日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「山本耕史 ドラマ」に関する記事

制服コスプレの次の一手は?

冬ドラ女優“辛口”通信簿

ドラマ低調…堀北真希に囁かれる“コスプレ以上”の大勝負

山本耕史との電撃結婚後、初の連続ドラマ主演ということで注目された「ヒガンバナ~警視庁捜査七課~」が伸び悩んでいる女優の堀北真希(27)。視聴率こそ初回11.2%(以下、数字はいずれもビデオリサーチ調べ、関東地区)と、裏番組の「フラジャイル」(長瀬智也主演)を上回ったが、14年に放送されたスペシャルドラマ版の11.3%を超えられず、日テレの看板枠ともいえる水10枠とし…

“真っ白”に燃え尽きたのか

ファンクラブも活動終了…堀北真希は芸能界「寿引退」決意か

そんなホマキを射止めたのが、ひと回りも年上の“プレーボーイ”山本耕史(38)だというので、ファンからは祝福と同時に怨嗟の声が湧き上がっている。 24日放送の「とくダネ!」の独占インタビューで山本が語ったところによると、6年前のドラマで初共演した際は連絡先を聞いたものの、教えられたのは事務所の電話番号。翌年もドラマで共演し、クランクアップの日に飲みに誘ったが、「行きま…

行く末は「山口百恵」か「山口智子」か

芸能界引退の意思固く 堀北真希に“山口智子”路線のススメ

山本耕史(39)との結婚を機に、ホマキは本当に芸能界から消えてしまうのか。芸能評論家の肥留間正明氏が言う。 「ボクが得ている情報でも“引退”の意思は固いようですね。もともと芸能界に興味がないタイプで、ドラマ出演にしても“どうしても主役!”ではなく、ガツガツしたところもなかったらしい。“大豪邸に住みたい”というよりは“小さくてもいいから平凡な家庭を”と考える子だから、…

超スピード婚の山本耕史と堀北真希

堀北真希を落とした“共演者キラー”山本耕史の「女斬り伝説」

堀北真希(26)と山本耕史(38)が22日、都内の区役所に婚姻届を提出。結婚したことを双方の所属事務所が発表した。 2人は6年前にドラマで初共演して以来、友人関係だったが、5月に共演した舞台「嵐が丘」がきっかけで交際に発展。8月上旬から都内で同居生活をスタートさせた“超スピード婚”だった。当然、デキ婚の可能性も浮上するが、堀北サイドは妊娠については否定している。 2…

出版トピックス

佐伯泰英6年ぶり新作「空也十番勝負 青春篇 声なき蟬」刊行

またNHKで2007年から3シリーズにわたり放送されて好評を博した山本耕史主演のドラマ「陽炎の辻~居眠り磐音 江戸双紙~」の完結編が17年の正月時代劇として放送されることが決定。放送日は1月2日(予定)。 年始は、磐音ドラマも見逃せない!…

清純派女優もタイヘン

交際期間ゼロで入籍 堀北真希は「清純派女優」の究極スタイル

そんな堀北を片思いから6年がかりで口説き落とした山本耕史。古典的なラブレター作戦という熱意が実を結んだ一面もあるだろうが、演劇関係者からこんな話を聞いた。 「恋人役も含め何度も共演していれば、次第に気心も知れるし、気が付いたら疑似だった恋愛が本物になることも珍しくないのが役者の世界」 山本の言では「交際期間ゼロ。同居から1カ月足らずで入籍した」という話も納得できる。…

None

芸能人 奴隷契約の深すぎる闇

若いころから生活を厳しくチェックされ、夫・山本耕史と結婚する際も所属事務所から猛反対された。堀北さんと事務所との間には深い溝があったといいます」(芸能リポーター) いくら“人気商売”とはいえ、好きな人との結婚も許されないのであれば、“奴隷”といわれても仕方ないだろう。また、WOWOWでは今年1月に、ドラマの撮影で子役の女児(6)を未明まで働かせていたことが発覚。謝罪…

イラスト・佐々木桜

日本史再見 英雄になれなかった男

奇襲のチャンスをつぶし関ヶ原で惨敗した石田三成の不運

NHK大河ドラマ「真田丸」では山本耕史さんが演じたとおり、三成はいささか真面目すぎるきらいがありました。 もし、この夜のうちにゲリラ攻撃を仕掛けていたら、東軍の士気をくじけたかもしれません。なにしろ敵は、福島正則や黒田長政など豊臣恩顧の大名たち。一枚岩ではなかったのですから。西軍が奇襲すれば、かなりのダメージを与えることができたでしょう。これは三成自身が招いた、不運…

「ごきげんよう」出演のきっかけに

今あるのはあの人のおかげ

シンパパ俳優・大浦龍宇一が感謝する見栄晴のアドバイス

主役は中村梅雀さんで山本耕史クン、安達祐実チャン、見栄晴さん、僕がゲストでした。 ロケは放送前年の11年10月ごろ。撮影の合間に控室で、山本クンや祐実チャン相手に京都の高校時代に見た妖怪の話をして、盛り上がっていたんです。見栄晴さんは端っこにいて話に入っていなかったけど、僕の妖怪話を「面白いね。『ライオンのごきげんよう』向きじゃない。『ごきげんよう』に出て話せばいい…

夫婦役を演じる2人

TV見るべきものは!!

江口&尾野「はじめまして、愛しています。」への期待

四男・文也の山本耕史(39)も大河ドラマの常連俳優へと成長し、妻は女優の堀北真希(27)だ。 彼らの妹・小雪の酒井法子(45)はプロサーファーと結婚したが、09年に覚醒剤取締法違反で逮捕。現在もなお前途多難だ。 そして、あの「あんちゃん」、達也はどうしているのかと思っていたら、この夏、帰ってきた。それが「はじめまして、愛しています。」(テレビ朝日系)だ。まあ、それく…

韓国のKARA関係者は知英に怒り

堀北妊娠でフル回転 元KARA知英に心配なスキャンダル爆弾

台本は日本語でほぼ完璧です」(芸能プロ関係者) 知英が猛プッシュされているのは、事務所の台所事情もあったようで、エースだった堀北真希が山本耕史と結婚して妊娠が発覚。 「しばらく、仕事復帰できないので、今後は桐谷と知英の2トップ体制でいくようです」(前出の関係者) 知英は現在の事務所と2014年8月に契約を結んで以降、順調すぎるぐらいに日本での人気・知名度ともにアップ…

あのホマキが年明けにはママに…

第1子妊娠も“4人欲しい” 堀北真希はこのまま芸能界引退か

俳優・山本耕史(39)の妻で女優の堀北真希(27)が第1子を妊娠中であることが明らかになった。発売中の「女性自身」が産婦人科に極秘通院している堀北の姿をキャッチ。20日、所属事務所も妊娠の事実を公に認めた。 堀北は昨年8月に山本と結婚後、仕事をセーブして“妊活”に励んでおり、出産予定日は年明け1月ごろの予定。堀北は当分の間、芸能活動を休業する見込みだ。 “交際0日婚…

キャスティングは安心

挙式後に共演解禁? “好感度夫婦”北川景子&DAIGO高笑い

ちなみに同時期に結婚した福山雅治&吹石一恵が8.6%と5.8%、山本耕史&堀北真希が2.7%と3.4%だから、いかに“ゴーホク”が人気かわかります」(制作関係者) ■夫婦共演CMも? 広告業界も浮足立っている。4月29日の挙式後に晴れて夫婦共演が解禁になる動きがあり、ギャラは5000万円オーバーの大盤振る舞い確実だ。 さらに、これまでなかなか実現しなかったバラエティ…

「花子とアン」でヒロイン

吉高由里子が「あさが来た」に登場? 新旧ヒロイン共演に期待

まだ決定ではありませんが、『あさが来た』に新選組の土方歳三が登場した際は、11年前の大河『新選組!』で土方を演じた山本耕史を起用していた。しかも『新選組!』の中での決めゼリフ“待たせたな”まで言わせていました」(テレビ誌記者) 今後、「あさが来た」では九州の炭鉱経営者の妻として木村佳乃、炭鉱夫の妻として富田靖子、納屋頭に長塚圭史など新キャストが続々登場する。だったら…

NHK大河ドラマ「真田丸」の会見と三谷幸喜

大河「真田丸」脚本 三谷幸喜の双肩にかかるNHKの捲土重来

堺とともに「半沢直樹」ブームを牽引した片岡愛之助(43=会見欠席)は幸村の盟友である大谷吉継役、三谷ファミリーの一員で堀北真希を射止めた新婚ホヤホヤの山本耕史(38)が石田三成役。安定・安心・安全の手堅い布陣なのだ。 そして、「三谷脚本にはすべてが書いてある」(山本)、「三谷さんの脚本を信じる」(片桐且元役の小林隆)と脚本家への信頼を口々に語り、“三谷丸”の結束の強…

松岡修造も松居一代も筆まめが奏功!?

堀北真希も陥落 “手紙の力”はメール時代だからこそ侮れない

彼女のハートを射止めた俳優・山本耕史は、時代小説好きのサラリーマンにはおなじみ。NHKドラマ「陽炎の辻~居眠り磐音 江戸双紙」の坂崎磐音役、その人だ。それにしても、舞台の共演期間中に約40通もの“ラブレター”を手渡し続けるとは、磐音もやるではないか。ベタで古風な手とはいえ、誰にもできることではない。それだけに、コレを女を口説くだけで終わらせるのはもったいない。相手…

None

この人物のオモテとウラ

さんまをソデにして永井大を選んだ中越典子の「理想の家庭」

結婚に至るまで、お笑い芸人のロンブーの田村淳や、俳優の山本耕史などと浮名を流す割には本命度がいまひとつだった。2年間付き合った佐藤隆太と別れてから、永井の名前が出るまで仕事に専念。だが、恋愛や結婚に対して常に意欲的だった。 2010年1月にはテレ朝系特別ドラマ「ペーパー離婚」の完成披露試写会で、「やりたいことをまっすぐにやっていて、男らしい人がいいですね」と理想の…

None

23年連続主演も…観月ありさ「夜のせんせい」注目は脇役陣

旧友と再会する最後のシーンは、思わず引き込まれましたね」(制作スタッフ) 他にも山本耕史、田中圭、大政絢、光石研、笹野高史、堀内敬子など、文字通りの“役者”がそろっている。観月の23年目は脇役に救われるかもしれない。…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のグルメ記事