貴景勝が屈した「綱とり」という魔物…5日目ようやく初日

公開日: 更新日:

 押し相撲は安定感に欠け、連勝連敗を交互に繰り返すツラ相撲になりがち。貴景勝は切り替えの早さで、自身の相撲の欠点をカバーしていた。

「そんな貴景勝でも『綱とり』にのみ込まれた。綱とり初挑戦で、そのまま昇進した横綱の方が少ない。最近だと、朝青龍とか鶴竜くらいだろう。貴乃花も2年間、高い壁にはね返され続け、白鵬ですら2度目の挑戦でなんとか昇進した。綱とりはやはり特別。初日の敗戦で狂った歯車をなかなか修正できなかったのはその重圧だろう。あの1敗で『もう負けられない』となり、気持ちばかり先行して相撲が雑になっていた。3日目の北勝富士戦では相手との距離が空いたところで、普段なら突き落としにいくはずが、カッとなったのか張り手を繰り出して墓穴を掘ってしまった」(前出の親方)

 この日は21歳の新鋭・琴勝峰を押し切れなかったものの、うまく突き落として初日を出した。次回の綱とりへの糧になったと開き直るしかない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小池知事よこしまな思惑 宣言“期間設定”背景にバッハ会長

  2. 2

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  3. 3

    ローン3億6千万円…海老蔵は麻央さんと思い出の豪邸売却へ

  4. 4

    ファイザーと合意書を交わしたわけではない?子供の使い?

  5. 5

    変異株の学校クラスター 豊中の小学校“陽性率1.5%”の衝撃

  6. 6

    吉村氏言い訳に躍起 2月変異株確認も早期宣言解除を正当化

  7. 7

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  8. 8

    宮迫への共演NG宣告は二重バッテン 吉本が本気の封じ込め

  9. 9

    聖火リレーで初の感染例 警官は組織委の刑事罰を問えるか

  10. 10

    「バッハさん東京に来ないで!」小池知事が白旗を上げる日

もっと見る