日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「安倍晋三 応援」に関する記事

None

籠池理事長証人喚問

盟友だった若松孝二監督(左)と

あの人は今こうしている

映画「断食芸人」足立正生監督が語る日本赤軍との日々

この事件が遠因で安倍の次期総理の目がつぶれたってウワサもあり、息子の安倍晋三首相にとってオレは恨み骨髄の相手ってわけで、渡航許可なんてもってのほかなんだろうな、ハハハ」 北九州市出身の足立監督は1959年に上京し、日大芸術学部に入学。在学中に手がけた「椀」が学生映画大賞を受賞。「鎖陰」も話題になった。 「60年安保の時代だから、連日、街頭デモに繰り出した。そんなある…

安倍首相と橋下大阪市長

大阪都構想投票前日 安倍首相「関西1泊視察」に飛び交う憶測

安倍晋三首相だ。 安倍首相の週末の地方出張が菅官房長官の口から発表されたのは、13日だった。16、17日の2日間、兵庫県と和歌山県を訪問する。神戸市では阪神大震災のモニュメントや復興した中小企業、神戸港などを訪れ、女性企業家らと意見交換。和歌山では、高野山の真言宗総本山である金剛峯寺や熊野古道に行き、観光振興の取り組みや林業の現場、台風被害からの復旧現場を視察する予…

表に出たのは進次郎だけ

新「政官業」研究

ロコツだった「争点隠し」「自民隠し」の宜野湾市長選

「宜野湾で勇気づけられる勝利を得ることができた」 宜野湾市長選挙の結果を受けた翌1月25日、自民党役員会で安倍晋三首相は、そう気勢を上げた。沖縄で連戦連敗だった安倍政権では、あらかじめ敗戦を想定し「基地問題は国防の話、地域の選挙とは関係ない」と予防線を張ってきたが、参院選の前哨戦とも位置付けられる地方選挙だけに、ひとまず胸をなでおろしたのは言うまでもない。 自公の推…

None

巻頭特集

目に余る狡猾政権の印象操作

安倍晋三先生に敬愛以上のものを持っていた。昭恵夫人ともども、小学校開設にご助力いただいていると認識していた。国有地取得では神風が吹いた。なんらかの政治的関与、口利きがあったのだと思う。九分九厘できていたのに、応援してくれていた人が手のヒラを返すように離れていった。安倍首相も国会で私を「しつこい人だ」と言い出した〉 立正大名誉教授の金子勝氏(憲法)がこう言う。 「…

None

森友問題で追い込まれ… 安倍首相 地元下関市長選にシャカリキ

森友学園問題で火ダルマになっている安倍晋三首相。9日午前10時前、千代田区役所にその姿があった。今度の日曜(12日)が投開票の地元・下関市長選の不在者投票に訪れたのだった。 3人が立候補している市長選は保守分裂の構図だ。3選を目指す現職の中尾友昭候補(67)に対し、安倍が市議2期目だった元秘書の前田晋太郎候補(40)をぶつけた。現職のバックにいるのは地元選出参院議員…

19日に行われるシンポジウムのチラシ(右は、安倍首相、松井大阪府知事、籠池理事長=共同)

森友問題の原点 安倍・松井・籠池を結びつけた団体の正体

■「伝説の2・26会談」で意気投合 森友学園の籠池理事長は、安倍首相を「偉人」と称え、問題の土地に新設予定の「瑞穂の國記念小學院」も、当初は「安倍晋三記念小学校」の名称になる予定だった。だから、名誉校長には昭恵夫人が就いていた。そして、財政面も教育内容も問題だらけの学園にスピード認可を与えた大阪府知事は、安倍首相との親密さで知られる日本維新の会の松井代表である。安…

None

森友学園疑惑 キーマンは安倍首相の地元山口県防府市長!?

「松浦市長は“安倍晋三小学校”の寄付金もえらい熱心に集めてはりましたよ」(大阪市内の会社経営者) 実際、安倍との縁は深い。松浦市長の活動報告誌「青眼」には、たびたび安倍とのツーショットが登場する。14年1月15日号には、こう書かれている。 〈約35年のお交き合いになります安倍総理は“日本を取り戻す”苦しい日々を闘っておられます〉 35年というと、安倍が国会議員にな…

None

日本経済一歩先の真相

首相の「天下し」もあり得る安倍記念小疑惑

しかも、この小学校は当初「安倍晋三記念小学校」という名称で寄付を募っていた。一体、安倍首相の何を記念するのか、意味不明だが、首相本人は名前を使われたことについて「関知していない」と国会で繰り返している。 しかし、妻の昭恵夫人は名前を使われていることを確実に知っていた。名誉校長就任のあいさつの際には、その名称での打診があったことを認め、「こちら(森友学園)の教育方針…

安倍首相と野田幹事長

室井佑月の「嗚呼、仰ってますが。」

好かれようとして空振り 野田幹事長「スネ夫」話は誰得?

「日本はのび太になるか、スネ夫になるかだ」(民進党・野田佳彦幹事長/13日定例記者会見) 産経ニュースによると、野田さんは記者会見で〈イスラム圏7カ国からの入国を禁止した米大統領令に関し、内政問題だとしてコメントを避けている安倍晋三首相を藤子・F・不二雄さんの人気漫画「ドラえもん」のスネ夫に例えて批判した。〉らしい。 英のメイ首相や独のメルケル首相の発言を、「しずか…

右が「署名文書」

子育て支援団体が激怒 安倍首相「署名文書」の唖然内容

内閣府が「子供の未来応援国民運動」の1周年を記念し、今月8日付で〈総理大臣 安倍晋三〉の名入りの文書を公表した。〈日本の未来を担うみなさんへ〉と題され、総理が優しく語り掛ける文面なのだが、これに対し、無料や割安の食事を提供している「子供食堂」を運営しているNPO団体などから怒りの声が出ている。 ■ボランティア頼みの「国民運動」 日本では平均所得の半分未満の家庭で暮ら…

左から時計回り和田義明、小泉進次郎、故町村信孝、松山千春

北海道5区補選 苦戦の自民が最後にすがる3人の“集票力”

安倍首相自ら、道議や市議、道内の経済関係者など100人以上に「安倍晋三です。選挙はぜひお願いします」と直接、電話をかけている状況だ。 この先、自民党陣営は、集票力のある3人に頼るつもりだという。 「12日間という短い選挙期間なのに、自民党は党内一の人気者、小泉進次郎氏を2回も現地に入れる予定です。進次郎氏が応援演説すれば聴衆が集まりますからね。メディアも取り上げる。…

週末オススメ本ミシュラン

著者が「忘れられない」という安倍首相の冷たい言葉

「拉致問題を追い風にして総理大臣にまで上り詰めた」安倍晋三に対して、「北朝鮮による拉致被害者家族会」の事務局長だった蓮池透が挑戦状を叩きつけた。 安倍が拉致問題でがんばったというのは神話であり、被害者のことなど考えていなかったというのである。「忘れえぬ安倍晋三の冷たい言葉」と題して蓮池は書く。 安倍らが中心となって国会に提出された「拉致被害者支援法」では被害者1人当…

週末オススメ本ミシュラン

パソナ迎賓館で竹中平蔵が寄り添う和服女性

この本に詳述されているように、南部が一番親しい政治家は安倍晋三であり、官房長官の菅義偉とも近い。 2010年9月13日付の本紙は「木村剛よりもっと悪い竹中元金融相の大罪」という大見出しの記事を掲載し、「国会招致の動きも」と報じているが、パソナ人脈を探れば「大罪」はさらに明らかになるだろう。★★★(選者・佐高信)…

None

東映お正月映画不発…難破寸前の「海難1890」敗因は?

安倍晋三首相とトルコのエルドアン大統領がそろい踏みでワールドプレミアに出席、東映期待のお正月映画として鼻息荒く日本公開に挑んだ歴史映画「海難1890」に、早くも期待外れの声が出ている。 「同じ300館オーバーで全国公開され、昔の日本人の美談を描くコンセプトが似通っているライバル東宝の『杉原千畝 スギハラチウネ』はもちろん、わずか120館公開のアニメ『映画 ハイ☆スピ…

問題の意見広告(左上)と岸井成格氏

TBSは圧力に屈するのか? NEWS23岸井氏「降板説」の真偽

これを根拠に権力に批判的な放送を違法呼ばわりする発想は、立憲主義を否定し、憲法を国民の生き方マニュアルに変質させようとしている安倍晋三政権とまるで同じだ〉 「視聴者の会」には上智大名誉教授の渡部昇一氏ら“安倍応援団”が名前を連ねており、意見広告の背景には、官邸や与党の“圧力”が見え隠れする。TBSだって、このまま岸井氏を交代させたら、意見広告に屈したことになってしま…

None

巻頭特集

ついに疑獄の本丸が扉を開けたぞ

ウソとごまかしで国民を愚弄してきた安倍晋三首相だが、もう「知らぬ存ぜぬ」は通用しない。“第2の森友疑惑”といわれてきた加計学園の獣医学部新設計画について、朝日新聞が17日すっぱ抜いた文書は衝撃的だ。 文部科学省が昨年9~10月に作ったとされ、国会で民進党が同じ文書8枚をもとに追及、本紙も入手したが、国家戦略特区を担当する内閣府が、早期の獣医学部新設を求めてかけた“圧…

None

巻頭特集

蓋したはずの森友疑惑 次々と新事実

安倍晋三記念小学校」と名付けられるはずだった学校である。財務省がゴミを理由に邪魔するわけにはいかない。そんな中で、タダ同然の異常な国有地売却が断行されたのではないか。主犯・安倍夫妻、共犯・財務省だ。 財務省は森友の交渉資料を「事案終了」として「廃棄した」としているが、会計検査院は25日、「支払いが完了しないケースは、事案自体が完全に終了したと認めるのは難しい」との…

None

巻頭特集

全てが連動 戦後民主主義の破壊工作

ことの発端は、森友が新設を進める“安倍晋三小学校”の用地の払い下げ価格が伏せられていたことで、疑問を抱いた地元の豊中市議が国を提訴。この事実を朝日新聞が報じると、財務省は慌てて売却価格を公表したのだが、8億円ものディスカウントが明らかになり、国会で野党が追及したことから、複数の新聞・テレビがニュースにするようになった。 「それでも、政権への遠慮があるのか報道の腰は重…

None

巻頭特集

同じじゃないか?安倍の狂信と園児の絶叫

当初は「安倍晋三記念小学校」の名称で寄付金を募り、新設小学校の名誉校長には先週まで昭恵夫人が就任していたため、安倍首相は予算委で連日、この問題を追及されている。 安倍はイラ立ちを隠さず、ブチ切れたり開き直ったりと醜態をさらしているが、与党関係者によれば「まだまだ余裕の構え」なのだという。大マスコミが味方だからだ。さすがに、これだけ問題が拡大してくると、安倍応援団のメ…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事