日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「堺雅人 松嶋菜々子」に関する記事

左から松嶋菜々子、高村佳偉人、西島秀俊

松嶋菜々子 「レッドクロス」で魅せた“迫真演技”に作家が絶賛

そして、計4時間半に及ぶ劇中では「半沢――」で堺雅人(41)や香川照之(49)で話題になった“顔芸”の松嶋バージョンを多用。重要なシーンごとに松嶋の顔が画面いっぱいに映し出され、喜びやむごさを視聴者に訴えかけたのだった。 「役者が表情だけであらゆる感情を演じ分けるのはわざとらしさが目に付いたり、ワンパターンになりがちですが、松嶋さんは違った。ご自身の体の中にお年を…

松嶋菜々子(左)と菅野美穂

フジ松嶋ドラマ「吉良奈津子」低迷でTBSが真っ青なワケ

堺雅人主演の大ヒットドラマ「半沢直樹」のことだ。菅野はいわずと知れた堺雅人夫人。「砂の塔」に菅野を引っ張ってきたのはドラマをヒットさせて堺を引っ張り出そうというもくろみもあるからで、「家政婦のミタ」(日本テレビ系)の大ヒットがある松嶋も巻き込んで、盤石にしようと考えていたわけだ。 それなのに、10月からの「砂の塔」が負の連鎖でズッコケたら、TBSの悲願、「半沢直樹」…

左から岩田剛典、菅野美穂、松嶋菜々子

「半沢直樹2」のカギ握る 菅野美穂ドラマ「砂の塔」の成否

このドラマが高視聴率を取れば、菅野の夫である堺雅人が気分を良くして、大ヒットドラマ「半沢直樹」の続編に前向きになるのではないか、といわれているのだ。 「堺サイドでは『半沢直樹』のイメージ定着を避けたいうえに、大河ドラマ『真田丸』など出演予定ドラマも重なっていた。そのため、なかなか続編に首を縦に振らなかったのですが、大河撮了を機に出演交渉の余地が生まれてきた。その際に…

左から、岩田剛典、菅野美穂、松嶋菜々子

菅野美穂“舌好調”の裏側 タブーだった写真集の話題も解禁

昨年8月、夫で俳優の堺雅人(43)との間に第1子の長男を出産した女優の菅野美穂(39)だが、本格復帰早々、大車輪の活躍だ。 ともに今月スタートしたNHKの朝ドラ「べっぴんさん」ではヒロイン・芳根京子の母親役を、4年ぶりの連ドラ主演となったTBS系「砂の塔~知りすぎた隣人」ではタワーマンションの“ルール”と戦う母親役を演じている。 そんな菅野だが、あまりの“舌好調”ぶ…

離婚は決定的?

米倉涼子 “離婚報道”のウラに今秋「ドクターX」新作出演情報

それにもかかわらず、同じく大ヒットの『半沢直樹』主演の堺雅人が続編への出演を拒んだように、米倉も『もうやりたくない』とこぼし、駄々をこねていたんです。その最たる理由が私生活とされ、年下旦那との新婚生活を楽しみたいという胸中が推察されていたんですが、ドラマに出るとなれば、もう旦那のことは二の次との決断でもしたのか。実際、撮影が始まれば、家でくつろぐような時間はありませ…

None

通期予想は変わらず…「半沢直樹」をしゃぶり尽くせないTBS

幸い半沢を演じた堺雅人はどんな役でもこなす“カメレオン俳優”だ。ひとつの色に染まることを恐れたりしないし、染まることもない。 脇を固めたのも本格派の俳優陣ばかり。イメージ頼みのタレントはいないから、再放送や特番へのハードルも低いはずだ。 視聴率も業績も上振れしないTBS。「倍返し」のチャンスをみすみす逃している。…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事