日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「辻仁成 息子」に関する記事

昨年7月に離婚が成立した辻仁成(左)と中山美穂

辻仁成はパリの息子案じ…中山美穂の恋人には出演依頼殺到

週明け保護者会もあるのでちょっとバタバタしそうです」 ツイッターでこうつぶやいたのは辻仁成(56)。京都で仕事のため、息子・十斗くんと住むフランス・パリを発ち、日本へ帰ってきた矢先の13日、パリ市内で同時多発テロが発生。 中山美穂(45)と離婚後、シングルファーザーとして息子を育てる辻は、日本に滞在の際は“パパ友”のロベルトに息子を預けているそうで、「十くん、安全な…

今日の新刊

「息子に贈ることば」辻仁成著

(文藝春秋 1300円+税)…

パリに息子を残して来日した辻仁成/(C)日刊ゲンダイ

「ライバルは爆問」 笑いに目覚めたシングルファーザー辻仁成

20日、映画「LUCY/ルーシー」ブルーレイ&DVDリリース記念イベントに登場した辻仁成(55)。昨年7月に中山美穂(44)と離婚し、現在は11歳の長男とフランス・パリで暮らしている。 今月7日にパリで起きたイスラム過激派による風刺週刊紙襲撃事件以降、辻は自身のツイッターでパリの様子を“実況中継”。この日も日本人ジャーナリスト2人が人質になり、身代金を要求されてい…

辻仁成(左)と「美ST」(光文社)の表紙を飾った中山美穂/(C)日刊ゲンダイ

違い鮮明…辻仁成と中山美穂 離婚後「前向き発言」の明暗

「きちんとした媒体でお話しさせていただくつもりです」 先月、夫でミュージシャンの辻仁成(54)と離婚後、自身のツイッターでそう呟いていた中山美穂(44)が、予告通り、「きちんとした媒体」の女性誌「美ST」(光文社)の表紙を飾り、独占告白が掲載されて話題になっている。 中山によると、家族と暮らしていたフランスでは通常、離婚しても親権は半分。両親が交互に子育てをするのが…

シングルマザーを演じるが…/(C)日刊ゲンダイ

主演でシングルマザー役も…中山美穂を悩ませる“親権問題”

女優の中山美穂(44)は、歌手で作家の夫、辻仁成(54)との離婚準備を着々と進めているようだ。 5月25日にスタートする野島伸司オリジナル脚本のドラマ「プラトニック」(NHK・BSプレミアム)で主演を務めるそうだが、中山の役どころは“シングルマザー”。まるで未来を暗示するかのようだ。 心臓疾患を抱える娘のために生きてきた女性が年下の青年と恋に落ちるというストーリーで…

息子と過ごす日常をツイッターにつづる辻仁成氏

辻仁成氏が報道に苦言「ツイッターは前後の流れも大事」

作家の辻仁成氏(56)が16日、自身のツイッターで一部スポーツ紙の報道に苦言を呈した。 辻氏のツイートは「最近、デイリースポーツさん、私のツイートをそのまま記事にされますが、どうなのでしょうね」と始まり、「今回は、ツイートひとつだけ記事にされてますが、ツイッターは前後のツイートの流れも大事。気になるツイがあるなら、取材申し込んで頂ければ、難しい場合ももちろんあります…

編集長に就任した辻仁成

辻仁成 元妻・中山美穂のお友達と一緒に仕事のワケは?

作家でミュージシャンでシングルファーザーの辻仁成(57)に、また新たな肩書が加わった。21日にウェブマガジン「デザインストーリーズ」を立ち上げ、編集長に就任したのだ。 〈活字離れ久しいこの時代に、あえてもう一度物語の力を〉という思いを胸に創刊したそうで、〈海外で生きる日本人の物語を伝えたい〉とも意気込んでいる。日本画家の千住博氏、建築界のノーベル賞ともいわれるプリツ…

“きちんとした媒体”って?/(C)日刊ゲンダイ

辻仁成と形勢逆転…中山美穂に“ネット世論逆風”の大誤算

芥川賞作家で歌手の辻仁成(54)と、ようやく離婚できた女優の中山美穂(44)。11日付の自身のツイッターで<あまり多くは語りたくありませんが、きちんとした媒体でお話させて頂くつもりです。>と意味深なことをつぶやいていたが、どうやら「心中穏やかじゃない」(芸能ライター)らしい。 「中山サイドにとって重要だったのは、芸能界に本格復帰するために、いかにイメージを崩さずに離…

本格復帰は歌手業から?/(C)日刊ゲンダイ

ドラマ主演に歌手復帰も…中山美穂“昔の名前”の商品価値

作家でミュージシャンの辻仁成(54)と離婚協議中の中山。今回の帰国はNHK BSプレミアムの主演ドラマ「プラトニック」(5月25日スタート)の撮影のためで、長男(10)も同行。これから2カ月、日本に滞在するという。 「撮影のための帰国ですが、この間に辻氏との離婚協議も決着をつけたい。ただ、辻氏も息子の親権については譲らない構えなので長期化するかもしれません」(芸能…

世間の評価は逆転?/(C)日刊ゲンダイ

子供より恋人を選びパリへ 暴落する中山美穂のイメージ

8日に中山美穂(44)との離婚成立を自身のブログで発表した辻仁成(54)。「今後は息子とふたりで生きていくことになります」「ぼくと生きたいと望んでくれた息子の気持ちにこたえられるよう、父親としても頑張りたいと思います」とつづり、長男(10)の親権は辻が持つことも明らかになった。これに対し、中山は「ツイッター」で意味深なつぶやきを繰り返すのみ。ツイートに関する報道に「…

意外に共通点が多い2人/(C)日刊ゲンダイ

離婚はむしろプラス 中山美穂が目指す“第2の岸恵子”

中山美穂(44)とミュージシャン・作家・映画監督の辻仁成(54)の離婚報道が賑やかだ。 入籍は02年。その後の中山はパリに移住し、04年には長男を出産し、パリに拠点を置き、日本とフランスを行ったり来たりして子育てと女優業をこなしてきた。これまで辻とのすれ違いが取り沙汰されてきたこともあり、さもありなん。 今月24日、久々に都内でのCM発表会に登場して息子について聞か…

舞台の魅力にハマった?

中山美穂“復活のノロシ”は下北沢から 居酒屋で酌する姿も

作家でシンガー・ソングライターの辻仁成氏(57)との協議離婚が成立したのは、14年7月。一人息子の親権を辻に譲り、母より女でいることを優先したためバッシングの嵐が吹き荒れたミポリン。パリから帰国後の芸能活動はパッとしないが、こんな意外なエピソードが聞こえてきた。 今年3月に下北沢で舞台「魔術」に主演後は演劇関係者の集まりにもちょくちょく顔を出しているそうで、「あの…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のグルメ記事