日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

志布志市の関連ニュース

中止となった資生堂「インテグレート」のCM

セクハラか過剰反応か 資生堂CMなぜ中止に追い込まれた?

当社への直接の批判はなく、ネットで批判されたのですが、真摯に受け止めて中止を決定しました」(資生堂広報部) 先月末、鹿児島県志布志市の「うな子」のPRビデオが「性差別だ」「カニバリズムだ」と批判され、中止に追い込まれた。今回の資生堂の件も過剰反応ではないか。 男女問題に詳しい作家の三浦天紗子氏が言う。 「たしかに過剰反応のきらいはあります。ひとりが言い出し、みんなが…

中止された鹿児島県志布志市ふるさと納税PR動画

性差別? 猛抗議で姿消した志布志の「うなぎ少女」動画

鹿児島県志布志市の騒動が話題になっている。 この動画は同市が9月21日にユーチューブにアップした2分間のもの。同市の特産品がうなぎであることから、女性モデルをうなぎの化身に見立てた。東京の芸能プロに所属する佐々木萌詠(20)が演じている。 夏のある日、プールでスクール水着の少女が泳ぎフラフープで遊んでいる。やがて少女は水に戻り、うなぎに姿を変えていく……。叙情的な映…

スクール水着の少女が「養って」

2016年下半期 ネット炎上事件簿

「うなぎ少女」動画が大問題になった志布志の場合

たとえば、鹿児島県の志布志市がふるさと納税をPRするため、今年9月21日に公開した動画「UNAKO」。スクール水着の少女が「養って」と訴えかけるところから始まる2分の動画は、ウナギを養殖して出荷する一連の過程を擬人化しつつ、志布志の自然や水質の良さ、ウナギ養殖で我が国トップという特質をアピールしようとするものだ。 フェードしたシズル感のある画面に展開されるストーリ…

女性の反発を招く結果に

2016年下半期 ネット炎上事件簿

電車内での化粧を「みっともない」と断定 東急電鉄の場合

ふるさと納税のPR動画が炎上した志布志市。わざと炎上させられたと釈明し、さらに批判を浴びてしまった。 炎上させるためにクレームをつける、「ためにする」ネットユーザーがいるのは事実だ。とはいえ、騒動が起きた後すぐの謝罪の場で言及しても、責任を転嫁しているように取られるのがオチである。ここは悪者を別につくるような言い方をするべきではなかったのだ。 また、そもそもで言えば…

立命館大学政策科学部の稲葉光行教授

日本の大学 ユニーク研究室

取り調べの言葉も…供述分析からえん罪の可能性割り出す

「03年に起きた志布志事件の供述調書について、コンピューターを使って一緒に分析しないかと誘われました」 これは、鹿児島県議会議員選挙の曽於郡選挙区で当選した議員の陣営が、同郡志布志町(現・志布志市)の集落で住民にカネや酒を配ったとして、議員や住民が公職選挙法違反容疑で逮捕された事件だ(07年、証拠不十分で無罪確定)。 「13人も起訴されていて関係者もたくさんいたか…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事