日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

社台ファームの関連ニュース

吉田照哉氏(右から3人目)も口取りに収まっている

社台ファームにとって大きな大きな2㌢差

この馬の生まれ故郷は北海道千歳の社台ファーム。言わずと知れた名門牧場で、86年にはダイナガリバーでダービーに優勝し、以降、数え切れないほどのGⅠ馬を輩出していた。 ところが、近年はノーザンファームが不動の首位の座に。完全に立場が逆転している。 ノーザンファームは94年に社台ファームを分割する形で誕生。社台ファーム代表である吉田照哉氏の弟の勝己氏が拡大戦略で成長を遂…

またこの勝負服が穴を演出した

【小倉記念】11番人気の7歳馬クランモンタナ大駆け

ノーザンファーム関連のクラブが上位を占め、老舗の社台ファームが運営する社台RHは4番手と、一番後れをとっている。それが夏競馬に入って“大逆襲”をかけて、潮目が変わってきているのだ。 先月は合計11勝の固め打ち。今年に入って初めて月間馬主リーディングに。GⅢ中京記念は7番人気のガリバルディで制し、さらに小倉開幕週の日曜メーン・佐世保Sを勝ったアンナミルトは5番人気だっ…

北村宏騎手との呼吸もピッタリ

直撃!!生産牧場

ダイワキャグニー 社台ファーム(北海道千歳)

生産した社台ファームの吉田哲哉氏(社台レースホース代表)に聞いた。 「キングカメハメハ産駒にしては、生まれたころから軽い走りをするのが印象的でした。敏捷性に優れていて、育成段階からやればいくらでも時計が出る。でも、完成途上の段階で時計を出し過ぎるのはよくないので、出しませんでしたけど。とにかくスピードが、この馬の魅力。この2戦を遠くから見ていると、それがフルに発揮さ…

ロゴタイプの皐月賞制覇もM・デムーロ(左が吉田氏)

甲斐谷忍の「競馬人生」

見える人 吉田照哉氏

その創始者・吉田善哉氏の長男が照哉氏で、社台スタリオンステーションや社台ファームなどの代表に就いている。甲斐谷氏が“競馬が見える人”と頼りにするのが照哉氏だ。 「マイネル・コスモ軍団の総帥・岡田繁幸さんが馬体から適性を読み解くプロなら、照哉さんは調教過程などから体調をチェックするプロだと思います。なぜかというと、社台ファームの生産馬や照哉さんファミリーの所有馬が人気…

(C)日刊ゲンダイ

【有馬記念】逃げるサンデーR、追い込むキャロットF

社台ファームを分割する形で、それまでの社台ファーム早来が「ノーザンファーム」に生まれ変わった。 代表者は吉田勝己氏。父はノーザンテーストの輸入などで大成功を収めた吉田善哉氏。兄は社台ファーム代表の吉田照哉氏という、自身も“サラブレッド”だ。 その勝己氏が代表を務めていた(現在は息子に譲っている)のがサンデーRである。 10年から13年までリーディングオーナー(賞金順…

馬より厩務員を!?

甲斐谷忍の「競馬人生」

【パドックの見方】シロウトが相馬眼を極めるの無理。ならば…

「吉田さんが社長を務める社台ファームの生産馬は、一つのレースに複数の馬が出走することも多い。吉田さんは調子の良しあしを見極めるプロというのが僕の見立てですから、吉田さんがどの馬に視線を送っているかに注目するのです。つまり、吉田さんが視線を送る回数が多かったり、ずーっと追いかけたりする馬が、その中で一番気に掛けている馬と判断できるでしょう。社台ファーム生産馬の取捨に…

スピルバーグの天皇賞Vを最後に……

【朝日杯FS】大記録がかかるのは武豊だけじゃない!?

実は記録がかかる主は社台ファームである。 北海道千歳市にある社台ファームは故吉田善哉氏が71年に設立。86年にはダイナコスモス=皐月賞、ギャロップダイナ=安田記念、ダイナガリバー=ダービー・有馬記念でGⅠを4勝し、勢いがついた。 89、91年は未勝利に終わったものの、92年はアドラーブル=オークス、レッツゴーターキン=天皇賞・秋で2勝。以降、毎年勝利を積み重ね、0…

None

【皐月賞】ファンディーナ69年ぶりの快挙を

近年はサンデーレーシング、キャロットファーム、シルクレーシング、社台レースホースなど、ノーザンファーム、社台ファームが運営、あるいは提携関係にあるクラブが大活躍している。 そんな中でもターフ・スポートは平成25年にサウンドオブハートが阪神牝馬Sを制し、27年になるとダート路線でインカンテーションが台頭。フェブラリーSで②着するまでになった。 一時は不振だったインカ…

None

【桜花賞】田辺GⅠ奪取だ

吉田照哉氏といえば、社台ファームの代表で、弟の吉田勝己氏はノーザンファームの代表を務めている。近年の成績はノーザンFが上。 現役ではドバイターフを制したヴィブロスのほかに、サトノダイヤモンド、マカヒキなど。引退馬では、あのディープインパクトに、女傑ジェンティルドンナ、ブエナビスタ、ダート王カネヒキリ……。活躍馬を挙げていけばキリがない。 一方の社台Fは15年のGⅠ…

木津のジョッキー直撃!

【日曜中山11R・フェアリーS】気合十分 柴山コーラルプリンセス今度も弾ける

一昨年は生産馬で27勝(2位社台ファーム=7勝)を挙げて、昨年も20勝に到達。信頼に応え、着実に数字を積み上げてきた。 コーラルプリンセスもそう。きっちりと結果を出したいところだ。…

ラスト1F11秒8でフィニッシュ

【キーンランドC】ソルヴェイグ華麗

函館スプリントS勝ち後はここに照準を合わせて、社台ファームに放牧に出てリフレッシュ。7月下旬に函館に戻ると、ウッドで上がり重点ながら7本もの時計を出して下地をつくってきた。 今月19日に札幌へ移動してからも“順調”のひと言。日曜にダートで4F59秒1を出している。 けさの最終追い切りは田中博を乗せて芝コースで5F66秒6―37秒1。スピードに乗ると前脚はスナップが利…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事