この夏は“凶作”も…星稜・奥川と津田学園・前の評価急上昇

公開日: 更新日:

■足と肩が平凡

 しかし、奥川と前以外の評価となると芳しくない。

「奥川の女房役の山瀬慎之助(星稜)は強肩強打の上位指名候補という触れ込みだったけど、打つ方がセンバツ時より悪くなっている。同じく捕手の智弁和歌山の東妻純平と中京学院大中京の藤田健斗、遊撃では八戸学院光星の武岡龍世と花咲徳栄の韮沢雄也らもチェックすべき野手。けれども、まとまってはいるが、足や肩で目を見張るようなものがなかった。投手で霞ケ浦の鈴木寛人、花巻東の西舘勇陽、筑陽学園の西舘昂汰、智弁和歌山の池田陽佑らも含めてドラフトされるとしても5位以下の下位指名でしょう」

 とは冒頭の在京球団スカウト。「リストに載った選手は他に何人かいるけど、大学に進学するのも何人かいると聞いています。大学で芽が出るようならそれから指名しても遅くないし、進学をわざわざひっくり返してまでプロに引っ張りたいような選手はほとんどいない」と言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  2. 2

    れいわ山本太郎代表に飛び交う「10.27参院補選」出馬説

  3. 3

    渋野日向子フィーバーが覆い隠す女子プロ協会のゴタゴタ

  4. 4

    吉本批判でも24時間ランナー 近藤春菜にあがる“怨嗟の声”

  5. 5

    相場低迷でウマ味 三菱UFJの配当金は普通預金利息の5000倍

  6. 6

    細野豪志に5000万円貸し付け「JCサービス」を特捜部が捜査

  7. 7

    新契約と副収入で稼ぎ破格 渋野日向子メジャー制覇の値段

  8. 8

    ロンブー淳が明かす「山本太郎に口説かれたこともある」

  9. 9

    マツコvsN国立花 脅迫か?ストーカーか?論争か?の先に

  10. 10

    滝クリに“日本のヒラリー”の異名 急浮上する政界進出説

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る