日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「宮本慎也 守備」に関する記事

互いを認め合う仲だという宮本氏(左)原監督

去就注目の原監督に仰天人事プラン 続投なら宮本慎也氏招聘

優勝目前のヤクルトで長くチームリーダーを務めた宮本慎也氏(44)だ。 「仮に原監督が続投となった場合、来季のヘッドコーチに宮本を招聘するという話がチーム内を駆け巡っているのです。ヤクルト一筋の宮本と原監督には直接的な接点はありませんが、実は宮本の現役時代から2人は親しい間柄。11年オフの自主トレで坂本が当時はまだヤクルトの主力だった宮本に弟子入りしたのも、原監督が頼…

真中コーチもホッ/(C)日刊ゲンダイ

開幕戦でいきなり本命候補 ドラ2西浦「ポスト宮本」の期待

(昨年限りで引退した)宮本慎也がまさにそうだった。彼のようになって欲しいと期待しているんです」 ここ数年、浮かんでは消えた「ポスト宮本」。開幕戦でいきなり本命候補が現れた。…

球界の重鎮として知られる/(C)日刊ゲンダイ

広岡達朗氏が痛烈批判 首位独走巨人に「優勝の資格なし」

坂本勇人がヤクルトの宮本慎也(引退)に守備を教わったり、中日から井端弘和が移籍してきて「教わりたい」と言ったりしているけど、時代は変わったと思う。僕は現役時代、一塁の川上哲治さんから「オレは守備が下手だから、捕れる範囲のボール以外は捕らん」と言われた。別所毅彦さんからは「あんな下手なショート代えてくれ」と言われて、絶対にうまくなってやると思ったもんです。 コーチも…

None

阪神・鳥谷 三塁なら40歳までタテジマいけるで!

かつて、遊撃から三塁へコンバートして成功した選手といえば、ヤクルトの宮本慎也がいた。遊撃では、97年と99年から03年までゴールデングラブ賞を獲得。08年のシーズン途中に37歳で三塁へ移ると、その後は同賞を4度取り、42歳まで現役を続けることができた。 遊撃は守備範囲が広く、併殺や外野の中継プレー、ベースカバーなど、35歳過ぎの選手にはきついポジションだ。その点三…

指導経験は豊富

本命逃した西武の消極人事 辻発彦氏に監督要請の紆余曲折

秋山さんはそうした気配を察知したようで、西武の監督要請を断ったそうです」 次に西武はヤクルトOBの宮本慎也氏(45)招聘に動いた。音頭を取っていたのは、同じプリンスホテル野球部出身の居郷球団社長だ。 「渡辺SDは難色を示したが、自らも秋山さんを説得できなかっただけに強く言えなかったようです。しかし、現場の反対も大きく、マスコミに宮本招聘をすっぱ抜かれ、ご破算になった…

None

DeNA中畑監督 10年越しの「井端愛」は実るのか?

「アイツは宮本慎也の次に、日本のキャプテンになるよ」 中日を退団した井端弘和(38)について、力強く話していた人がいる。DeNAの中畑清監督(59)だ。 中畑監督は04年アテネ五輪でヘッドコーチや監督代行を務めた。長嶋監督が脳梗塞で倒れる前、札幌で行われた03年アジア予選で、井端は日の丸チームの一員としてプレーした。 「その井端を中畑監督が大変気に入っていた。『リー…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事