大麻逮捕の“腰パン”国母容疑者 年収1億円からの転落人生

公開日: 更新日:

年収1億円も…

「五輪後はカリフォルニアに移住し、USオープンで日本人初の勝利を飾るなど、10、11年と2連覇を果たした。14年のソチ五輪ではハーフパイプのテクニカルコーチに就任。後輩たちからは『ボス』と慕われ、指導者として平野歩夢の銀メダル、平岡卓の銅メダル獲得に貢献した。その後、北海道で奥さんと子供2人の4人で暮らし、雪山を滑り降りながら、その様子を撮影する映像制作の仕事をしていた。アディダスやオークリーなど、10社ほどのスポンサーと契約を結び、17年に出演したテレビ番組で『(年収は)1億円はいかないほど』と言っていました。最近は家族や友人と一緒にいる時間が増えたようで、旅行に行ったり、自由気ままに生活していたそうですが……」(メディア関係者)

 逮捕の一報を受け、ネット上では再び当時の発言が話題となっているが、大麻密輸については「何も驚かない」といった反応がほとんど。いくら能力や人気、指導実績があるとはいえ、イメージ重視のスポンサー離れは必至。「反省してま~す」と後悔しても後の祭りだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    神田沙也加は不倫離婚か “格下”ばかりと熱愛する深層心理

  2. 2

    エ軍大谷が2回目の契約更改へ 投手全休で来季年俸いくら?

  3. 3

    安倍政権に国家賠償も…「桜」がジャパンライフ被害を加速

  4. 4

    高畑充希&坂口健太郎“いつ恋婚”のタイミング 強行突破も

  5. 5

    二宮和也は2021年6月に“海外挙式”へ 気になる場所と招待客

  6. 6

    大谷、菅野…更改で気になる高給取り5選手のカネの使い道

  7. 7

    「桜」会見支離滅裂釈明 菅長官辞任なら安倍政権どうなる

  8. 8

    殺し合いで圧倒した側の論理が筋になるのがヤクザの喧嘩

  9. 9

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  10. 10

    高畑充希「同期のサクラ」視聴率“右肩上がり”に3つの要素

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る