日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

楳図かずお特集

来年1月には自叙伝も出版する/(C)日刊ゲンダイ

役者・芸人「貧乏物語」

“ポルノの帝王”久保新二氏が語る楳図かずお氏との共同生活

どこのウメズかって? 漫画家の楳図かずおだよ。49年も前、楳図が、漫画で飯食うために奈良から上京して3年目ぐらい。先輩漫画家の居候から卒業し、一人暮らしを始めて間もない頃だった。毎晩ひとつの布団に入って、不思議とケンカもせず寝てたっけ。 といっても、乳くり合ってたワケじゃないぞ。オレはもちろん、その頃からナヨナヨして奇抜な服着てた楳図もホモじゃねえから。当時、オレは…

None

「公開できるの?」の声上がる 楳図かずお映画監督デビュー

今でこそタレント活動の方が有名な漫画家の楳図かずお(77)が、自ら脚本も手がけた自叙伝的なホラー映画「マザー」(来年9月公開)で監督デビューする。 オネエキャラで売れっ子になった歌舞伎俳優の片岡愛之助が楳図を演じることも話題になっているが、関係者をやきもきさせているのは、楳図の“キャラ”だ。出版業界事情通が言う。 「楳図先生は『14歳』を最後に、95年以降、休筆し…

ウォーリーに扮した藤井弘輝アナ

台場でコスプレも フジ新人藤井弘輝アナに「あの人誰?」

楳図かずおセンセイに見えなくもないが、よく見ると違う。 ハロウィーン本番の前日(30日)、フジテレビ主催のイベントに新人アナウンサーの藤井弘輝(25)が登場。英絵本の主人公であるウォーリーに扮し、先輩らとともに台場周辺の仮装パレードに参加した。 入社1年目で今秋から「めざましテレビ」にレギュラー出演。歌手の藤井フミヤが父親という“七光”の影響か、異例の大抜擢となった…

映画にCMに引っ張りだこ

恋より仕事の高畑充希 三代目・岩田剛典をソデにした過去

12月公開の映画「アズミ・ハルコは行方不明」ではギャルのキャバ嬢役を演じ、同月から上演の楳図かずおの長編SF漫画を舞台化した「わたしは真悟」では門脇麦とダブル主演、来年の4月上演の舞台「エレクトラ」では主演をつとめることが決定している。 「もともと、舞台で力をつけてきた女優。所属事務所は朝ドラの成功に浮かれることなく、今後も、舞台中心の方針のようなので、ますます演技…

大林宣彦監督との1枚

あの人は今こうしている

「漂流教室」主演の浅野愛子 22年ぶり女優復帰決断の理由

87年、楳図かずおの人気漫画「漂流教室」を、大林宣彦監督が映画化して話題になった。そこでヒロインを務め、鮮烈デビューを飾った女の子がいた。浅野愛子さん(46)だ。映画公開と同時にヌード写真集「夏の妹」を発売してさらに注目されたが、パッタリ見なくなった。今どうしているのか。 ■カフェバー切り盛りしながら芝居の稽古 浅野さんに会ったのは、JR山手線・大塚駅から徒歩3分の…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のグルメ記事