中日ドラ1根尾昂が明かす“野球以外”「本は月に13、14冊」

公開日: 更新日:

「親に勉強しろと言われたことはない」

 読書家で有名。父の浩さんから毎月20冊の本が野球部の寮に送られてくるという。野球などのスポーツ雑誌から小説、哲学的な本などジャンルは多岐にわたる。

「本は好きですね。最近読んだ好きな本? まだ読み切れていなくて思いつきませんが、マスコミに紹介されている『思考の整理学』や『論語と算盤』は好きです。別に難しくないですよ。ジャンルは野球に限りません。その時によって読める時とそうじゃない時がありますが、月に13、14冊は読んでいます。主に授業の合間に読みます。眠くなかったら(試合に向かうバスなど)移動の時間に読むこともあります」

 知的好奇心が旺盛で知識欲が豊富なのは両親の影響なのだろう。中学時代はオール5の成績。幼少期から猛勉強をしてきたのか。

「親というより一番は西谷(浩一)先生(大阪桐蔭野球部監督)じゃないですかね。ずっと『勉強も大事』って言われていたので。大阪桐蔭に来るとなると、みんな野球一本に絞っちゃうんです。自分もやっぱり野球を極めるために野球を第一に高校に入ったんですけど、やっぱり勉強も大事なんだと。西谷先生には『日々勉強』と言われていて、その影響を強く受けています。大阪桐蔭は朝から晩まで野球ばかりやっている印象? そう言われますけど、実は結構『勉強、勉強』って言われます。それと親は、これまで見守ってくれたというか、『勉強しろ』と言われたことはありません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  2. 2

    舘ひろし氏「太平洋戦争はエリートが犯した失敗の宝庫」

  3. 3

    前田敦子「同窓会呼ばれず」で露呈 元AKB新旧エースの明暗

  4. 4

    アベ“断韓”外交で早くも始まった経済損失に日本企業が悲鳴

  5. 5

    さんまもサジ投げた?宮迫博之“なんちゃって懺悔録”の軽薄

  6. 6

    渋野マネジメント会社決定で気になる大型契約と来季主戦場

  7. 7

    新契約と副収入で稼ぎ破格 渋野日向子メジャー制覇の値段

  8. 8

    香取慎吾の出演を認めさせた 萩本欽一&ジャニー社長の絆

  9. 9

    2回戦154km星稜・奥川に虎熱視線…懸念される“藤浪の悪夢”

  10. 10

    靖国参拝で改めて認識 進次郎氏の軽薄さとメディアの劣化

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る