氏)

 入札制度の申請期間は11月1日から12月5日まで。選手とMLB球団との交渉期間は30日間。メジャー球団による菊池争奪戦がいよいよスタートする――。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沢尻エリカ復調の兆し 再結成「沢尻会」の意外な顔ぶれ

  2. 2

    いまさら聞けない年金受給 59歳から始める満額もらう準備

  3. 3

    巨人菅野の深刻一発病なぜ? 本人や相手打者ら8人に総直撃

  4. 4

    芸能界ファミリー新派閥「瑛太会」を悩ます“ボス”の酒癖

  5. 5

    評価は急落…大船渡・佐々木“一球も投げず初戦敗退”の波紋

  6. 6

    巨人・上原監督の可能性は?“生え抜きエース”の条件クリア

  7. 7

    今オフにもポスティング 広島・菊池涼介メジャーでの値段

  8. 8

    安倍政権が労働者イジメ 経営者が首切り自由の“改悪制度”

  9. 9

    令和初の国賓も…日米首脳会談「共同声明」見送りの“真相”

  10. 10

    無名俳優と電撃格差婚で 川栄李奈にのしかかる“ミルク代”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る