日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「松島みどり 大臣」に関する記事

質問に立った民主党 柚木道義議員(左)

決定的証拠も飛び出し…松島法相「公選法違反」で辞任秒読み

松島みどり法相(58)が連日、火ダルマになっている。15日の衆院法務委では、民主党議員から「公選法違反」の決定的な証拠を突きつけられ答弁に窮している。 自分の名前、似顔絵、肩書の入った「うちわ」を選挙区の盆踊り会場で配ったことが“公選法違反”にあたると追及されている松島大臣。 しかし、落選中の浪人時代は、同じように「うちわ」を作って配ってはいたが、名前も似顔絵もない…

なぜかヤフオクで人気

松島前大臣はヤフオクで1万円超「政治家うちわ」誰が買う?

うちわに端を発した数々の問題で辞任に追い込まれた松島みどり前法相。当初は「討議資料」と説明したものの、うちわであることを否定するのは観念したようで、途中から「うちわはイベントで配られ、そのまま捨てられる類いのもの」「財産上の価値はない」と強調していた。 もっとも、このうちわ、ネットでは財産上の価値がついている。オークションサイトでは、松島前大臣のうちわが多数出品され…

(C)日刊ゲンダイ

日本経済一歩先の真相

「国民の声」を「雑音」と見下す安倍自民

松島みどり法務大臣が野党の追及を「雑音」と表現し、のちに陳謝した。松島大臣は、祭りで配った「うちわ」に選挙違反の疑いが持たれている。加えて、議員宿舎の入居に関する問題も浮上した。野党が取り上げるのは当然だが、彼女は、国会での指摘や批判を真面目に受け止めていないらしい。 広辞苑によると雑音とは、「さわがしい音。不快な感じを起こさせる音」だそうだ。松島大臣にとって、野党…

いつも赤、赤…/(C)日刊ゲンダイ

安倍内閣 お友だち・お飾り大臣を裸にする

アダ名は「消防車」 松島みどり法務相は元東大チアリーダー

松島みどり法務相(58=東京14区、当選4回) 〈子どもに対する性犯罪を犯すのは比較的気がいい人が多く、優等生で、早いこと(刑務所から)出たりする〉〈小学生の女の子たちの水着姿か何かを見せて、変な反応を示さないかといううそ発見器で点検してから出す〉 松島みどり法務大臣(58)は05年の衆院法務委で、そんな内容の発言をしている。 法相就任会見で、「刑法の中で物を取…

西川農相、望月環境相、上川法相、松島元法相/(C)日刊ゲンダイ

年内解散に現実味 落選確実視される嫌われ3閣僚+前大臣

「法務大臣を辞めた松島みどり氏(東京14区)も当選困難です。同じ選挙区で過去2度も落選を経験。野党一本化以前に、うちわ問題で露呈した“上から目線”が下町の有権者に疎まれています」(浅川氏) ほかにも09年には公明の太田国交相が落選。甘利、高市、山口の3大臣は選挙区で敗れ、比例復活に救われたクチだ。はたして野党はメンツを捨てて一本化を図れるのか。本気度が問われる。…

なぜ逃げる/(C)日刊ゲンダイ

塩崎厚労相にも浮上 小渕氏に酷似した「公選法違反」の疑い

松島みどり法相(58)が辞任に追い込まれた「うちわ」同様、「カレンダー」配布もアウトだ。 塩崎大臣の政治団体「塩崎恭久後援会」の収支報告書を見ると、「カレンダー印刷代」として、10年2月に30万4500円、11年1、12月に計28万7700円を支出。支払先はいずれも地元・松山市の印刷会社だ。11年1、2月は「カレンダーデザイン・写真撮影代」で21万円を計上している。…

第2次安倍改造内閣と自民党役員の面々/(C)日刊ゲンダイ

「お友達内閣」先鋭化 安倍改造内閣党三役の惨憺たる顔ぶれ

中韓をますます挑発することになるのは間違いないし、彼女たちは安倍首相を喜ばせるためなら、何でもするでしょう」(政治評論家・森田実氏) 松島みどり氏(58)と有村治子氏(43)にしても、安倍シンパの“操り人形”だ。女性の積極活用の数合わせで起用された。小泉内閣と同数の「女性大臣5人」を華々しくPRしたいだけである。 「8年前の第1次安倍内閣であれだけ批判されたにもかか…

19日、安倍首相(右)と福島を訪問した高木復興相

“下着ドロ”は否定も…高木復興相に迫る更迭の「Xデー」

ちょうど1年前、内閣改造した時も、小渕優子元経産相、松島みどり元法相、西川公也元農水相の3人が辞任に追い込まれ、さらに上川法相、塩崎厚労相、宮沢経産相、望月環境相……と、“政治とカネ”の疑惑が連鎖した。あの時を教訓にして、メディアの関心が閣僚のスキャンダルに向く前に、下着ドロボーとは無関係に高木大臣を更迭するつもりのようです」(政界関係者) しかし、そうしたミエミエ…

いよいよ更迭秒読み/(C)日刊ゲンダイ

ついに刑事告発…松島「法相」が捜査される異常事態の行方

民主党は17日、松島みどり法相(58)の「うちわ配布問題」に関し、公職選挙法違反(寄付違反)だとして、東京地検に告発。民主党の階猛衆院議員が国会内で会見を開いた。 階議員は「極めて悪質で法相の資質を欠く。辞任を求めたい」「松島氏はうちわを『討議資料』だと強弁して配っている。恣意的な法解釈で、迅速な捜査を期待している」と語気を強めた。告発状が受理されれば、地検が法相…

ケータイ、大アクビ、読書…

酷すぎる! 審議中に“醜態”晒した松島元大臣に大ブーイング

委員のひとり、松島みどり元法相の“醜態”をとらえたネット中継が、動画投稿サイトなどを通じて拡散。SNSでは「態度酷すぎ」「こんな人が国会議員っておかしい」「つまみ出せよ!」「民間企業の会議ならクビ」と非難囂々である。 改めて、この日の中継を検証すると、委員会は午前8時半スタート。松島氏が座ったのは、答弁に立つたびカメラに映る岸田外相の真横の席だ。髪はボサボサで、明…

小渕優子、松島みどり、塩崎恭久、望月義夫、西川公也、江渡聡徳各氏/(C)日刊ゲンダイ

小渕優子、松島みどり…自民党“疑惑議員”が全員当選の異常

立候補すれば全員当選なんて、まるで北朝鮮の選挙です」(政界関係者) 解散の発端になったのは、小渕優子前経産相と松島みどり前法相の“ダブル辞任”だった。看板だった女性大臣が疑惑にまみれ、安倍内閣の支持率も急落したが、ふたを開けてみれば、2人とも当選圏内である。とくに小渕優子氏は、過去最高の票を獲得しそうだ。 「これまで小渕優子議員は、同僚の応援を優先し、自分の選挙区に…

経産省で辞任会見/(C)日刊ゲンダイ

小渕&松島大臣が辞任 「知らないこと多い」棒読み会見のア然

うちわ配布問題で追及されている松島みどり法相も「国会審議への影響を避けたい」と20日午後、安倍首相に辞表を提出。臨時代理には山谷えり子国家公安委員長が指名された。 小渕大臣は9時40分から経産省で記者会見をし、「政策の停滞は許されない。大臣としての職を辞す」と辞任を表明した。ただ、議員辞職は否定した。 「大変お騒がせしていることに対し、迷惑をかけているすべての皆さ…

反省ゼロの松島氏/(C)日刊ゲンダイ

小渕優子&松島みどり氏に「ハレンチ」「反省見えない」の声

醜聞炸裂で大臣を辞任したクセに、“みそぎ”とばかりに選挙に出てきて、再び国会に出戻ってくる小渕優子と松島みどりの両氏。ともに何もなかったような涼しい顔で万歳三唱していたがチョット待て。この2人は議員の資格ナシである。 小渕氏は政治資金規正法違反、公選法違反、旅行業法違反容疑のトリプル疑惑で、松島氏は公選法違反容疑で、それぞれ刑事告発されている。特に小渕氏については今…

小池百合子氏と野田聖子氏/(C)日刊ゲンダイ

閣僚W辞任で官邸大混乱 後任に“反安倍”女性議員が浮上

「うちわ」問題で刑事告発された松島みどり法相(58)に続き、刑事事件に発展する可能性が出てきた。 安倍首相は後任人事に着手し始めたが、官邸サイドは頭を抱えている。 後任選びが難航している理由は、安倍首相が政権浮揚のために「女性の起用」を前面に押し出していたためだ。9月の内閣改造では、50人以上いる「大臣待機組」の反発を“無視”して女性閣僚の「数」にこだわった。アッサ…

似顔絵うちわと無料招待券/(C)日刊ゲンダイ

うちわに公示前パーティー接待…左藤防衛副大臣も疑惑浮上

「うちわ」を作っていたのは松島みどり法相(58)だけじゃなかった。 左藤章防衛副大臣(63)の「うちわ」が、選挙区のある地元大阪で騒ぎになっている。17日の安全保障委員会で維新の党の足立康史議員が追及した。 “問題”のうちわは、「左藤章後援会」名義で作成されていた。ごく一般的なうちわの形・サイズで左藤本人の大阪事務所の電話番号、メールアドレスなどが明記されているほか…

不眠症という便利な病気で国会欠席

巻頭特集

甘利疑惑 このタイミングの強制捜査をどう見るべきか

選挙区でうちわを配り、公職選挙法違反が疑われた松島みどり元法相も辞任後、選挙を経て戻ってきたし、違法献金など疑惑噴出で辞任した西川公也元農相に至っては、この後半国会の最重要テーマであるTPPで特別委員長の要職に就き、完全復権だ。TPP交渉をめぐり自分の手柄を自慢する本の出版まで計画していた。 ■議員を続ける気だけはマンマン だから甘利も捜査が自分に及ぶことはないと検…

/(C)日刊ゲンダイ

“赤いステルス”で勝利も…松島みどり氏に「胡蝶蘭疑惑」

当確は深夜まで決まらない可能性/(C)日刊ゲンダイ

「落選危機」が伝えられた大物候補16人の最終当落予想

ただし、西川公也農相と松島みどり前法相は最後までもつれそう。 「松島さんは若干ですが優勢です。彼女の選挙区は東京でも下町。もともと自公が強い。松島さん本人の評判はイマイチですが、来春の統一地方選もあるし、自公が組織力で勝ちに行っている」(自民党関係者) 民主は終盤になって盛り返してきた。特に海江田・枝野の2トップは苦しい中でも追い上げに勢いがある。この2人と戦う自民…

選挙区内の祭りで配りまくった/(C)日刊ゲンダイ

“疑惑うちわ”ヤフオクで高値 松島法相「公選法」でクビ必至

選挙区の祭りで、自分の顔のイラストが入ったうちわを配った松島みどり法相がいよいよ、追い詰められてきた。公職選挙法は選挙区内で候補者が有権者に対し「物品(有価物)の寄付」をすることを禁じている。松島は国会答弁で「有価物ではなく法律の内容などを記した印刷物」で逃げ切ろうとしたが、このうちわがヤフオクで2000円以上の高値を付けているのである。しかも、松島が配っていた「物…

笑顔もこわばっていた/(C)日刊ゲンダイ

松島法相もピリピリ…外国人記者クラブは「女性閣僚の鬼門」

松島みどり法相(58)が26日、東京・有楽町の外国特派員協会に招かれ、講演した。 外国人記者が松島法相に興味を持ったのはもちろん、その保守的な言動が奇っ怪に映っているからだろう。先日は山谷えり子国家公安委員長が呼ばれている。安倍改造内閣の“目玉”の女性たちは共通して、海外メディアからフシギな目で見られている。 松島大臣の場合は、死刑制度肯定と性犯罪者には人権がないか…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事