日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「和田毅 フォーム」に関する記事

今季4勝目の和田/(C)AP

カブス和田が4勝目 実は昨オフ、サイドスローも試していた

カブスの和田毅(33)が24日(日本時間25日)のオリオールズ戦に登板し、6回3分の1を1安打1失点で4勝目(1敗)をマークした。七回の先頭打者に本塁打を許すまで無安打だった。 その和田だが、今季復活するまでの道のりは、決して平坦ではなかったようだ。 オリオールズに移籍した12年5月に左肘のトミー・ジョン手術(腱の再建手術)。翌年の5月にマイナーで実戦復帰しながら、…

None

試練のカブス和田 メジャー昇格は「スモーキー投法」次第

マイナー契約から開幕メジャーを目指すカブス・和田毅(33、前オリオールズ)が苦しんでいる。 一昨年に受けたトミー・ジョン手術(腱の再建手術)から、昨季終盤にマイナーで実戦復帰。今季はオリオールズで果たせなかったメジャーでの登板を目指しているものの、オープン戦はここまで3試合で5回3分の2を投げて10安打7失点、防御率11.12。メジャー残留を手繰り寄せるには厳しい結…

和田は投手陣の精神的支柱でもある

ソフトB泣きっ面に蜂 15勝和田がCS1stステージ回避濃厚

リーグ単独トップ15勝(5敗)の左腕エース・和田毅(35)がCSファーストステージを回避することが濃厚になった。29日、工藤監督は「今の感じでは難しい」と報道陣に説明。和田は23日に左ヒジ違和感で登録抹消後もチームに帯同しているが、状態は上がらず。10月8日からのファーストステージどころか、ファイナルステージでの登板も見通しが立たない。 ソフトバンクは日本ハムに最…

変幻自在の投球

ソフトB和田が劇的変身 直球130キロでも楽天キリキリ舞い

今季からソフトバンクに復帰した前カブスの和田毅(35)が、6日のオープン戦(楽天)に先発。4回1安打無失点と好投した。 これで実戦3試合で失点ゼロ。すでに工藤監督も「彼ぐらい実績のある投手が、実績のない投手と一緒のラインで戦うことはない」と話しているように、開幕ローテ入りは確実だ。 渡米前の和田は同じ左腕の杉内(現巨人)と共に、ホークスの二枚看板だった。しかし、球…

韓国戦で10奪三振の大谷は「例外」か

日韓で明暗? 米スカウトが見た“メジャー予備軍”本当の評価

松坂大輔(35)、和田毅(34=ともにソフトバンク)、藤川球児(35=元レンジャーズ)らはメジャーでトミー・ジョン手術を受け、それ以降、ロクな活躍をしないまま日本に戻ってしまった。球種が豊富で制球に優れた日本人投手がメジャーで評価されているのは間違いないが、学生時代からの勤続疲労なのか、環境の違いにモロいのか、あまりにも故障のリスクが高過ぎるのです」 そんな中、ただ…

1回戦屈指の好カード

春のセンバツ完全予想 1回戦で「残る高校」「散る高校」

カブスの和田毅タイプ。今大会注目の左腕です」 ■第3日 第1試合は昨夏甲子園4強で主戦・平沼らが残る敦賀気比が奈良大付を倒す。第2試合は優勝候補の筆頭に挙げられる仙台育英が神村学園に勝って好発進。第3試合は浦和学院と龍谷大平安の1回戦屈指の好カード。前出の美山氏が言う。 「龍谷大平安は昨春に全国制覇したものの、昨夏の甲子園は同じ埼玉の春日部共栄に初戦で敗れた。昨秋か…

独特なひじ使い/(C)AP

145キロでも打者詰まる カブス和田の「スモーキー投法」

左ひじ手術から復帰したカブス・和田毅(33)が投げるたびに評価を上げている。 7月8日のレッズ戦で渡米3年目にしてメジャー初登板。持ち前の制球の良さとキレのある変化球で来季のメジャー生き残りをアピールしている。 打者にとってボールの出どころが見えにくい「スモーキー・ピッチング」(けむに巻く投法)はメジャーでも重宝される。独特なひじの使い方で工夫を凝らしているため、対…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事