日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「水野美紀 映画」に関する記事

映画でフルヌードも披露/(C)日刊ゲンダイ

清純派から熟女に脱皮…水野美紀「テレビ本格復帰」の裏事情

TBS系の金曜ドラマ「家族狩り」で、水野美紀(40)が熟女の魅力を放っている。元夫のDVに悩みながら息子を育てる役柄。遠藤憲一(53)扮する刑事に思いを寄せる設定だ。 若い頃は清純派で売ってきた。「踊る大捜査線」では、被害者遺族で後に警官となる柏木雪乃役。アイドル的な役回りを演じている。それが年齢を重ねて不幸な役柄が似合うようになった。3年前、映画「恋の罪」でフルヌ…

原作の設定を生かしつつ現代風に書き換えた

TV見るべきものは!!

バカリズムが巧みにデフォルメ 「黒い十人の女」脚本の妙

水野美紀(舞台女優)、佐藤仁美(ドラマAP)、MEGUMI(脚本家)、成海璃子(テレビ局受付嬢)、そしてトリンドル玲奈(若手女優)もいる。これから登場する愛人も含め、船越P、モテすぎだろう。 脚本のバカリズム(写真)は、原作の設定を生かしながら舞台を現代に移し、今どきのテレビ界・芸能界の生態を巧みにデフォルメして描いていく。先週も、水野美紀演じる舞台女優の活動を「情…

厚労官僚役の仲村トオル/(C)日刊ゲンダイ

「バチスタ4」1ケタ低迷…仲村トオルの演技に「濃すぎ」の声

脇役陣も柳葉敏郎、水野美紀、栗山千明と、それなりに達者な役者が揃っている。 「ただちょっと、仲村さんの演技が濃すぎる感じがするんです」とは、ある制作スタッフだ。 「仲村さんは30年のキャリアがあるベテランで、もちろんうまい。ただ、シリーズ物ではよくあるんですが、回を重ねるごとに役柄に入り込みすぎてしまう。たとえば、仲村さん演じる白鳥も、より白鳥らしく演じようと1作目…

振り切った演技が爽快な田中麗奈(左)と水野美紀

あれもこれも言わせて

冬ドラマのお勧め2本 ぶっ飛んだ田中麗奈と水野美紀の芝居

その恋人・奥川康太(三浦翔平)、元カレ・森山信(大谷亮平)とその妻・蘭(水野美紀)。凄いことになっているのが水野だ。夫が浮気しないかGPSで監視。通り魔に襲われそうになった大谷亮平をかばい、足を刺され、杖なしでは歩けない体に。その償いから大谷は結婚したのだが、ことあるごとに「足が痛い」「足さすって」と夫にさすらせる。 「スチュワーデス物語」の片平なぎさを思い出してし…

左から清水富美加、バカリズム、水野美紀

あれもこれも言わせて

オススメは「黒い十人の女」 深夜ドラマに見どころ多し

水野美紀、佐藤仁美、成海璃子、トリンドル玲奈、MEGUMI……と愛人役の女子も満足そう。 愛人たちがやたらとたばこを吸うのはバカリズムがヘビースモーカーだからなのか。いまどき喫煙推奨とは。いろんな意味でチャレンジング。 ほかにも、テレ東系「勇者ヨシヒコと導かれし七人」と「潜入捜査アイドル・刑事ダンス」もばかばかしく、振りきれている。社屋を移転してもテレ東クオリティー…

None

業界騒然 キムタクが「ドラマ番宣」に駆けずり回る“深刻事情”

木村の希望がかなったのか、実際に同ドラマの出演者は妻役の上戸彩をはじめ、西田敏行、水野美紀、田中圭、新井浩文、光石研、渡辺いっけい、及川光博など、映画がまるまる2本は撮影できそうな豪華レギュラー陣に加え、さらに毎回、ゲストが登場。 「初回は香川照之、第2話には、ココリコの田中直樹、第3話には蓮佛美沙子らがメーンゲストで登場。ほかにも、第1話には高級クラブのママ役で…

交際4カ月でゴール/(C)日刊ゲンダイ

元CAと交際4カ月で結婚 伊藤英明の華麗なる「女の履歴書」

名前が取り沙汰された有名人だけでも、元フジテレビの中野美奈子アナ、加藤あい、米倉涼子、黒木メイサ、水野美紀、山田優、あびる優……。 その他にもモデルやホステス、某アイドルグループのメンバーなどが入れ代わり立ち代わり。もはや男の敵というしかないモテぶりである。 「伊藤の場合、その手の証言は枚挙にいとまがない。海老蔵とは散々、乱痴気騒ぎを起こしてきた盟友です。ともに女…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事