日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

荒木町の関連ニュース

策の池の一部は残っている

江戸東京 町歩き

330年以上の暗渠はいまも現役

江戸時代、美濃国高須藩藩主、松平摂津守の上屋敷があった辺りが、四谷三丁目駅の北に広がる荒木町だ。 車門通りから入り、下り坂を歩いていくと、金丸稲荷神社がある。石畳をどんどん下る。すると“谷底”のようなところに着く。急な階段があり、荒木町が高低差の激しい地であることがわかる。 初代藩主・松平義行の屋敷には、滝もある大きな池があったそうだ。徳川家康が鷹狩りの時、池の近く…

「キッチンたか」のハンバーグは絶品

思わぬディープスポットに遭遇 市川紗椰の“東京さや散歩”

新宿区荒木町から新大久保近辺、約3キロの道のりだ。案内人は、食べ歩きや地形を愛する「オタク美女モデル」市川紗椰。グルメや興味深い地形だけでなく、思わぬディープスポットにも遭遇!? 寝正月でダラけきった体の“リハビリ”にもいいかも。 ①津の守弁財天(東京都新宿区荒木町10-9) 散策のスタート地点は「荒木町」。四谷三丁目駅と曙橋駅の間に位置するこの界隈は、新しい店と古…

 (C)日刊ゲンダイ

築地新聞

【からめんや えん】(マーラータン+冷麺+台湾ラーメン)÷3!?

東京・四谷荒木町で生まれ育ち、縁あってここ築地に店を構えたそう。それにしたって築地でなぜ宮崎のご当地グルメ? 「ええと、改めて言うほどの深い理由はないんです……」。現地で修業した本格派。コワモテにしてシャイな佐多さん、18歳で料理の道に進んだ者はそう多くは語りません。「辛麺」をすすったことのない方に簡単に説明を。名前のごとく辛い麺ですが、中国の「マーラータン」と韓国…

四谷荒木町

怪しさ120% 東京ディープ酒場

四谷荒木町 雨に濡れた石畳を歩くと現れた絵文字の看板

新宿通りを荒木町方面へ――。 大通りを折れ、路地に入るや、都内でも指折りの雅趣に富んだ街並みにフッと心が和むわ~。杉大門通り、車力門通りをぶらぶらと散策。冬の雨に濡れた石畳を歩いてると、明治以降、花柳界として栄えた街の風情がいまだ漂っていて、なんだかシミジミしちゃう。ホント、大人の街ってすてき! 車力門通りから柳新道通りに。狭い路地だけど江戸情緒があるわね。チントン…

カキのバターソテー

極旨ランチ探検隊

【キッチン たか】フライパンが踊る、出来たて洋食

迷路のように入り組んだ路地に、小粋な店がひしめく四谷三丁目は荒木町界隈で、行列の洋食店である。わずか6席のカウンター席には、入れ代わり立ち代わりに客がやって来る。そのお目当ては肉汁ジュージューのハンバーグにソテー、オムライスといった「焼き・炒め」メニューだ。 ここは、居酒屋や喫茶店、ベーカリーなどの飲食店で腕を磨いてきた高橋和男シェフ(46)が2011年9月にオープ…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事