日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

小倉清一郎に関する記事

1944年6月16日、神奈川県生まれ。横浜―東農大を経て三菱自動車川崎―河合楽器で捕手として活躍。現役引退後、東海大一(現東海大翔洋)―横浜―横浜商―横浜で監督、部長を歴任。松坂、成瀬、涌井、筒香ら多くのプロ野球選手を育てた。98年の春夏連覇を含め、3度の甲子園優勝。渡辺前監督を支える名伯楽として主に技術面を指導した。対戦校の投手陣や打線の戦術分析に定評があり、名参謀と呼ばれた。14年夏限りで横浜のコーチを退任。現在は札幌第一や北大津など全国の各校で臨時コーチを務める。
高校生は真似するべからず/(C)日刊ゲンダイ

巨人・坂本の打法 「真似るのはやめるべき」と小倉清一郎氏

【連載】 元横浜高校野球部部長・小倉清一郎「新・鬼の遺言」 9月に北大津と弘前学院聖愛に臨時コーチとして招かれ、実戦で役立つプレーを教えた。両校は滋賀2位、青森2位で来春のセンバツへとつながる近畿大会、東北大会に出場する。私も携わった甲斐があるというものだ。勝負はこれから。ぜひ甲子園に出場して欲しい。2校とも質問が多く、意識が高いと感じた。半面、気になることもあった…

東大では「チームプレー」担当/(C)日刊ゲンダイ

松坂大輔育ての親 横浜高・小倉清一郎氏が東大コーチに転身

日刊ゲンダイ本紙の週末版「続・鬼の遺言」コラムでおなじみ、横浜高校野球部の小倉清一郎コーチ(69)が今夏限りで退任することになった。横浜は春夏通じて全国制覇5度の高校野球の名門校。6月で70歳になることから、8月31日限りで退任となる辞令を先月、同校から交付されていた。 今後は全国を巡回し、アマチュア野球の指導に携わりたい意向がある。かつてプロ野球の球団から誘われた…

広島・黒田には“引退覚悟”の強み

新・鬼の遺言

似ているようで正反対 メジャー帰り黒田と松坂の「光」と「影」

【連載コラム 小倉清一郎「新・鬼の遺言」】 ソフトバンクの松坂大輔と広島の黒田博樹。この2人が宮崎と沖縄のプロ野球キャンプを沸かせた主役だろう。 同じように「メジャー帰り」の2人だが、実は対照的だ。投球フォームに悩んでいる松坂に対し、黒田の方は実にスムーズ。表向きは「自信がない」と話しているが、本当のところは自信があるのではないか。 昨年まで5年連続で2ケタ勝利を続…

“同志”の渡辺監督と/(C)日刊ゲンダイ

甲子園62勝の小倉清一郎コーチ激白「さらば横浜高校」

None

続・鬼の遺言

腹立たしい そして、虚しい

小倉清一郎 横浜高校野球部コーチ】…

進化する清宮

引っ張り専門から進化 早実・清宮「左翼へ78号」の価値

DeNAの筒香と比較されることが多い左の大砲ながら、元横浜高の小倉清一郎氏は日刊ゲンダイで連載中のコラムの中で「教え子の筒香は、タイミングの取り方が悪かったことや、故障していた時期があり、通算69本塁打にとどまったが、広角に大きい当たりが打てた。清宮は引っ張り専門なのが気になる。これから清宮はさらに勝負を避けられる場面が増えてくる。仮に勝負でも外角一辺倒になる。外…

2年続けてドミニカで武者修行

プロ野球タイトルホルダーの本性

CS目指し病院での検査拒否…DeNA筒香はラテン系タフガイ

「高校野球の指導者歴は40年以上になりますが、あんなに律義な親御さんはいないんじゃないかと思いますね」 筒香が横浜高時代に野球部部長を務めていた小倉清一郎氏がこう言った。 「筒香はプロに入って7年目になりますが、実家のある和歌山で親族の方が農業をされていて、今でもお父さんがいろいろな物を送ってくれます。米をはじめとして、桃、洋梨、かぼちゃなどですね。盆、暮れだけじゃ…

3塁への悪送球の間に本塁を狙うがタッチアウト

明徳義塾戦で6連打 嘉手納の“集中打”は甲子園だからこそ

それがかえって良かったのかもしれません」 横浜(神奈川)で長年部長を務めた小倉清一郎氏が、臨時コーチとして練習や戦術面でサポート。3回戦敗退も、甲子園にクッキリと足跡を残した。…

西東京大会準々決勝で敗れた早実・清宮は新チームで始動

2016高校野球 ここだけのマル得情報

甲子園常連バタバタ敗退 勝ち抜く“地域と学校”を識者解説

好選手が私学へ行かずに公立校に流れたり、分散する傾向があるため、番狂わせが起きやすくなっているのです」 横浜高の元野球部部長で、臨時コーチとして北は北海道から南は沖縄まで、全国の高校を指導する小倉清一郎氏は、高校野球の勢力図をこう分析する。 「地域のレベルで言えば、関東と近畿が高い。関東は6年連続の作新学院(栃木)、春夏連続の常総学院(茨城)と木更津総合(千葉)など…

サヨナラ弾でチーム迎えられる

3戦連続マルチHR ベイ筒香に“打撃専念”一塁コンバート案

過去に何人もの教え子をプロ球界に輩出した横浜高元野球部長の小倉清一郎氏によれば、DeNAの筒香嘉智(24)には三冠王を取れる可能性があるという。日本人選手では過去に5人しか成し得ていない快挙を達成するだけのポテンシャルが筒香にはあるということだ。その潜在能力がいよいよ開花しつつある。 22日の対巨人戦。同点の延長十二回1死から右翼席へ28号サヨナラ本塁打を放り込んだ…

忠岡ボーイズの門田義人監督(左)と忠岡ボーイズに置かれている前田の写真

「マエケン物語」 両親が明かすルーツ

PL、横浜、青森山田…全国30校による大争奪戦

当時、横浜の野球部長だった小倉清一郎は言う。 「正直、ここまでの投手になるとは思いませんでしたが、身長が伸びるのが早かったのか、中学生の時は大きく感じた。直球はあまり速くなかったが、カーブが良かった。中学2年の早い段階でボーイズの関係者に確認すると『PLに決まっている』と言うので、諦めざるを得ませんでした」 ■甲子園かプロか 忠岡ボーイズの当時の監督・阪川英次の頭の…

バックスクリーン弾で度肝を抜いた横浜の万波

2016高校野球 ここだけのマル得情報

甲子園地区予選を席巻 “ハーフ球児”スカウティングの裏側

横浜の元野球部部長で、現在は臨時コーチとして北海道から沖縄まで全国を回る小倉清一郎氏がこう指摘する。 「最近は全国的にハーフ選手が増えた印象はありますね。万波もそうですが、やはりパワーが違います。筋肉の質が違うんです。中学生をスカウトしに行って実力を比較したら、どうしたってハーフ選手の方が有利。身体能力が高いですから。複雑な家庭が多いため、ハングリー精神も旺盛。『…

身体能力はすでに突出している

ベール脱いだハーフ1年 横浜・万波に“オコエ超え”の評価

横浜の元野球部長、小倉清一郎氏がこう言う。 「なんといってもパンチ力がある。中学時代のオコエを知っていますが、現段階では万波の方がいい。話題の早実・清宮(2年で高校通算53本)に負けず劣らず本塁打を量産すると思いますよ」 突出した身体能力が武器。中学では陸上部に所属し、1年時に100メートルハードルで都大会2位。3年時は砲丸投げで都大会優勝を果たし、全国大会に出場し…

問題児だった涌井が恋人一筋に…

押切もえと交際で“夜遊び卒業” ロッテ涌井が輝き取り戻す

涌井の恩師である元横浜高校野球部部長の小倉清一郎氏も、本紙の連載で「結婚を前提に真剣交際しているようだ」と書いている。 遊び人を卒業した男は強い。…

昨夏制覇の東海大相模は関東大会4強どまり

2016高校野球 ここだけのマル得情報

初優勝の前橋育英も安心できず 関東Vで甲子園は10年で3校

本紙コラム「鬼の視点」でおなじみの横浜高の元部長・小倉清一郎氏も「春勝つと、どうしても精神的に緩む。夏までの最後の追い込みに必ず油断が生じる」と指摘している。 関東大会優勝校の最近10年間の成績を見てみると、夏の聖地にたどり着いたのは、13年の浦和学院、11年の習志野、08年の木更津総合の3校だけ。昨年までの20年間では、甲子園まで行ったのが8度、行けなかったのが1…

15年までブルペン捕手を務めいていた小山コーチ(右)

2016年 新監督・新コーチ奮闘記

小山良男 中日・捕手コーチ 465時間の映像とデータをチェックしたうえで谷繁監督の助言をメモ

横浜高の恩師である小倉清一郎前野球部長の著書も手に取った。 谷繁監督は言う。 「いろんな選手に対して、どう話すのか、どう教えるのかが大事。その都度選手に言っていけるようにするには、コーチも勉強しないといけない。(小山コーチは)それをやっている。昨秋から言っていることは『練習を緩めない中でも、個々の選手の状態を見て、ここは追い込むべきか休ませるべきか、しっかり判断でき…

U18代表でも活躍した平沢大河

周囲も太鼓判 ロッテ平沢が“立浪2世”のポテンシャル披露

それだけ難しいのだが、元横浜高校野球部長でこれまでに何十人もの教え子をプロに送っている小倉清一郎氏はこう言っている。 「176センチ、71キロと大柄ではないが、夏の甲子園で3本塁打を放ったように遠くへ飛ばせる。ヘッドスピードが速く、バットコントロールがうまい。肩、足、フットワークを使った守備も一級品。遊撃で10年はレギュラーを張れる。右投げ左打ちでPL学園時代の立浪…

6日のシート打撃で2本のツーベースを打った清宮

早実・清宮はすでに“丸裸” プロも驚く強豪校の「情報収集力」

すでに清宮の弱点は徹底的に研究されて丸裸にされていると断言できる」 ■あらゆる手段を使ってデータ収集 データ分析といえば、日刊ゲンダイのコラム「鬼の視点」でお馴染みの小倉清一郎前横浜高野球部長が、高校球界では「大家」として名を馳せる。 対戦相手の打者の特徴、打球の方向、投手の球種、得意なボール、クセ、バッテリーの配球パターンなどをA3の紙にびっしり書き記した「小倉メ…

圧倒的存在感はあるが…

早実・清宮は“真の怪物”なのか プロスカウトがシビアに評価

広角に打ち分ける中距離打者ですね」 本紙コラム「鬼の視点」でおなじみの横浜高元部長・小倉清一郎氏も「春に本塁打したスイングを見ると、右手が一度も伸びていない。オープンスタンスで構えていてインコースを意識しているのは分かるが、右手を畳みながら打っている。巨人の坂本のように、内角球のひとつの打ち方ではあるけど畳み過ぎ。右手の引っ張りが弱く、バットのヘッドが残らないと打球…

福田はヘッドが利く外国人タイプ

鬼の視点

ベイ筒香&中日福田 横浜高OB2人に“育ての親”が太鼓判

小倉清一郎/元横浜高校野球部部長)…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事