日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「金子千尋 年俸」に関する記事

山口俊は3年で総額7億円

FA山口が菅野とほぼ同額…巨人の“給与体系”に評論家苦言

オリックスの金子千尋(33)は4年契約2年目の今季、7勝9敗と負け越した。長期契約を結んだ昨季から2年連続7勝止まりにもかかわらず、年俸は現状維持の5億円。同6億円だった広島の黒田が引退したため、現時点で球界最高額となっているのだ。 阪神の鳥谷敬(35)もしかり。来季は5年契約3年目のため、年俸4億円は変わらない。成績は打率.236、7本塁打、36打点。遊撃のレギ…

ナンボでも稼いでくれ/(C)日刊ゲンダイ

ひねくれスポーツ論

金子千尋よ、もらったカネは大事に使えよ

唯一話題に上るのがFA宣言で高値の買い手を待つ金子千尋(31)ぐらい。セ・リーグの在阪球団が4年で20億円を提示したとか、負けじと所属する球団も3年で15億円だとか、寒風に立てる襟とてない庶民としては夢物語。 日本の平均的サラリーマンの生涯総収入は多くて3億円。うち出費は生活費に2億円。マイホーム建てりゃ6000万円、子供2人を大卒まで育てて6000万円、出費総計3…

球界最高年俸のオリックス金子

ケガ再発懸念絶えず オリ金子「年俸5億円」の不良債権度

14日、オリックスの金子千尋(32)が契約を更改した。今季は開幕出遅れに加えて2度の登録抹消もあり、16試合で7勝6敗、防御率3.19。チームは5位と低迷したこともあって大幅ダウンが当然だが、昨オフに4年総額20億円の複数年契約を結んでいたため、現状維持の年俸5億円にサインをした。 今オフは年俸5億1000万円だった阿部、5億円の杉内と巨人の2選手が大幅ダウン。球…

「規律は守る」と原監督(左)/(C)日刊ゲンダイ

オリ金子で場外乱闘勃発 ソフトB企む“荒業”に巨人が嫌悪感

国内FA権を行使したオリックスのエース金子千尋(31)の獲得に乗り出すソフトバンクが、驚きの条件を用意していることが分かった。 複数の球団関係者の話を総合すると、その額は年俸7億円の4年契約。これに、出来高が加えられ、総額では30億円を軽く超えるというのだから破格も破格である。 「金子の今季年俸は2億円。国内FA選手の年俸は、移籍1年目は据え置きというルールがある…

海を渡れば給料は4倍に/(C)日刊ゲンダイ

オリ金子「投手3冠」ほぼ手中 メジャー移籍なら年俸いくら?

オリックスのエース、金子千尋(30)が30日の楽天戦に先発。チームの優勝争いに絡み、中5日での登板だったにもかかわらず、7回112球を投げ9安打3失点。今季16勝目(5敗)を挙げ、防御率(1.98)、奪三振(199)を含めた投手3冠をほぼ手中に収めた。 すでに8月末に国内FA権を取得。今オフに移籍が濃厚といわれるが、チーム関係者の間では「育ててくれた球団への恩もあり…

鳥谷は残留すれば、破格の好待遇/(C)日刊ゲンダイ

資金豊富で補強も大盤振る舞い…懲りない阪神の“金満体質”

外様選手と助っ人にとって、阪神は天国ですよ」(某球団編成担当) さらに今度は、入札制度によるメジャー挑戦を断念した金子千尋(31)の争奪戦にも参戦。25日、南球団社長は「もうちょっと調査を進める。獲得する方向で調整する」と明言した。関係者によると、「オリックスが3年15億円程度を提示しているとみられることから、阪神はそれ以上、3年18億円は用意するのではないか」とい…

金子は結局オリックスに残留/(C)日刊ゲンダイ

金子も逃がし補強全敗の阪神にファンが「イチロー強奪」提言

24日にオリックスからFA宣言した金子千尋(31)が残留を表明。「同僚選手と優勝したい気持ちが強かった」と話した右腕を取り逃した阪神の中村GMは、「今回は初めから雲を掴むレベル。当然、攻めなきゃいけないと思ったが、結果は予想されたというか……」と苦悶の表情だった。 これで阪神は今オフの補強で全敗。山井(中日)、宮西(日本ハム)はそれぞれ残留、成瀬はヤクルト、中島はオ…

両チームはグラウンド外でも火花/(C)日刊ゲンダイ

有力FA選手補強巡り…巨人vs阪神“争奪合戦”早くも勃発

この2球団が手を挙げれば、ソフトバンク以外は指をくわえて見ているしかない」 今オフのFA市場の最大の目玉といえば、オリックスの右腕・金子千尋(30)。日本球界屈指の好投手はここまで12勝4敗、防御率1.70、177奪三振でリーグ3冠。昨年は球団からの複数年の提示を断り、単年契約を結んだ。オリックス内では、「金子が来年の海外FA権取得を待ってメジャー挑戦するとなれば来…

オリ金子は今季“背水の陣”

周囲が理由詮索 “平常運転”のオリ金子に年俸5億円の呪縛

オリックスの金子千尋(32)が定期的にブルペンに入る姿に驚いたのだ。 金子といえば、マイペース調整が代名詞。ここ数年のキャンプではブルペンはおろか、開幕まで実戦にもほとんど投げなかった。それでいて、13年は15勝、200奪三振。14年は最多勝と最優秀防御率の2冠を手にし、沢村賞にも輝いた。 それが今季は違う。ブルペンに何度も足を運び、キャンプ終盤には韓国斗山との練習…

進路決定はいつ?/(C)日刊ゲンダイ

またも進路口にせず…オリ金子が「残留」をもったいぶる理由

オリックスから国内FA宣言した金子千尋(31)が8日、都内ホテルで行われた「プロ野球最優秀バッテリー賞」の授賞式に出席。授賞式では選考委員の一人である有藤通世氏(現評論家)から、「オリックスを出たいのなら、(チームを)優勝させてから出て行ってほしい」と残留を要請され、思わず苦笑い。その後の囲み取材でも、「来季オリックスを優勝させてから(移籍)?」という質問に、「そ…

3安打3打点と連日爆発のゴメス/(C)日刊ゲンダイ

阪神CS3連勝も…中日・山井残留で「補強」は全敗の可能性

オリックスのエース金子千尋(30)、関西出身の日本ハムの宮西尚生(29)らも獲得候補に挙がるが、さる代理人筋がこう続ける。 「金子は自らの進退について周囲に語っていないこともあり、あまり動向が見えてこないが、金子家に昨年、第2子が誕生し、家族は実家のある長野にいることが多いと聞く。オリックスの周辺からは、『仮にFA宣言しても、長野に足を運びやすい在京球団を選ぶんじゃ…

ヤ軍はポストシーズン進出ならず/(C)AP

古巣幹部が“意味深発言” イチロー「オリックス復帰」に現実味

仮に2人が移籍したとしても、悪いことばかりじゃないんだよ」 今月上旬、オリックスの幹部に、今オフFA移籍が濃厚といわれるエース・金子千尋(30)と守護神・平野佳寿(30)が抜けた場合の来季チーム構想について直撃すると、こんな答えが返ってきた。 毎年確実に2ケタ勝利が期待できるチームの大黒柱と150キロ超えの直球を武器に力でねじ伏せる豪腕ストッパーが移籍となれば、チー…

引き留めは期待薄/(C)日刊ゲンダイ

“パのエース”オリ金子 それでも球団の本音は「移籍大歓迎」

27日のロッテ戦に先発したオリックスの金子千尋(30)が7回1安打無失点の好投。田中がヤンキースに移籍した今、改めてパのエースであることを証明した。 順調なら今季終盤に国内FA権を取得。オフの去就に注目が集まっており、瀬戸山球団本部長は「絶対に流出させてはいけない選手」と話すものの、むしろ放出したいというのが本音だろう。 ■高給取りをどんどん放出 瀬戸山本部長とい…

メジャーでの評価はガタ落ちのイチロー/(C)AP

37億円補強のオリックス企むイチロー獲得の“ウルトラC”

FA宣言したエースの金子千尋(31)も残留させようという勢いだ。札束攻勢で選手をかき集め、さすがにお腹いっぱい、これで打ち止めかと思ったら、さらにとんでもない大物の獲得を画策していた。 米大リーグ、ヤンキースからFAになったイチロー(41)だ。 イチローの今季年俸は約7億8000万円。37億円使って、さらに超大物メジャーリーガーを獲得しようというオリックスの金庫はい…

大谷翔平は160キロをマークしたものの/(C)日刊ゲンダイ

侍J勝ち越しも…魅力なき日米野球に騒ぐメディアの勘違い

メジャー志向の前田健太(26=広島)や金子千尋(31=オリックス)らにとって、今回の日米野球は相手ベンチやネット裏のメジャー関係者に自分をアピールする格好の舞台。意欲を燃やすのは当然だし、日本代表にとっても今回の日米野球に力を入れる事情があるという。さるマスコミ関係者がこう言った。 「侍ジャパンが今月、株式会社化され、収益拡大は最重要課題。日米野球で好勝負を演じれ…

巨人、阪神も興味を示す中日・山井/(C)日刊ゲンダイ

監督代わり本腰 FA戦線に殴り込むヤクルトの“注目投手”

争奪戦が予想されるオリックスの金子千尋(30)もマークを続けている。 人件費はバレンティン、ミレッジに今年は計4億円程度の大金を投じているものの、日本人選手に限れば、12年度から約2億円の圧縮に成功。不調のナーブソン、カーペンターの2人の助っ人の契約延長は微妙で、解雇となれば2人の年俸を合わせた約130万ドル(1億3000万円)も浮く。 ■好調な売り上げ 「2年連続…

None

更改交渉長期化も…オリックス金子が単年契約を譲らない理由

オリックス・金子千尋(30)が契約交渉で揉めている。 9日、1回目の交渉に臨み、「いろいろと(条件を)提案されたので」と結論を保留。話し合いは物別れに終わった。 プロ9年目の今シーズンは奪三振王のタイトルを獲得。楽天・田中に次ぐリーグ2位の15勝をマークした。このまま順調にいけば来オフにも国内FA権を取得する可能性がある。球団はエース流出を防ぐため、3~4年の複数年…

右肘を手術したばかりの金子/(C)日刊ゲンダイ

疑われた挑戦の“本気度” メジャーで「オリ金子株」が大暴落

「本気で行きたかったのかな? という疑問はありました」 今オフ、入札制度によるメジャー移籍を断念したオリックスの金子千尋(31)について、メジャーに詳しいスポーツライターの友成那智氏がこう言った。 「金子がシーズン終了後にメジャーに行きたいと言い出したのは唐突な感がありました。過去に金子のようなケースはありません。ダルビッシュ、田中、岩隈らはみな代理人を通すなどして…

パのMVPを受賞した金子/(C)日刊ゲンダイ

金子もグラリ? 小谷野の契約内容に見えたオリの“札束攻勢”

オリックスからFA宣言した金子千尋(31)の去就が、徐々にだが見えてきた。それはこのオフのオリックスのカネの使い方とリンクしている。 26日、日本ハムからFA宣言していた小谷野栄一(34)がオリックス入りを表明。条件は「3年3億円」といわれている。「とにかくオリックスのカネの使い方は尋常じゃありません」と、さる日ハムOBがこう言った。 「小谷野は日ハム残留なら、年俸…

オリ残留か、国内移籍か?/(C)日刊ゲンダイ

金子メジャー先送り 球団が「入札金」より固執するリーグ優勝

オリックスからFA宣言、去就の注目されていた金子千尋(31)が24日、今オフのメジャー挑戦を断念することを明らかにした。「今オフのポスティングはしない方向で考えている」とは本人だ。 これによって金子はオリックス残留か、国内球団への移籍かのどちらかになるものの、周囲の関係者によれば「金子は今後、オリックスと年俸5億円で再契約。来オフ、ポスティングで米球界に挑戦する」…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事