日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

長谷川平蔵特集

細面の二枚目で渋声 アニメで蘇る「鬼平」の魅力と見せ場

■声優はブラピ担当 アニメ鬼平はどんなイメージなのか? 昨年、試写会で披露された長谷川平蔵にはとにかくびっくり! 癖毛のラフな髪に細面の二枚目。かなり若々しい印象だ。声は海外ドラマでブラッド・ピットなどを担当するベテラン声優の堀内賢雄氏。キレのよさに渋みが少々。声も新イメージの鬼平だ。 物語は第1話「血頭の丹兵衛」をはじめ、「暗剣白梅香」「盗法秘伝」など人気のエピ…

「闇の平蔵」逢坂剛著

火付盗賊改・長谷川平蔵が、手先のりんを連れて市中見回り中、八辻ケ原で騒ぎに遭遇する。若侍が父のあだ討ちをするところだった。聞くと、新三郎と名乗った若侍に父の敵・西上伊賀之助と名指しされた男は、人違いと抗弁していたが、やがて伊賀之助であることを認め、2人は翌夕、王子の飛鳥山で決着をつけることで話がまとまる。 平蔵は2人のやりとりに不審を抱き、伊賀之助を尾行。りんには新…

鬼平犯科帳「五年目の客」から

「鬼平犯科帳」魅力の真髄

長寿人気を支えた 目、耳、舌を楽しませる仕掛け

「鬼平」魅力の第一は主人公長谷川平蔵の人柄だろう。妾腹に生まれ、若いころには放蕩三昧。剣は凄腕でちょっとワル。これで女にモテないわけがない。その後、火付盗賊改方長官となった平蔵は、自分が見込んだ盗賊を密偵にする。その信頼に命がけで応える配下の者たち。人の世の裏表を知り尽くしたおとなの男、厳しさと温情を併せ持つ鬼平はしばしば理想の上司といわれる。事件探索のサスペンス…

第3シリーズ「密偵たちの宴」から

「鬼平犯科帳」魅力の真髄

スネに傷持つ密偵たちが一本筋を通すカッコよさ

「鬼平犯科帳」の主人公、火付盗賊改方長官長谷川平蔵(中村吉右衛門)を陰で支えているのが元盗賊の密偵たち。尾行、張り込み、潜入、密告……スリリングな密偵たちの活躍は、ドラマの大きな柱といえる。 おなじみのレギュラー密偵は5人。若き鬼平が放蕩生活をしていたころからのつきあいがある相模の彦十(江戸家猫八、長門裕之)。元盗賊の頭領で貫禄のある大滝の五郎蔵(綿引勝彦)、変装や…

イラスト・クロキタダユキ

この映画の決めゼリフ

鬼平犯科帳(1995年 日本)

中村吉右衛門演じる火付盗賊改方・長谷川平蔵は男もしびれる豪傑。 「ためらうな! 迷うな! 一歩も引くな!全ての責めは俺が持つ」 部下に向かって、こんな頼もしいこと言ってくれる上司に出会ったことありますか? 僕はありませんが、男として惚れ惚れしてしまいます。悪者も惚れてしまうのも納得です。 盗賊頭(岩下志麻)のお豊もコロリ。でも、うまくはいかず、フラれてしまって、人情…

多彩な芸風で知られる

あの人は今こうしている

鬼平犯科帳で"賄い方"演じた沼田爆さん 「普段は食に無頓着」

“鬼の平蔵”こと火付盗賊改方・長谷川平蔵が活躍する「鬼平犯科帳」(フジテレビ系)。2代目中村吉右衛門が演じる平蔵を中心に同心、密偵が活躍する捕物劇は痛快だった。このドラマは料理場面も見どころのひとつで、捕物はさっぱりだが、料理には口うるさい“猫どの”と呼ばれる同心の村松忠之進が講釈を垂れていた。演じたのは沼田爆さん(75)。鬼平が終了して14年、今どうしているのか。…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事