日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

夕やけニャンニャン・出演者の関連ニュース

売れっ子モデル(左)でもあった

あの人は今こうしている

“幻のおニャン子”大貫かおりさん 「夕ニャン」登場1回の真相

彼女たちがメーンだった番組「夕やけニャンニャン」にたった1日しか登場しなかったのだ。さて、“幻”の近況は? 「おニャン子クラブのメンバーに選ばれ、初めて『夕やけニャンニャン』に出演した日は忘れもしません。86年5月9日の金曜日、高校1年の時でした。今でもその日の台本は大切に持ってます」 横浜はみなとみらい地区にあるホテルの喫茶室で会った大貫さん、まずはこう言った。 …

アイドルはこうでなくっちゃ(左)

あの人は今こうしている

元「おニャン子」宮野久美子さんは愛知で結婚式司会者に転身

80年代半ば、中高生に大人気だったフジテレビのバラエティー番組「夕やけニャンニャン」。本日登場の宮野久美子さん(43)は「おニャン子クラブ」の妹分、中学生ユニット「おニャン子クラブB組」から正式メンバーに昇格して評判になった。解散から28年、今どうしているのか。 「お待ちしてました。どうぞ、こちらのソファにお座り下さい」 愛知県豊橋市。JR豊橋駅西口からクルマで3分…

人気絶頂期はバブル真っただ中だった

あの人は今こうしている

元ちびっこギャング藤井一男さん 相方との“劇的再会”を語る

80年代半ば、「オールナイトフジ」「夕やけニャンニャン」などのバラエティーやお笑い番組で超売れっ子だった、ともに身長161センチと小柄なコンビがいた。「ちびっこギャング」だ。そのひとり、藤井一男さん(56)は今どうしているのか。 「越川から“ウチの劇団にゲスト出演してくれないか?”って声をかけられた時は、マジ、ものすごくうれしかったですよ。実は21年前、コンビ解消し…

None

あの人は今こうしている

おニャン子、マイケルも通った「セーラーズ」女社長は今…

85年、「夕やけニャンニャン」(フジテレビ系)から生まれたおニャン子クラブ。デビュー曲「セーラー服を脱がさないで」の軽快なメロディーとともに、彼女たちが着ていた色とりどりのパステルカラーの衣装が若者たちの間で人気沸騰した。水兵さんがトレードマークだったブランド「セーラーズ」のトレーナーだ。そこの女性社長、三浦静加さんはマスコミで引っ張りだこになった。今どうしているの…

辞表を出したのは34歳のとき

喜怒哀楽のサラリーマン時代

吉田照美さん フリー転身の際に文化放送とギクシャク

その代わりと言っちゃなんですけど、任せられたのが、『夕やけニャンニャン』の司会でした。いずれにせよ、文化放送はその後もずっと自分にラジオをやらせてくれたのだから、懐が深い会社なんですよ」 87年に始まったラジオ「やる気MANMAN!」は20年も続いた。(つづく)…

復帰を機に「真璃子」から「眞璃子」に改名した/(C)日刊ゲンダイ

あの人は今こうしている

“とんねるずの妹分”だった眞璃子さん 福岡で芸能活動再開

初めてのテレビ出演が『夕やけニャンニャン』のパイロット番組の『オールナイトフジ女子高生スペシャル』で、司会の斉藤由貴さんのサブ司会。南野陽子さんのデビュー作でもある日本テレビの『名門私立女子高校』にも歌手デビュー前に出させていただいた。ホント、懐かしい思い出です」 その後も「時間ですよ ふたたび」「ギョーカイ君が行く!」「時間ですよ たびたび」など、とんねるず主演の…

(C)日刊ゲンダイ

木梨憲武 「上野の森で個展開催」の背後にフジ・日枝会長

「とんねるずが『夕やけニャンニャン』の司会をしていた80年代半ば当時、日枝氏は編成局長でした。冠番組で高視聴率を連発した石橋貴明と木梨の2人は、日枝時代の最大の功労者といっても過言ではない。15年以上続く『みなさんのおかげでした』は制作費とギャラばかりがかさむお荷物番組ですが、打ち切りに踏み切れないのも、会長案件だからといわれています」(前出のテレビ関係者) ■妻…

None

「いいとも」レギュラー直談判 笑えないとんねるずの“就活”

生放送で暴れるのは、「夕やけニャンニャン」や「オールナイトフジ」からのとんねるずの十八番である。当時なら、この日の石橋貴明(52)のように「オレたちをレギュラーにしてください」と嘆願したとしても、笑えるハプニングになったかもしれない。だが、唯一のレギュラー番組が終わりそうとあっては、笑うに笑えない。 お願いされたタモリが「そうは言っても忙しいでしょ」と突っ込むと、…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事