日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「中山美穂 結婚」に関する記事

電撃婚から12年/(C)日刊ゲンダイ

辻仁成は「寝耳に水」 中山美穂離婚報道の“舞台裏”

セレブな生活を送っていたはずの中山美穂(44)の身に一体、何が起きたのか。 記事によると、夫婦は現在も長男(10)と3人でパリで暮らしているが、すでに離婚に向けた話し合いが始まっているという。子供の親権などクリアにしなければならない問題も多いが、2人の間の溝は埋めがたく、離婚は避けられない状況。それもこれも、09年当時、ハードロックに目覚めた辻が性別の垣根をとっぱら…

ファンも憧れるミポリンの恋愛至上主義

お騒がせ続きも…中山美穂の舞台に女性客が殺到するワケ

主演はデビュー30年にして舞台初挑戦となった中山美穂(46)。芸能界の注目度は高く、ロビーには岩井俊二、田中麗奈など中山宛てだけで20を超える祝花が。また、平日にもかかわらず男性客よりも中山と同世代とおぼしき女性を中心に多くのファンが詰めかけ、会場は超満員。通路に補助席をつくって観劇する客もいた。 いざ幕が上がると、舞台では百戦錬磨の勝村政信(52)や萩原聖人(4…

12年の結婚生活にピリオド?/(C)日刊ゲンダイ

中山美穂が辻仁成と離婚へ…焦点は長男の親権か

女優の中山美穂(44)が、夫で作家の辻仁成(54)と離婚に向けて話し合いをしていることが明らかになった。交際8カ月のスピード結婚から12年、2人で生活の拠点のパリと仕事場の日本を行き来しながら子育てを続けるうちに、溝ができたようだ。 中山は今月24日のCM会見で、左手薬指にあるはずの結婚指輪をしておらず、辻のことは一切、触れていなかった。プライベートな話題を意図的に…

辻仁成との離婚会見での南果歩

プレイバック芸能スキャンダル史

作家で歌手の“モテ男” 辻仁成と離婚した南果歩の単独会見

ー2000年4月ー 中山美穂の夫の辻仁成氏は、芥川賞作家、ロックボーカリスト、映画監督と多方面で活躍する才人だが、モテ男としても有名で、前妻はやはり美人女優の南果歩。子供も生まれ、5年間続いた結婚生活だったが、2000年に破綻する。 4月11日、南(当時36)がテレビ局で記者会見を開いた。10日には彼女から前年7月から別居生活が始まり、3月30日に辻氏と正式離婚した…

涙ながらに自殺騒動を謝罪

SMAP解散へ ジャニーズ帝国徹底研究

メリー氏が剛腕発揮 マッチと明菜の金屏風会見

ジャニー喜多川氏のホモセクハラ疑惑などで、事務所への批判の声が強まり始めたこともあったが、やはり松田聖子や中山美穂といった大物アイドルと次々と浮名を流した田原俊彦を筆頭に、近藤真彦や少年隊の錦織一清や植草克秀、シブがき隊の薬丸裕英や布川敏和など遊びたい盛りの若いタレントを多く抱えていたため、恋愛スキャンダル対策の側面が強かった。 「スポーツ紙の記者やテレビ局の担当…

演技力は高評価/(C)日刊ゲンダイ

ゼクシィCMに広瀬すず 待望の“美人姉妹”に高まる期待

原田貴和子(49)と知世(46)、荻野目慶子(49)と洋子(45)、中山美穂(44)と忍(41)、古くは倍賞千恵子(72)と美津子(67)。熊谷真実(54)と松田美由紀(52)もそうだが、気付けば、み~んなトシを召して貫禄たっぷり――。 アイドル評論家の北川昌弘氏が言う。 「広瀬姉妹は、久々に2人揃って大化けを予感させる女優。容姿と演技力と評価を分け合う姉妹が多い中…

意外に共通点が多い2人/(C)日刊ゲンダイ

離婚はむしろプラス 中山美穂が目指す“第2の岸恵子”

中山美穂(44)とミュージシャン・作家・映画監督の辻仁成(54)の離婚報道が賑やかだ。 入籍は02年。その後の中山はパリに移住し、04年には長男を出産し、パリに拠点を置き、日本とフランスを行ったり来たりして子育てと女優業をこなしてきた。これまで辻とのすれ違いが取り沙汰されてきたこともあり、さもありなん。 今月24日、久々に都内でのCM発表会に登場して息子について聞か…

フランス暮らしも10年/(C)日刊ゲンダイ

歌手復帰に意欲も…パリ暮らし中山美穂に「賞味期限」の不安

24日、中山美穂(44)がナチュラルブランド「MVNE」のCM発表会見に出席した。10年間、パリで暮らしている中山は、仕事がある時だけ日本に帰国するスタイルを続けている。そんな中山が本格的な歌手活動再開について聞かれ、「いいですね。練習しなきゃダメですね。誰かやってくださるなら全然やりますよ」と意欲を見せた。 結婚して開店休業状態だった芸能人が仕事再開に乗り気な時…

None

葉月里緒奈 魔性伝説再び

もう“ヘアヌード”しか仕事はないのでは」 中山美穂(47)も、ココリコ田中(46)と離婚した小日向しえ(37)も子供の親権は夫。金銭的にも、時間的にも制約のない子ナシ独身の道を選ぶのには、女を謳歌したい気持ちが透けてみえる。元銀座のママでセクシャルアカデミー主宰の田辺まりこ氏がこういう。 「葉月さんはこれからが本領発揮でしょう。ルックスの美しさに加えて体も匂い、雰囲…

None

あれもこれも言わせて

月9ならぬ絶句 絶望的なデキの連ドラ「貴族探偵」

松重豊、滝藤賢一、生瀬勝久の実力派にかつて月9で主演した中山美穂まで出て話題性はばっちりだが、相葉がこれでは魅力も半減。彼はやっぱり「志村どうぶつ園」でペットと戯れているのがお似合いだ。 ライバル的存在の新米の女探偵役で武井咲が出ているが、完全に主役を食われた感じ。武井が演技派に見えるって、これぞ、相葉マジック。 とにかく、織田裕二ならびにTBSにはちゃんと謝らなけ…

None

あれもこれも言わせて

芸能界は元カノ元妻 呉越同舟の何でもアリだから面白い

その際は元夫の辻仁成、辻の元妻・中山美穂も交えて、ぜひ。…

None

主役級が何人も出演 月9「貴族探偵」ギャラいくら?

相葉が従える共演者は女優は武井咲、中山美穂(写真左)、仲間由紀恵、井川遥、男優は生瀬勝久、滝藤賢一、松重豊らである。とくに女優はいずれも主役を張れる存在。俳優としては実績が乏しい相葉にとってはちょっとビビってしまうほどの陣容だ。 そこで気になるのはギャラ。推定だが、主演の相葉は300万円~、女優では武井が100万円~、格上の中山が200万円~、仲間が180万円~、…

7年ぶりのニューアルバム「TRAD」

この人物のオモテとウラ

7年ぶり新譜リリースの竹内まりや 絶好調の秘訣は十五穀米

この地に足をつけるというか、いわゆる芸能界とちょっと距離を置いたポジションが、シンガー・ソングライターとしてのキャリアの始まりです」(スポーツ紙芸能デスク) その後「駅」「シングル・アゲイン」「純愛ラプソディ」と大ヒットを連発しOLらの絶大な支持を集め、同時に河合奈保子「けんかをやめて」、薬師丸ひろ子「元気を出して」、中山美穂「色・ホワイトブレンド」など、自身の作詞…

肩まであった髪をバッサリ/(C)日刊ゲンダイ

長髪バッサリの辻仁成 監督作での「ロック」連発に出演陣困惑

中山美穂(44)と離婚騒動の渦中にいる辻仁成(54)が14日、監督・脚本を務める映画「醒めながら見る夢」の完成披露試写会に出席。胸元まであったトレードマークの長い髪を肩までバッサリ切った姿で登場した。 出演者たちが「醒めてほしくない夢」「醒めてほしい悪夢のような現実」にまつわるエピソードを披露。そんな中、石橋杏奈(21)は「監督がときどき『カット! 今のロックだっ…

釈放後、「ウルトラマンコスモス」は放送再開された

プレイバック芸能スキャンダル史

悪夢の19日間 冤罪だった杉浦太陽「恐喝容疑で逮捕」の真相

◇2002年6月 3日、中山美穂が作家・辻仁成と結婚。13日、闘病生活を送っていた村田英雄が合併症の肺炎で死去。享年73。15日、室田日出男が肺がんで死去。享年64。24日、東京都千代田区で全国初の歩きたばこ禁止条例が成立。…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事