日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

ジャニー喜多川に関する記事

ジャニー喜多川氏は今、何を思うのか…

SMAP騒動も無言…ジャニー喜多川氏がコメントしないワケ

しかし、最重要人物であるはずのジャニー喜多川社長はこれまでまったく騒動について触れていない。 「SMAP騒動の期間中は、社長がお気に入りのSexy Zoneのメンバーらが出演していた舞台『ジャニーズ・ワールド』が1月27日まで東京・帝国劇場で上演されていた。そこにはお忍びで通い詰めていたようだが、目ざといファンにはしっかり目撃されていた。もともと、ショービジネスの…

None

「SMAP」と「嵐」も離別危機!? ジャニーズ分裂の“Xデー”

ちなみに、KinKi Kidsとタッキー&翼はジャニー喜多川社長自らが管理するため、中立の『J』と分類されています」 しかし、インタビューでメリー氏は派閥など存在しないと一蹴。「うちの事務所に派閥があるなら、それは私の管理不足です。事実なら許せない」と話すや、その場に飯島氏を電話で呼びつけて、「対立するならSMAPを連れていっても今日から出て行ってもらう」と言い放ち…

None

野球は亀梨、サッカーは手越…ジャニーズ「東京五輪」の野望

同グループのメンバーの佐藤勝利はジャニー喜多川社長がかなり目をかけているため、公認獲得に向けてかなりの“ロビー活動”をしたようです」(専門誌記者) 喜多川社長といえば、今年1月に朝日新聞に掲載されたインタビューで、「海外の選手たちが競技を終え、のんびりする夜の時間帯、日本の雰囲気を味わってもらうおもてなしが必要。芸能界で盛り上げていくことはできると思う」と20年開催…

ジャニーズ事務所

SMAP解散へ ジャニーズ帝国徹底研究

浮上した疑惑 ジャニーズ事務所の原点と“黒歴史”

ロサンゼルスで生まれ、日米を行き来しながら成長した社長のジャニー喜多川氏は、朝鮮戦争後に日本に戻り、アメリカ大使館で軍事援助顧問団の職に就いている。このとき宿舎の近くにあった代々木公園で少年たちを集めて野球を教えはじめ、チームにいた4人で結成したのが最初のグループ「ジャニーズ」だ。 「姉のメリーさんは経理面などでジャニーさんを手伝いながら、四谷でスナックを経営して…

None

●ジャニーズ帝国 激震の内幕

臆測呼ぶ敏腕マネジャーF氏の退社と元SMAP懐柔工作

ジャニー喜多川社長は1月に「それぞれの気持ちに任せます」と語ったが、次期社長とされる藤島ジュリー景子副社長(50)はここへきて、引き留め工作に躍起というのだ。 「まず、香取慎吾と草彅剛はジャニーズを出るんじゃないか。それに稲垣吾郎も続き、中居正広も独立の方向といった情報があります。昨年も元メンバーたちの移籍先で取り沙汰された大手芸能プロの田辺エージェンシーやケイダ…

None

ギョーカイ“マル秘”雑記帳

ジャニーズ事務所 チケット発券トラブルの波紋

ジャニー喜多川社長の後継者といわれる、藤島ジュリー景子副社長が独自色を打ち出そうと積極的に導入したためです。創業以来、アナログ手法で手堅くビジネスを展開してきたメリー喜多川副社長の逆鱗に触れたのは間違いない」(芸能プロ幹部) 代替わりに向け、ジャニーズの内部にはまだまだ問題が山積みのようだ。…

NEWSを読み解く今週のキーワード

【スマロス症候群】前代未聞の成り行きで流れ解散したSMAP。おかげで“スマロス”騒ぎまで起こっているらしい。

話題はSMAPの生みの親・ジャニー喜多川の人生から始まる。アメリカで生まれ、戦後は米軍の情報機関で働いたらしいジャニーの謎めいた人生。それまでのアイドルが貧乏な生い立ちを背負っていたのに対し、全員70年代生まれのSMAPは芸能界にありがちな貧乏物語とは無縁だった。それが昭和天皇の容体が悪化する直前にグループとなり、平成の始まりとともに一気にスターダムへ駆け上がって…

草なぎと親交の深いタモリ

SMAP草なぎ&香取 タモリ邸の新年会で相談した“出処進退”

「(事務所から)出ていくことを前提に話をするような、やぼっちいタレントじゃない」 昨年大晦日で解散したSMAPのメンバーについて、ジャニーズ事務所のジャニー喜多川社長(85)がこうスポーツ紙の担当記者に語ったのは13日のこと。 この発言を巡って各紙では、ジャニーズからの独立・移籍容認論と事務所残留決定論の真っ二つに意見は分かれたが、やはり覆水盆に返らず――。草なぎ剛…

ジャニーズ事務所

飯島氏と心中覚悟の独立か 香取慎吾に“ピン”の強みなし

飯島さんはジャニーズ時代にマネジメントしていたKis―My―Ft2やジュニアのメンバー引き抜きも画策し、総勢20人を超える新勢力を狙っているみたいです」 メリー副社長もジャニー喜多川社長も高齢のため、早晩、引退を余儀なくされる。この新女帝バトルをきっかけにジャニーズ分裂という事態に発展する可能性もなくはない。ワイドショーデスクが続ける。 「今の情勢は、飯島さんの思惑…

NHKとジャニーズ事務所で“密約”の噂も…

いまだ出演が取りざた…NHK紅白“SMAP出る出る詐欺”の行方

自ら『ジャニー喜多川社長に直談判する』と豪語していましたが、退任が決まったことで、そのテンションが下がってしまわないのか、心配する声があります」(マスコミ関係者) 会長最後の“仕事”でSMAP出演を実現させれば、NHKを去ってもファンの間で名は語り継がれるが。…

ジャニーズ事務所は重い腰を上げるのか

紅白出場は依然厳しく…どうなるSMAP“最後の花道”の行方

「私が出ていって済むのなら、ジャニー喜多川社長と直接話したい」と言ったNHKの籾井勝人会長がそれを実行しても、SMAPの紅白出場の目はないに等しいか。 「籾井氏がジャニーさんを説き伏せて、ジャニーさんが重い腰を上げたとします。それだけでも大変なことですが、それでも5人を集めることはできない。とくに香取慎吾。彼は、元チーフマネジャーの飯島さんの言うことしか聞かず、その…

まさかの特使任命も!?

期待高まる? トランプとの橋渡しにジャニーさんと叶姉妹

ジャニーズ事務所のジャニー喜多川社長(85)だ。 「どの程度の間柄かはわかりませんが、ジャニーさんとは1980年代からトランプ氏と親交があるといわれています。ジャニーさんは亡くなったマイケル・ジャクソンとも非常に親しかったし、アメリカのショービジネスの世界で顔が利く数少ない日本人だからです」(芸能ジャーナリスト) ホンマかいなという話だが、ジャニーさんならばあり得る…

“ラブコール”送った籾井会長は徹底的にコケ

NHKメンツ丸潰れ SMAP紅白不出場ならジャニーズ枠削減も

ジャニーズ事務所の幹部がSMAPへ解散の“花道”を作ることに否定的で、協力しなかったという情報もあるが、最も“恥をかかされた”のは『ジャニー喜多川社長に会いにいく』と張り切っていた籾井会長です。“畑違い”の芸能ジャンルに手を突っ込んだはいいが何もできず、結果的に自らの“無能ぶり”を証明してしまった」(NHK関係者) このままいけば、今後NHKとジャニーズの関係に亀裂…

前夫との別居中も男を泊めていた宮沢りえ

芸能界クロスロード

若手俳優に続き 宮沢りえにとって森田剛も“芸の肥やし”か

ジャニー喜多川社長は「適齢期になれば」と結婚容認発言をしているとはいえ、そうすんなりと事が運ぶかは疑問。 一方の森田――。事務所は「プライベートなことは本人に任せている」とコメント。最近の森田は役者としての活動が多く、私生活でもワイルドなイメージが定着。女性の噂も絶えず付きまとうだけに、本人任せも当然だろうが、今回の相手はすでに大物女優の域に達した宮沢。役者同士が仕…

“帝国”にほころびが見え始めた

SMAP解散へ ジャニーズ帝国徹底研究

増え続けるスキャンダルが証明する隆盛の綻び

象徴的だったのが、嵐のデビューと同じ1999年に「週刊文春」が報じたジャニー喜多川社長の「ホモセクハラ疑惑」追及キャンペーンだろう。 ジャニーズ事務所はこの疑惑を事実無根として文春を訴えたものの、裁判ではホモセクハラ行為の事実認定をする判決が04年に確定している。この問題は国会質問でも取り上げられているのだが、なぜか大きな問題にはなっていない。同様に所属タレントの…

涙ながらに自殺騒動を謝罪

SMAP解散へ ジャニーズ帝国徹底研究

メリー氏が剛腕発揮 マッチと明菜の金屏風会見

ジャニー喜多川氏のホモセクハラ疑惑などで、事務所への批判の声が強まり始めたこともあったが、やはり松田聖子や中山美穂といった大物アイドルと次々と浮名を流した田原俊彦を筆頭に、近藤真彦や少年隊の錦織一清や植草克秀、シブがき隊の薬丸裕英や布川敏和など遊びたい盛りの若いタレントを多く抱えていたため、恋愛スキャンダル対策の側面が強かった。 「スポーツ紙の記者やテレビ局の担当…

郷ひろみはジャニー氏の「理想のアイドル像」だった

SMAP解散へ ジャニーズ帝国徹底研究

ジャニー氏の独自路線決定付けた郷ひろみの独立

この順調な流れの中でジャニー喜多川氏がデビューさせたのが郷ひろみだった。72年に「男の子女の子」でデビューし、またたく間にトップアイドルとなった郷だが、ジャニー氏との“蜜月”は業界でも有名だったという。 「ジャニーさんが理想のアイドル像として描いているのは、今でも郷ひろみだといわれるほどで、その寵愛というか、イレコミぶりは凄かった」(当時を知るベテランの芸能記者) …

ジャニーズ事務所

SMAP解散へ ジャニーズ帝国徹底研究

帝国唯一の後継者「ジュリーさん」の来歴と評判

ジャニーズ事務所を作り上げたジャニー喜多川社長(84)と、メリー喜多川副社長(89)の唯一の肉親がメリー氏の実娘にして、ジャニーズ事務所の副社長でもある藤島ジュリー景子氏。通称「ジュリーさん」である。ちなみに、名字が藤島なのはメリー喜多川の夫でジュリーの父親が作家で評論家の故藤島泰輔氏だからだ。 今回のSMAP解散騒動は、ジャニーズ事務所の実権を握るメリー氏が、その…

ジャニーズ事務所

SMAP解散へ ジャニーズ帝国徹底研究

89歳の女帝メリー氏が牛耳る「年商1000億円」帝国

少年アイドルのプロデュースに天才的な手腕を発揮するジャニー喜多川社長だが、その一方で会社経営や対外的な交渉ごとには熱心ではなく、その部分を二人三脚で担ってきたのがジャニー氏の実姉・藤島メリー泰子副社長。通称「メリーさん」である。 「ファンクラブをベースに安定した収入構造をつくるなど、その経営手腕は高く評価されていて、事務所の年商は1000億円ともいわれています。自…

独特の審美眼で数々のアイドルを生み出してきた

SMAP解散へ ジャニーズ帝国徹底研究

原石を見いだすジャニー社長の天才的で危うい感性

「ジャニーズ事務所」の名前が示すとおり、同社の最重要人物がジャニー喜多川社長(84)だ。ジャニーズ事務所はこれまで数多くのタレントを生み出してきたが、そのすべてを見いだし、育ててきたのがこのジャニー氏である。ジャニーズ事務所の「ジュニア」という独特の育成システムはあまりにも有名だが、ここではジャニー氏が全権を握っている。 「経営面を支えているのは姉のメリーさんですが…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事