日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

平野美宇特集

平野美宇も“中国留学”で成長

アジアV平野美宇も中国で覚醒 有望選手に海外修行の勧め

女子卓球の平野美宇(17)は卓球のアジア選手権(中国・無錫)シングルス準々決勝で、世界ランク1位でリオ五輪個人・団体金の丁寧(26・中国)を破ると、準決勝では同2位、決勝も同5位の中国選手に3-0のストレート勝ちで優勝。日本勢としては、96年の小山ちれ以来、21年ぶりの頂点に立った。 リオ五輪で補欠だった平野は、昨年10月のW杯(米国)を大会史上最年少となる16歳…

成長著しい平野

リオ女王破る大金星 “世界一撃破”平野美宇17歳の伸びしろ

中国(無錫)で行われている卓球のアジア選手権女子シングルス準々決勝で、平野美宇(17=世界ランク11位)が、リオ五輪団体・個人で金メダルの丁寧(26=同1位)を0-2から大逆転で破った。 平野は昨年10月、中国のスーパーリーグに参戦した時は丁寧に0-3で完敗。これまで1ゲームも取ったことがない世界最強に勝って両手を上げ、ジャンプして喜んだ。 東京五輪の女子卓球は、エ…

平野美宇は高校の通信制で学ぶ

卓球W杯女子S初Vの平野美宇は“メダリスト養成所”育ち

米フィラデルフィアで行われた卓球女子W杯シングルスで、日本勢初優勝を果たした平野美宇(16)が11日に帰国。「あまり調子はよくなかったけど、1試合ずつどんどん調子が上がっていき、決勝の時は絶好調だった。夢のようだったし、めちゃうれしかった」と言って笑顔を見せた。 平野は大原学園高(通信制課程)の1年生だが、日本オリンピック委員会(JOC)のエリートアカデミーに所属…

格上選手を次々と破って優勝

東京五輪へ好材料 平野美宇がW杯最年少Vで若手が主役に

卓球女子の平野美宇(16=最新世界ランク17位)は9日、米国・フィラデルフィアで行われたW杯シングルス決勝で、台湾のチェン・イーチン(24)を4―0で下し日本選手として初優勝。公式サイトによると大会最年少優勝だという。 今大会は中国選手が欠場しているとはいえ、平野がラスト3試合で倒した相手はすべて格上だった。準々決勝では、リオ五輪日本代表で同11位の伊藤美誠(15…

全日本準優勝の平野美宇

全日本3連覇の石川佳純も認めた“天才中3”平野美宇の実力

卓球の全日本選手権女子シングルスは、石川佳純(22=世界ランク7位)が、15歳の平野美宇(同18位)を4-1で下し、女子では史上4人目となる3連覇で4度目の優勝を果たしたが、改めて存在感を見せたのは敗れた平野の方だ。 準決勝では15歳対決となった伊藤美誠(同12位=リオ五輪女子団体戦代表内定)を4-0のストレート勝ちで下し、初の決勝では女王石川から1セットをもぎ取っ…

日本生命女子卓球部の指導とジュニアの育成に励む(ニッセイ体育館にて)

リオ女子卓球団体“誤算の真相”

若手台頭、中国に異変…卓球取り巻く環境はどう変わる

例えば、16歳の平野美宇や早田ひなは今でも20位前後にいますから。リオの3人に追いつく可能性は十分にあります。浜本由惟(18)、加藤美優(17)、橋本帆乃香(18)、佐藤瞳(18)もまだ10代です。代表に入ってくる可能性はあります」 ――卓球王国・中国の情勢はどうですか。 「故障やアクシデントがない限り、次回の五輪は丁寧(26)、劉詩ブン(25)、そしてリオ五輪の補…

ダークホースの17歳

世界卓球トップ内定 “4人目”加藤美優が黄金世代を脅かす

5人ある世界卓球の出場枠のうち、残りの3枠を選考会で敗れた早田ひな(16)や浜本由惟(18)、選考会に参加しなかった平野美宇(16)らで争うことになる。 伊藤、平野、早田の3人は国内卓球女子の「黄金世代」と呼ばれている。ちょっと早い話だが、東京五輪の出場枠3は、キャプテンが予想される石川を除き、この「黄金世代」で2枠を奪い合うとみられている。 しかし、「私を忘れちゃ…

(左から)世界ジュニア選手権女子団体で優勝した伊藤美誠、平野美宇、加藤美優、早田ひな

五輪候補に急浮上 「黄金世代」新ヒロイン早田ひなの実力

早田は、リオ五輪代表の伊藤美誠(16=同9位)や、10月のW杯米国大会で日本人初優勝(大会最年少記録)を成し遂げた平野美宇(16=同11位)と同じ2000年生まれ。前卓球女子日本代表監督の村上恭和氏(現日本生命女子卓球部監督)によれば、「福原愛、石川佳純など、個別に才能のある選手はいたが、ここまで能力のある選手が揃った世代はない」という。よってこの3人は「黄金世代…

平野美宇(左)と伊藤美誠は共に16歳

ライバルは国内に 日本卓球「東京五輪」出場枠争い激化

出場したのは伊藤美誠(16=世界ランク9位)、平野美宇(16=11位)、早田ひな(16=24位)。5連覇中の中国を3―1で破り、王者に土をつけた。 中国にとって卓球は「勝って当たり前」のお家芸だが、いま中国内では卓球人気が低迷。強すぎるがゆえに刺激がなく、国民の関心が薄れつつあるのだ。その代わりに国が力を入れ始めたのがサッカー。巨額の資金を投じて南米やヨーロッパの監…

相性抜群の平野美宇と並ぶ伊藤美誠(上段右から2人目)

アジア予選代表に内定 リオ団体戦の鍵握る伊藤美誠の課題

それはペアを組む同じ中3の平野美宇(15)との相性の良さからだ。 日本協会ではダブルスで伊藤を福原、石川と組ませてワールドツアーなどに参戦させて、コンビネーションの徹底を図る。リオでは対戦相手に合わせて柔軟にペアを入れ替える方針だが、3人の息が合わないようでは団体でのダブルスは望み薄。2大会連続表彰台を目指す日本に残された時間は多くない。…

伊藤美誠(後列右から2番目)と平野美宇(同3番目)

王子コーチ明かす 卓球「中3ペア」平野・伊藤の恐るべき実力

平野美宇(15)、伊藤美誠(14)の中学生ペアは揃って「ダブルスでの目標はメダルを取ること」と表彰台を誓った。欧州勢に多いカットマンタイプを苦手にしているため、18日から行っている合宿では入念な対策に取り組んだそうで「十分にやってきたので、試合でも出せるようにしたい」(平野)と自信を見せた。 ジュニアながら、昨年12月のワールドツアー・グランドファイナルでは日本勢…

年間「億」を稼ぐ石川佳純(左)と福原愛/(C)日刊ゲンダイ

14歳ペア優勝で200万円 卓球選手は年収「億」も夢じゃない

女子ダブルスでは14歳の中学生ペアの平野美宇、伊藤美誠が制し、日本勢初の快挙を成し遂げた。男子のエースである水谷は昨季、ワールドツアー7戦に出場し、優勝2回、準優勝2回など、いずれもベスト16以上に入った。ワールドツアーだけで約1500万円の賞金を稼いでいる。 日本の女子卓球界を牽引する福原愛(26)、石川クラスのトップ選手になれば賞金の他、卓球の各種イベント出演、…

全日本選手権で連覇した平野・石川組/(C)日刊ゲンダイ

女子卓球・平野早矢香が世界選手権「代表落ち」の建前と本音

が、4月の世界選手権(中国)の女子ダブルスの代表に選ばれたのは、平野美宇と伊藤美誠の14歳コンビだった。 これに怒ったのが平野早矢香が所属するミキハウスの木村皓一社長(69)だ。近日中に社長名で、選考の見直しなどを求める抗議文を卓球協会に提出するという。 女子日本代表の村上監督はラリー派の「平野・石川」では「敵が多すぎて世界では勝てない」と説明。速攻タイプの14歳コ…

体格面で不安(左から石川、福原、平野)/(C)日刊ゲンダイ

東京五輪では卓球日本代表も「中国系」が席巻する可能性

女子のジュニアには、ドイツ・オープンのダブルスを史上最年少の13歳で制し、翌週のスペイン・オープンにも勝った平野美宇、伊藤美誠など逸材がゴロゴロいるが、体格面が不安だ。ロンドン五輪のシングルスで金、銀を分けた中国の李暁霞や丁寧はいずれも170センチ以上。福原や石川より10センチ以上も高い。女子日本代表の村上監督も、素質のある大型プレーヤーの出現を望んでいる。 そん…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事