日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「中村俊輔 背番号」に関する記事

もう香川の「10」は見納め? (C)六川則夫/ラ・ストラーダ

香川真司にさらなる厄難 スポンサーが「背番号10」剥奪意向

「07年にアディダスが8年総額160億円のスポンサー契約を交わし、その大口スポンサー企業の意向をくむ格好で日本代表の背番号10は、アディダスと契約している中村俊輔(36)がつけることになり、4年前の11年アジア杯からは、やはりアディダス契約者の香川の番号になった。ミランの背番号10をつけている本田が『オレに(日本代表の背番号10を)つけさせてほしい』と何度もアピー…

日本代表での香川は「忙しすぎる」との指摘が

代表で香川が輝けないのはなぜ? 中村俊輔が“核心”を突く

日本代表で長らく背番号10の重責を担った横浜F・マリノスの司令塔MF中村俊輔(37)である。 希代の名司令塔は「代表での香川は、やらなきゃいけないことが多過ぎる」とタメ息交じりに核心を突き、こう続けた。 「ドルトムントでの香川は、前線3人とボランチの2人でボールをポンポンと回せるし、そのままシュートにも持っていける。その連動性はレベルが高過ぎる。一方で代表での香川は…

会見で語るザッケローニ監督/(C)日刊ゲンダイ

細貝、豊田が“サプライズ落選” W杯代表選出の魑魅魍魎

W杯代表選手選びというのは、それこそ魑魅魍魎が跳梁跋扈する世界というのか、いろいろな人物がさまざまな思惑から代表選びに“雑音”を入れてドタバタ劇を引き起こしてきた」 ■98年はカズ、02年は中村俊輔落選 98年フランス大会で最大のサプライズは、大会直前の「三浦カズの代表メンバー落選」である。 W杯の予選中にコーチから昇格した岡田監督は「W杯の選手起用のシミュレーショ…

None

Jリーグを面白くする 川崎、横浜M、神戸“異変”の今後

「司令塔MF中村憲、小林、背番号10の大島、新加入FWハイネル、韓国代表GKチョン・ソンリョンら主力が額面通りのプレーを見せれば、今後もJ1の上位争いを面白くしてくれる存在です」 オフに大黒柱MF中村俊輔が磐田に移籍。降格候補に挙げられていた横浜Mだが、開幕戦に続いて札幌戦(4日)でも、主軸FW斎藤が全3得点に絡む大活躍を見せ、ここまで首位キープと“俊輔ロス”の影…

AKBグループの元祖“さげまん”か?

出演予定の音楽祭が延期に…板野友美“さげまん伝説”復活?

この年のサッカーW杯直前、板野さんが背番号「10」の日本代表ユニフォームを着て雑誌グラビアに登場すると、代表で10番だった中村俊輔(37)には本番でほとんど出番が与えられなかったのです。板野さん周辺で不運・不祥事が重なったため、ネット上では『疫病神』と揶揄されたほどです」(前出のライター) もうこれ以上、元AKBメンバーに不運が続かなければいいが。…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事