日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「宮原知子 人気」に関する記事

すでに練習を再開している浅田真央

連盟の“権力争い”まで絡み…浅田真央「現役続行」の全舞台裏

「ポスト真央」といわれる村上佳菜子(20)や宮原知子(17)の人気は本家に遠く及ばず、昨年の全日本ジュニアを制した樋口新葉はまだ14歳だ。真央の現役続行が正式に決まれば、契約スポンサーだけでなく、スポーツマスコミだって歓喜する。 だがしかし、真央の復帰を誰より願っているのはスケート連盟に違いない。今さらではあるが、連盟にとって真央は、まさに「金のなる木」だ。スケート…

無良崇人はすでに既婚者

フィギュア国別対抗戦 協会が無良崇人に“熱視線”の理由

男女シングル、ペア、アイスダンスで競う団体戦とはいえ、今大会のファンの注目は先月の世界選手権で連覇を逃した羽生結弦(20)や同選手権2位の宮原知子(17)、昨年の四大陸選手権優勝の村上佳菜子(20)だろう。 ところが、協会関係者の多くは意外にも「別の選手」に注目を置いている。それが男子シングルの無良崇人(24)だ。 無良は14年11月のGPカナダ大会で優勝、NHK杯…

昨年のジャパンオーブンで復帰、優勝に貢献

浅田真央惨敗も 視聴率20.3%が予感させた“引退”の現実味

そして、瞬間最高視聴率を出したときリンクで滑走していたのは、優勝した宮原知子(18)でも宇野昌磨(19)でもない、ジャンプを何度も失敗した浅田真央(26)だった。 瞬間最高は24日が20.3%(21時14分)、25日が16.8%(20時2分)。いずれも真央の演技中だった。ちなみに昨年の同大会の視聴率は平均20.6%で、瞬間最高は28.8%。これも真央が滑っている場面…

福原愛(左)と浅田真央で明暗はっきり

浅田真央は全日本惨敗12位 “天才少女”愛と明暗はっきり

優勝は宮原知子(18)で大会3連覇となった。 近年の国内女子フィギュアは、安藤美姫(29)や鈴木明子(31)が次々に引退。確実に世代交代が進んでいる中、真央は今大会終了後に来季も現役続行の意思を示し、18年の平昌五輪を目指す。だが、3大会連続の五輪出場は厳しく、来年の今頃は引退報道でスポーツマスコミを賑わせているかもしれない。 思い起こせば、5歳からスケートを始めた…

これからが本番だ

NHK杯では「敵なし」の声も…復活の浅田真央に好敵手続々

NHK杯に出場する宮原知子(17)もそのひとりだ。かつては「ポスト浅田」とされながら、知名度や人気では本家に及ばず。「期待はずれ」といわれながらも弱点だったジャンプを磨き、昨季の世界選手権、四大陸選手権はいずれも2位。9月のUSインターナショナルクラシックでは完璧な演技を見せ、優勝に輝いた。 彼女たちを侮っていると、浅田は足をすくわれかねない。…

「自然と試合に出たくなった」と現役復帰を表明

弱気の現役復帰宣言 浅田真央に立ちはだかる新ライバルたち

浅田が休養している間、村上佳菜子(20)や宮原知子(17)ら日本勢は伸び悩んでいるものの、海外では10代後半の選手たちが世界を席巻し始めている。 15年世界選手権、14年GPファイナルを制したトゥクタミシェワ(18)や同GPファイナル2位のラジオノワ(16)、ソチ五輪団体金メダルのリプニツカヤ(16)というロシア勢に加え、アメリカのゴールド(19)らがそうだ。こう…

かかとを負傷し高体フィギュアは欠場/(C)AP

四大陸フィギュア6位の永井優香にテレビ関係者が熱視線

今大会で2位に入った宮原知子(16)や同3位の本郷理華(18)には今のところ実力で及ばないものの、目鼻立ちがはっきりしたルックスと身長161センチの大人びた風貌は他の日本人女子選手を圧倒する。ファンも急増中で、今やフィギュア界の密かなアイドルと言っていい。そんな経緯もあって、フィギュアを中継するテレビ関係者も永井の成長を心待ちにしているという。 「いくら好成績を残…

None

「子どもの体じゃない」…浅田真央が再び選んだ「ノクターン」の舞

7日、フィギュアスケートGPシリーズNHK杯(8~10日・東京)の開幕を前に公式練習が行われ、浅田は鈴木明子(28)、宮原知子(15)の日本勢とともに調整。ショートプログラム(SP)、フリー(FS)とも随所にトリプルアクセルを決めるなど調子の良さをうかがわせた。 来年2月のソチ五輪を最後に引退を表明している浅田は、今季をフィギュアスケーターとしての「集大成」と位置…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事