日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「高橋尚子 練習」に関する記事

シドニー金の高橋尚子(左)とアテネ金の野口みずき

野口みずき&高橋尚子 金メダリスト2人が女子マラソン変えた

走り込みならシドニー五輪金メダルの高橋尚子(43)も負けてはいない。長い時で1日に80キロ、最低でも40キロは走っていた高橋は「月に1200~1300キロは普通に走っていた」と語っていた。その一方で練習量が多い分、2人は故障も多かった。 実業団のある指導者は「高橋や野口の練習量は語り草になっている。今の選手に同じことを求めれば、故障するというより選手生命に影響する…

防府読売マラソンで3位に終り、報道陣の質問に答える川内

川内優輝は中13日で2レース 実業団から“2世”なぜ出ない

シドニー五輪金の高橋尚子も月間1300キロぐらい走っていたという。そんなことをやっている選手は今は皆無だし、そもそも指導者がやらせません。五輪や世界陸上のマラソンは上位入賞ではなく、代表になることが最大の目標ですから」 来月の箱根駅伝で3連覇を狙う青学大の原晋監督はことあるごとに、日本の陸上界に厳しい提言をしているが、陸連は有効な強化策は打ち出せないし、実業団の実態…

リオの男子は佐々木(左)の16位、女子は福士(右下)の14位

陸連白羽の矢 マラソン復活へ瀬古利彦氏に求められるもの

女子の五輪は、00年シドニー、04年アテネで高橋尚子、野口みずきが連覇して以降はトップ10にも入れない。男子のメダルに至っては、92年バルセロナの森下広一の銀が最後。今年のリオ五輪も男女を含めて福士加代子の14位がベストだった。 宗猛男子長距離マラソン部長はリオのレース後「全体的に力不足。(トラックから)スピードのある選手に来てもらい、スタミナをつけて取り組むしかな…

名古屋ウィメンズでは1秒差で2位に入った田中智美が代表に(後方は小原怜)

メダルか惨敗か リオ五輪のキーマンを直撃

武冨豊氏(日本陸連女子マラソン部長)

00年シドニー金の高橋尚子と04年アテネ金の野口みずきはもちろん、シドニー7位の山口(衛里)、アテネ7位の坂本(直子)もそうです。アテネ5位の土佐(礼子)も22分40秒台の持ちタイムがあった。だからわれわれは、2時間22分30秒という記録にこだわってきたのです。五輪に出て上位争いをするための基準となるタイムなのです」 ――なるほど。しかし、選考レースで派遣設定記録を…

正二塁手筆頭候補だが…

ドラ1吉川尚にも“巨人の掟”…正二塁手への時間わずか1年

巨人のドラフト1位・吉川尚輝(21=中京学院大)が4日、岐阜・長良川河川敷にある「高橋尚子ロード」で自主トレを公開。シドニー五輪金メダリストのゆかりの地でランニングなどを行い、「気が引き締まった。日本一、世界一の選手を目指したい」と話した。 大学の先輩に広島・菊池がいる。二塁手で4年連続ゴールデングラブ賞を受賞し、侍ジャパンにも選出されている名手だが、2人の恩師でも…

福士加代子(左)と田中智美

メダルか惨敗か リオ五輪のキーマンを直撃

武冨豊氏(日本陸連女子マラソン部長)

あらゆる面で可能性という部分では期待しています」 *注1 さいたま国際(15年11月15日=2位吉田香織) 大阪国際女子(16年1月31日=1位福士加代子) 名古屋ウィメンズ(16年3月13日=2位田中智美) *注2 11年シカゴ3位 13年世界陸上モスクワ大会3位 14年ベルリン6位 15年シカゴ4位…

8月の世界選手権(北京)マラソン代表に選ばれた今井正人(左)と前田彩里

マラソン日本記録に1億円 巨額ボーナスがもたらす相乗効果

00年シドニー大会の高橋尚子、アテネ大会の野口と2大会連続で五輪金メダルを取った時代は遠い昔。「東京五輪は男女とも8位入賞さえ難しい」という声が陸上界の中にも少なくない。 そこで、国際大会で活躍できる選手の育成・強化により、陸上界の発展に寄与することも目的としている実陸連が金庫を開けるわけだが、ある関係者は「現状を考えれば最も効果的かもしれません」と言ってこう続ける…

リオ五輪は惨敗だったが

スポーツ時々放談

東京五輪で問題にすべきはマラソンコースだ

2020年の組織委員会理事に日本陸連の横川浩会長、アスリート委員会委員長に高橋尚子が名前を連ねながら、マラソンの競技環境への問題提起がないのは理解し難い。お飾り人事は不要だ。命がかかる問題なのだ。 夏季五輪の時期が動かせない理由はもろもろあるだろう。マラソン以外はやりくりできるかも知れないが、マラソンは戦後の日本人が大事に育てた財産。時期が動かせないならコースを移…

リオ五輪を確実にした福士加代子

大阪国際Vでリオ確実も…福士加代子を待つ本番レースの壁

この日解説したシドニー五輪金メダルの高橋尚子さんは、五輪本番前は、5キロのラップを男子並みの15分50秒にするため練習を積んでいた。五輪で金を取り、翌年のベルリンマラソンでは、女子初の20分切りで2時間19分46秒の世界新記録(当時)で優勝した。このぐらいの選手だから自分でレースをつくり、最後にライバルを振り切ることができるのだ。あと6カ月とちょっとで、それを福士…

水原希子(左)と大原櫻子

応援歌が大人気 歌手で女優の大原櫻子は下半期ブレーク必至

そういえば、高橋尚子が練習やレース前にhitomiの「LOVE2000」を聴いていることが話題になり、シドニー五輪で金メダルを獲得した直後にhitomiが大ブレーク。紅白にも出た。今年、楽天が優勝し、松井がMVPなら、櫻子も下半期に一躍メジャーになるだろう。 ちなみに6日夜に放送された映画「カノジョは嘘を愛しすぎてる」では、ヒロインの女子高生・小枝理子役を演じた。…

初レース/(C)日刊ゲンダイ

横浜女子マラソン 19歳“期待の星”岩出の危険な賭け

例えば日本の女子金メダリストの初マラソンはシドニー五輪の高橋尚子が25歳(98年)、アテネ五輪の野口みずきは23歳(02年)だった(いずれも名古屋国際女子)。日本では、マラソンに耐えられる体力、スタミナをつけるため、1万メートルや駅伝、ハーフマラソンなどで経験を積ませた後に転向するのが一般的だ。 岩出は「東京五輪まで頑張りたい」と6年後の五輪出場を目標に掲げたが、1…

リンクの上が一番 真野慎也/JMPA

引退後は裏目? 真央の進路を狭めそうな“天真爛漫”

「荒川はマラソンの高橋尚子のように、冷静で頭の回転が速い。番組が意図していることを理解して視聴者に伝えられるし、ユーモアのセンスもあるので、バラエティーもワイドショーもこなせるマルチ解説者なんです。視聴者の受けがいいので、今後も息長くテレビからお呼びがかかるでしょう」(スポーツ専門誌記者) ■好感度と適正は別の話 では、浅田真央はどうか。23歳の女性とは思えないほ…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事