日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

高橋善正特集

エース菅野は先発か中継ぎか?

「菅野は中継ぎ」 侍J小久保監督に高橋善正氏が大胆提言

巨人OBで元投手コーチの高橋善正氏(評論家)は「ここからは負けたら終わり。2人を準決勝に投入するのは賛成ですが……」と、こう指摘する。 「オーソドックスに考えたら確かに、菅野、千賀の順でしょう。菅野より球威がある千賀はリリーフ経験もあり、後ろに回したいと考えるのは分かる。ただ、一発勝負のセオリーは、一番状態のいい投手から投げていくこと。米国のマウンドや気候など、環…

登板10イニング、防御率6.10

岩瀬に現状維持“温情査定” 高橋善正氏「中日甘い」と辛口

評論家の高橋善正氏は「おかしな話です」と、こう続ける。 「働いて成績を残せばアップ、そうでなければダウンというのが、プロ野球の査定です。成績は落ちる一方、引退も近い42歳に、なぜ5000万円も払う必要があるのか。確かに岩瀬は長く抑えとして活躍し、チームへの貢献度は高かった。それは誰もが認めるところ。しかし、過去の働きと今季の年俸査定とは切り離して考えるべきです。功…

ヤクルト戦で巨人は広島とのゲーム差を9とした

広島と巨人で四球差100以上 「意識の差」と高橋善正氏

対して巨人のそれはセで最少の235とあって、「チーム打率、本塁打もさることながら、100以上も違うこの四球の差は大きいね」と評論家の高橋善正氏がこう言う。 「今年の広島打線はとにかく後ろにつなぐ意識が徹底されているように思う。カウントを追い込まれると、ボールを引き付けて右打ちし、最悪でも走者を進めるという打撃にみなが切り替える。ボール球に手を出さず、ファウルで粘り、…

松田に2ラン被弾でガッカリの山口

交流戦で巨人3連敗 ソフトBとの差を高橋善正氏が多角分析

「この日も点差以上の差を感じさせられました」 評論家の高橋善正氏がこう言った。 巨人が5-7で敗れ、ソフトバンクに3タテを食らった昨12日の試合。試合後、巨人の高橋由伸監督(41)は、「結果を受け止めて気持ちを切り替えて欲しい」と選手に奮起を促したが、 「ソフトバンクは2番打者の城所が初回から2打席連続本塁打。伏兵ながら、巨人の中軸打者と比較しても、見劣りするどころ…

藤浪は今季最短の降板

投球後姿勢に難 “打球直撃”阪神・藤浪に高橋善正氏が苦言

巨人、中日、日本ハムなどで投手コーチを歴任した高橋善正氏が言う。 「今の投手は上半身の力に頼って投げるから、バランスが崩れる。投球直後に体が一塁や三塁方向に傾くし、打者から視線が外れるケースが多い。これでは平凡な投手ゴロさえ捕れないし、バント処理やベースカバーも遅れる。下半身主導のフォームなら、投げた直後も体は安定し、打者に正対できる。なぜ投手コーチは修正しないのか…

高橋義正氏(左)と山崎裕之氏

対談:高橋善正×山崎裕之「選手たちのカラダが後退している」

日刊ゲンダイGW特別号で開幕1カ月の誤算を一刀両断した本紙評論家の「完全試合投手」高橋善正氏(70=元東映、巨人)と「2000本安打」山崎裕之氏(68=元ロッテ、西武)。現在のプロ野球の問題点について語ってもらった。 ――巨人は阿部、相川、大田、オリックスは中島など、肉離れで戦線離脱した選手が続出しています。 山崎「これはプロ野球界全体の練習の仕方が影響してると思う…

None

高橋善正氏も称賛「ドラマ不足の球界を星野監督が盛り上げた」

(野球評論家・高橋善正)…

捕手をコロコロ代えるのは愚策

田村がやり玉…自力V消滅の伊東ロッテ“捕手3人態勢”の穴

■元巨人コーチ高橋善正氏「捕手は田村に任せるべき」 伊東監督は現役時代、西武で20年近く正捕手の座を守り続け、14度のリーグ優勝、8度の日本一に貢献した実績がある。「自分をものさしにするから田村への評価が厳しくなる」との声もある。だが、伊東監督が現役時代の西武と今のロッテとでは、戦力は雲泥の差だ。東映(現日本ハム)で完全試合を達成した元巨人コーチの高橋善正氏がこう…

3人で26億円超の無駄遣い

森福二軍落ちで総崩れ…巨人26億円FA補強“失敗の元凶”

■OB高橋善正氏は「調査不足」を指摘 ちなみに、3人の給料は陽の5年総額15億円超を筆頭に、山口俊が4年総額8億円、森福が2年総額3億円超で、しめて26億円超。こんなバカなカネの使い方もあるまい。 巨人OBの評論家、高橋善正氏が呆れる。 「フロントの調査不足ですよ。山口俊は昨秋のクライマックスシリーズの登板を右肩痛で回避している。当然、事前に念入りに調べてしかるべ…

4試合連続完封を逃し今季初黒星を喫した

4試合連続完封ならず 菅野の投球を城之内氏はどう見たか

■変化球多投の背景 「打たれた原因のひとつはそれでしょう」 巨人OBの評論家、高橋善正氏がこう続ける。 「前3試合に比べると、コースが甘く、球のキレが悪かったのは確か。ただ、一番の違いは投球の組み立てです。この日の菅野は初回から変化球を多投。直球の割合が明らかに少なかった。4試合連続完封の記録をイヤでも意識させられ、気持ちが守りに入った。慎重さは投手に必要ですが、…

四回に適時打を放つも…

侍Jで株上昇も巨人では…小林“低評価”3つの理由をOB指摘

これに、首脳陣はイライラを募らせているのだが、巨人OBで元投手コーチの高橋善正氏(評論家)がこう指摘する。 「言うまでもなく、捕手はまずは守り。打撃は二の次ですよ。小林はWBCを経験してワンバウンドを止めるのがうまくなった。緊迫した国際大会で、巨人にはいない千賀のような落差の大きいフォークを必死に止めた経験が生きている。投手陣の防御率がいいのも、リード面を含めた小…

五回に失点…

援護なく敗戦…G宮国の伸び悩み6年は「コーチの責任」

巨人OBの評論家、高橋善正氏がこう言う。 「13年に開幕投手まで務めるほど期待された投手。それが、見るたびに投球フォームが変わっている時期があった。これまで関わったコーチの責任はあるでしょう。入団当初の小谷コーチが今季から復帰したことが好調につながっているのかもしれない。彼にとっては父親のような存在ですから」 ■首脳陣は自分たちの指導力を棚に上げ… 開幕投手を務めた…

たったの1打席で交代

復帰の長野も4回で交代 巨人は頼れる外野ゼロの異常事態

勝ったとはいえ、長野の長引く不振が得点力不足に拍車を掛けている」 巨人OBの評論家、高橋善正氏がこう言った。 鹿児島で開催された19日のヤクルト戦で巨人は初回に阿部の犠飛で先制した。先発の高木勇が二回の打席で右手に投球を当てて負傷交代したが、3日前に支配下登録されたばかりの2番手・篠原が三回から五回まで無失点。うれしい初登板初勝利を挙げた。 ■マギーの外野転向も? …

丸(左奥)に決定打を浴びた

OB投手が問題点指摘…G守護神カミネロはもう“失格”寸前

巨人OBで元投手コーチの高橋善正氏(評論家)は「フィールディングが課題なのは一目瞭然だが、もっと苦しいのは、変化球で思ったようにストライクが取れていないこと。いくら直球が150キロを超えるといっても、的を絞られれば、この日の松山のようにスタンドへ運ばれてしまう。分かっていても空振りが取れるほどの直球ではありませんから」と問題点を指摘する。 これまで4セーブを挙げて…

2打席連続本塁打を放った新井

巨人と広島“ベンチの大差”…由伸監督と緒方監督の好対照

巨人のベンチは、何をドタバタしてるのかね」 巨人OBの評論家、高橋善正氏がこう言った。 12日の広島戦を前に巨人は7年目右腕の宮国椋丞(24)を二軍から緊急昇格させた。宮国は今季、3年ぶりに先発に復帰。開幕ローテにこそ漏れたものの、二軍で2戦2勝、防御率0.00と結果を出していた。この日のイースタン・リーグDeNA戦で3試合目の先発マウンドに上がる予定だったところへ…

たった4試合で外された…

巨人・岡本スタメン落ちにOB落胆 由伸監督“鬼采配”の短慮

たった4試合で見切ったなら早過ぎます」 巨人OBで元投手コーチの高橋善正氏(評論家)がこう指摘するのは、5日のDeNA戦でスタメン落ちした岡本和真(20)のことである。高卒3年目で初の開幕スタメン出場を果たしたが、これまでの4試合で10打数1安打の打率1割だった。 巨人はこの日、岡本の代わりに左翼で先発した重信の二塁打が内海の勝ち越し打につながった。采配とすれば的中…

巨人開幕戦の視聴率もイマイチ

開幕18試合で四死球155 「悲しくなる」と評論家バッサリ

カネを出してもらって見せる試合じゃないですよ」 プロ野球の開幕3連戦の結果を見て、のっけからこう呆れるのは巨人、中日などで投手コーチを歴任した評論家の高橋善正氏である。2戦目の広島―阪神戦では、両軍合わせて27四球というまさに草野球以下の乱戦が演じられたが、こういうのである。 「その日は中日が9与四球、オリックスも8与四球を記録した。6試合で計72四球というのですか…

全試合に先発している小林

WBCで急成長の小林は巨人“捕手問題”に終止符を打てるか

巨人でも正捕手としてどっしり座ってくれればWBC効果です」 巨人OBの評論家・高橋善正氏がこう目を細めるのが、日本代表の小久保監督が「ラッキーボーイ」と呼ぶ正捕手の小林誠司(27)だ。 昨季はセ・リーグ最下位の打率.204ながら、この試合の前まで全5試合で14打数7安打、チームトップの打率5割。期待されていない打撃でも結果を出してきた。当初は3番手捕手扱い。それが「…

二塁の練習を行うマギー

マギーを二塁に…由伸巨人“守備軽視”で長嶋時代に先祖返り

センターラインは守備の要ですよ」 巨人OBでかつて投手コーチを務めた高橋善正氏(評論家)がこう言った。沖縄・那覇キャンプもあと3日となった昨27日、巨人の新助っ人・ケーシー・マギー(34=タイガース)がなんと、首脳陣の指示で初のセカンド練習。「チームに求められるのがセカンドというなら、喜んでやりたい」と、午前中に投内連係とシートノック。午後は立岡と特守というメニュー…

若手のバットをへし折った田中

SB田中、ハム斎藤佑もボキボキ なぜ連日バットが折れる?

評論家の高橋善正氏は「ツーシームを投げる投手が増えたからではないか」と、こう続ける。 「昔で言えばシュートやシンカー、大ざっぱに言うと、打者の手元で動く変化球はあったが、今はその最盛期でしょう。ツーシームも直球が手元でわずかに変化するわけだから、打者も芯を外されて、バットの根元で打ってしまう。バットが折れても不思議じゃありませんよ」 日ハムの斎藤が岡のバットを折った…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事