日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

釜石市の関連ニュース

None

ラグビーW杯日本大会でインバウンドは促進されるか

「開催都市の釜石市に至っては外国人観光客の入込が209人回ですから、余計に期待は膨らみます。そもそも人口3万6000人の釜石市で開催され、競技場が新設されるのは、復興を下支えするためです。是が非でも多くの観戦者に訪れてもらい、お金を落としてもらわなければ困るわけです」(県庁番記者) 日本でW杯開催の経済波及効果は2330億円なんて試算もあるが、経済ジャーナリストの…

None

森友問題 喚問せよ!3人の新たなキーパーソン

主計局総務課などを経て、11年6月、岩手県釜石市役所に派遣。12年4月に同副市長に就任する。14年7月に財務省に復帰した。 トラブルを処理するために籠池理事長の口を封じようとしたのか。…

伊東豊雄氏

注目の人 直撃インタビュー

五輪後「新国立」は廃墟に…建築家・伊東豊雄氏が懸念語る

釜石市の復興計画をお手伝いしましたが、ちょっとでもヨソと違う提案をすると、国は全部否定して予算をつけてもらえない。その土地の特性を生かした復興の姿があるべきなのに、均質化の壁に阻まれる。どの地域の復興も巨大防潮堤の建設、かさ上げ、高台移転しか認めない。 ――1000年に1度の備えのため、その土地の歴史や文化、生活の継続性が否定される、と。 ショッピングモールがあって…

達増知事も全面支援の木戸口英司(左)、自民の田中は負けイメージしかない(13年の参院選)

7.10参院選 全選挙区「当落予想」

【岩手】“小沢系”の木戸口が圧倒

2度目の挑戦で、自民党内には「19年ラグビー・ワールドカップ開催地のひとつに釜石市が選ばれたことが追い風になる」と24年ぶりの議席獲得を期待する声もあったが、地元では「ワールドカップより復興が先だべ」と関心が低いという。 「自民のTPP推進に反対して、県農協政治連盟が自主投票を決めたことも痛手。他にこれといった組織もついてないし、野党乱立の3年前でも勝てなかった“弱…

3・11震災で捜索する消防隊員

東京は火の海、横浜は建物倒壊…書物で読み解く関東大震災

東日本大震災で津波被害の大きかった岩手県釜石町(現・釜石市)は、明治三陸地震、昭和三陸地震が起きている。 今月2日、インドネシア・スマトラ島の南西沖でM7.8の強い地震が起きた。ここは2004年、12年と巨大地震が発生した場所だ。 となると、やはり知りたいのは首都圏のことである。昨年末は東京湾で地震が相次いだ。年明けも渋谷、世田谷区などの都心部で地鳴り騒動が起きて…

None

文庫あらかると

「釜石の夢 被災地でワールドカップを」大友信彦著

今春、4年後に日本で開催されるラグビーワールドカップの開催都市のひとつに、東日本大震災の被災地・岩手県釜石市も選ばれた。日本選手権7連覇の名門・新日鉄釜石ラグビー部の故郷だ。本書は、新日鉄釜石を前身にするクラブチーム「釜石シーウェイブスRFC」の選手やOB、市民ら、ワールドカップ招致に奔走した人々の姿に迫った文庫書き下ろしノンフィクション。 2011年、震災直後から…

None

ラグビー人気沸騰で勃発するW杯19年大会「日本戦」争奪戦

今年2月に国際統括団体である「ワールドラグビー」(WR)が発表した開催地は札幌市、岩手県釜石市、埼玉県熊谷市、東京都、横浜市、静岡県、愛知県豊田市、大阪府東大阪市、神戸市、福岡市、熊本市、大分県の12会場。これまでは各自治体とも海外からの来日客を見込んで、ニュージーランド(NZ)、豪州、イングランドといった強豪の試合誘致に動いていたが、ここにきて状況がガラリ一変。世…

達増岩手県知事と握手する小沢一郎氏

野党共闘で苦戦必至 安倍自民党「東北地方選で全敗」の悪夢

10月25日には宮城県議選、11月15日には福島県議選の投開票があり、ほかにも女川町長・町議選(宮城)、相馬市議選(福島)、釜石市長選(岩手)など、政権の命運を左右しそうな重要選挙がいくつもある。 今月9日投開票の埼玉県知事選に続き、岩手県知事選で2連敗を喫した与党が、3タテ、4タテを食らう可能性は十分ありそうだ。 ジャーナリストの横田一氏が言う。 「今月9日に学生…

岩手県平泉の中尊寺本堂も観光客は減少傾向

軍艦島は大丈夫か お祭りムードも「世界遺産」はその後が悲惨

岩手県釜石市の橋野鉄鉱山・高炉跡も20倍の1000人超が訪れた。 各施設の自治体はお祭りムードに沸いているが、果たして、喜んでばかりいられるのかどうか。過去「世界遺産」に選ばれた施設や自治体の中には、とんでもない目に遭ったケースも少なくなかったからだ。 かつて知る人ぞ知る“秘島”だった「屋久島」は、1993年に世界自然遺産登録されたことで観光客が急増。今では登山道が…

著者の小濱泰昭氏(提供写真)

著者インタビュー

「大丈夫だよ!心配ないから マグネシウム社会の未来」小濱泰昭氏

(小濱泰昭+NGO「キュレム」著 発売=人間の科学新社 1500円) ▽こはま・やすあき 1945年釜石市生まれ。74年、東北大学大学院博士課程修了。工学博士。東北大学大学院教授。09年、東北大学名誉教授。…

大人のグループだった/(C)日刊ゲンダイ

あの人は今こうしている

「Mr.サマータイム」が大ヒット サーカスの叶高さんは今

この9日から12日にかけ、岩手県大槌町、釜石市、石巻市で東日本大震災の被災者慰問ライブをやってきました。あす18日にはカナフ、また、25日には熊本県天草市で予定してます。お時間があったら、ぜひお越しください」 夫人、長女、明大農学部に通う長男の4人暮らし。…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事