史上最弱に成り下がったサッカー五輪代表の「構造的欠陥」

公開日: 更新日:

中途半端なチーム作り

 初戦、2戦目とも日本が主導権を握っている時間帯は多かった。シリア戦のボール支配率は日本の63%。シュート数は日本の22本に対してシリアは8本にとどまった。しかし、日本は大事な局面でミスを連発。試合運びの拙さが致命傷となった。

 サウジ戦は1―1から後半43分、DFの凡ミスから献上したPKを決められた。シリア戦では試合開始9分でPKを与えて0―1とされた。

「森保監督は、なかなかチームの骨子を固めることができず、そのことが五輪代表の完成度の低さにつながった」と前出の六川氏がこう続ける。

「五輪代表にはA代表と違って代表試合出場強制招集ルールがなく、スペインの18歳FW久保らが呼べず、もともとベストメンバーが組めないハンデを森保監督は背負っていた。それでもたとえば国内組を中心に<ベストメンバーを形成する>ことでチームに競争原理を導入することはできたと思います。レギュラー組にサブ組が『ストロングポイントを磨いて試合で結果を残し、森保監督にアピールする』という明確な目標を持つことができるからです。<中途半端な五輪代表チーム作りしかできなかった>状況に置かれたことが、タイでの惨敗劇を招いたと言えるでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「桜」名簿問題の責任転嫁に暗躍 菅長官の“懐刀”の名前

  2. 2

    米倉涼子「ドクターX」打ち切り説 医療モノ“本家”に何が

  3. 3

    白鵬が突然の方針転換…「年内引退」発言にダメ押したモノ

  4. 4

    テレ朝を救う? キムタク「BG」がドル箱「相棒」になる日

  5. 5

    セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い

  6. 6

    嵐・櫻井の婚前旅行の報道にファンの反応が冷ややかなワケ

  7. 7

    超高速Vでも…青学・原監督「箱根駅伝お先真っ暗」の理由

  8. 8

    白鵬の言動「恥ずべきこと」と八角理事長 広報部長も喝!

  9. 9

    祖母が64年前に着たドレスで…花嫁が「そっくり」と話題に

  10. 10

    「麒麟がくる」大コケ予想で三谷幸喜にすがるNHKの哀れ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る