日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「安倍晋三 日程」に関する記事

None

永田町の裏を読む

総裁任期「3期9年」か実現するかは別の話

安倍晋三首相とその側近たちは、昨年来、伊勢志摩サミットを受けて衆参ダブル選挙だ、プーチン来日で北方領土返還祝賀選挙だ、それがダメなら「真珠湾」選挙だと、まあ年がら年中“解散風”を吹かせて、それを政局運営のテコにしてきたというのに、どうしたことなのか。自民党のベテラン秘書氏に聞くと、こう言う。 「ひとつには、解散をちらつかせすぎて狼少年のようになって誰も本気にしなくな…

None

昭恵夫人 2泊3日蔵王温泉スキー満喫の厚顔

3年前から「安倍晋三内閣総理大臣夫人」の肩書で名誉会長に就いている。森友学園が開校する右翼小学校とは百八十度異なり、映画「バブルへGO!!」を彷彿させるチャラそうなイベントだ。実行委員会の顧問は、成蹊大で安倍首相と同窓のホイチョイ・プロダクションズの馬場康夫社長が務めている。 3日の“前夜祭”で参加者はイタリア料理「ラ・ベットラ・ダ・オチアイ」の落合務シェフが作った…

石原都連会長(右)と内田都議は首を洗って待つしかない?

独走の小池百合子氏 都知事就任後は都連トップを“制圧”か

ドンの力が弱まれば、都議会自民党の力も弱体化する可能性があります」(自民党事情通) このままでは、国会は安倍晋三、東京都は小池百合子という2人の強権政治家に支配されかねない。…

不敬にもほどがある

巻頭特集

審議前に生前退位を既成事実化 この国に国会は必要なのか

■有識者会議の役割は何だったのか 新聞報道では、「政府関係者によると、安倍晋三首相は今月に入って菅義偉官房長官、杉田和博官房副長官と退位に関する法整備などについて協議した」とも書かれていた。これが全くのガセというのなら、書いた新聞社に徹底抗議するべきだろう。天皇退位は、それくらい重いテーマだ。3人の密談で決めていいような話ではない。 リーク報道によれば、衆参両院の…

次は任期延長に照準

永田町の裏を読む

参院選の大勝で党総裁任期延長に照準を定めた3つの理由

永田町の事情通に聞くと、安倍晋三首相は参院選の大勝を得た後、自身の自民党総裁としての任期延長にはっきりとターゲットを絞って、それを軸に政局運営を図っていく腹を固めているという。 周知のように、自民党総裁は2期6年までとされていて、昨年9月に再選された安倍の任期は2018年9月までだが、党則を変更して3期9年とし、何と、21年まで居座ろうという魂胆である。 理由は3つ…

ノーベル経済学者を招いて増税延期の口実づくり

消費税増税 新聞が決して書かない真相

増税延期ならば、既存メディアはますます安倍批判ができなくなる

反権力的な番組を流した放送局の電波停止を示唆した高市早苗総務相の発言など、安倍晋三政権のメディアコントロール戦略だけを指すのではない。恐ろしいのは圧力よりも自滅だ。 国民の「知る権利」を代行し、権力の暴走をチェックするべきジャーナリズムの機能が喪失したら、民主主義は成立しなくなる。ともあれ多くの読者に危機的状況を知っていただき、幅広い議論が喚起されること以外に再生へ…

安倍首相と橋下大阪市長

大阪都構想投票前日 安倍首相「関西1泊視察」に飛び交う憶測

安倍晋三首相だ。 安倍首相の週末の地方出張が菅官房長官の口から発表されたのは、13日だった。16、17日の2日間、兵庫県と和歌山県を訪問する。神戸市では阪神大震災のモニュメントや復興した中小企業、神戸港などを訪れ、女性企業家らと意見交換。和歌山では、高野山の真言宗総本山である金剛峯寺や熊野古道に行き、観光振興の取り組みや林業の現場、台風被害からの復旧現場を視察する予…

米国を「失望」させた昨年の靖国参拝/(C)日刊ゲンダイ

安倍首相「真榊奉納」で苦悶…直後にオバマ来日のジレンマ

苦肉の策として首相名ではなく、『私人・安倍晋三』として、真榊を奉納することになるかもしれません」(政界関係者) 果たして、どうするのか。これは見モノだ。…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事