日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「前田健太 ドラフト」に関する記事

松田オーナー(右)もイケイケ/(C)日刊ゲンダイ

単独使命方針から一転…広島が「ドラフト戦略」大転換の狙い

昨年、3球団の競合の末に大瀬良(九州共立大)を1位で獲得しているとはいえ、最近では前田健太(PL学園=06年)をはじめ、福井優也(早大=10年)、野村祐輔(明大=11年)と他球団との競合を避けて単独指名できる選手に狙いを絞って獲得してきた。 「有原は広島の地元出身だから、人気、実力の両方を考えて喉から手が出るほど欲しい選手に違いない。他の1位候補である山崎(亜大)、…

前田健太

徹底多角解剖でドジャース前田健太をより深く知る

安田(左)と清宮

清宮より凄いと話題 履正社スラッガー・安田尚憲の正体

兄はPL学園高で捕手として、1年後輩の前田健太(ドジャース)とバッテリーを組んだ経験を持つ。その後は明大を経て、現在は三菱重工名古屋で主将を務める。 アマ球界関係者が言う。 「プロは『ドラ1』候補として注目していますが、大学進学説も噂されています。その候補の一つが明大という。安田の兄は明大OBであり、履正社は近年、優秀な選手が明大に進学するなど太いパイプを築いている…

カープ時代のマエケン

山内泰幸が語る「カープ戦士」の正体

「行かせてください!」 前田健太が口にしたWBCへの熱意

カープの優勝を語る上で、今季からドジャースでプレーする前田健太(28)の存在を外すわけにはいきません。 PL学園高から2006年の高校生ドラフト1巡目で入団。10、15年に沢村賞を獲得するなど、エースとして近年のAクラス入りに貢献し、優勝の礎となりました。 渡米直前に会ったとき、「大瀬良には投手を引っ張るくらいの存在になってほしい」と話すなど、カープのことを気にかけ…

最多勝、勝率第1位のタイトルをほぼ確定

プロ野球タイトルホルダーの本性

広島・野村祐輔を突き動かす早大と巨人への反骨心

カープのエース投手と言えば、過去には黒田博樹、前田健太がメジャーに挑戦している。08~09年の2年間で26勝を挙げてメジャーに『Uターン』したルイスもそうだ。野村の実績は3人には及ばないが、来春のWBCの侍ジャパンのメンバーに選出される可能性もあり、これが一つの指標になりそうだ。あるメジャー球団のスカウトが言う。 「野村の武器は制球力です。黒田も前田もルイスも制球…

黒田は優勝に自信があった

広島25年ぶりVの立役者 鈴木清明球団本部長を直撃

勝つにつれて選手が力をつけて強くなったという感じがします」 ――昨オフに絶対的エースの前田健太(ドジャース)がメジャーへ移籍。苦戦必至とみられていました。この結果は予想していましたか? 「この数年間、野村謙二郎前監督と緒方監督が若手を起用して、だんだん力をつけてきたとは思っていたけど、誰か引っ張るベテランがいるのかと見た時、チームにいなかった。若い選手はリズムがいい…

広島は現在絶好調

マエケン抜けた広島も首位争い 「エース売却」何が効用か

昨オフ、入札制度でエース・前田健太(28=現ドジャース)を失った広島は9日現在、首位中日とゲーム差なしの2位。貯金3で首位争いの輪に加わっている。12年の日本ハムは前年オフ、ダルビッシュ(29=現レンジャーズ)を入札制度で放出しながら3年ぶりにリーグ優勝した。06年オフに松坂大輔(35=現ソフトバンク)を失った西武は、2年後の08年シーズンにパを制して日本一になっ…

ここまで3試合で1失点だが…

ロッキーズ戦先発の前田を待つ「マイルハイ」と怪物新人

開幕3試合でわずか1失点のドジャース・前田健太(28)が日本時間24日、そんな投手泣かせの球場でロッキーズ戦に先発する。 ロッキーズは基本的に本拠地特性を生かし、打線に強打者を並べる。22日現在、首位ドジャースから1.5ゲーム差の2位。チーム本塁打26本はメジャー30球団中トップ。チーム打率2割6分7厘はリーグ2位だ。 中でも気を吐いているのは新人遊撃手のストーリ…

メジャー関係者も大絶賛

FA補強ゼロで資金潤沢 ヤンキースがハム大谷に300億円投入

大谷獲得に備えて、いまから250億円とも300億円ともいわれる資金をプールしているという人までいます」 このオフ、ドジャース入りした前田健太(27)には目もくれなかったキャッシュマンGMが、早くも「オオタニ」の名前を連呼して腰を浮かせているという話もある。それだけ大谷の素質を高く評価しているし、将来の若きエースにドーンと資金をつぎ込む腹を決めているからに他ならない。…

None

課題山積のマエケンに投球内容次第で「中継ぎ降格」の声

昨季ナ・リーグ西地区3連覇を果たしたドジャースに入団した前広島の前田健太(27)。11日の会見では「向こうに行って結果を残すことだけを考えている」と力強く話したが、はたしてどれくらいの「成績」を残せるのか。 まず、前田の前に立ちはだかるのは、同地区の強力打線だ。昨季、リーグナンバーワンのチーム打率を残したジャイアンツ(2割6分7厘)を筆頭に、ロッキーズ(2割6分5厘…

これでもまだ15歳

プロ野球関係者も絶賛 早実のスーパー1年生「清宮Jr.」伝説

■マエケン打ち 13歳の時、バラエティー番組の企画で広島の前田健太と対戦。カウント2-2から外角へのスライダーを悠然と見逃すと、前田も苦笑い。フルカウントから投げられた低めのスライダーを右翼前ヒットにした。前田が本気ではなかったとはいえ、プロ球団のエースからヒットを打ちながら「(ゴロだったので)もっといい形で打ちたかった」と悔しげな表情を見せた。 ■5年計画 多く…

打つ気マンマン/(C)日刊ゲンダイ

ア・リーグは0%…?広島マエケンの意外な“移籍条件”

今オフのメジャー移籍が濃厚とみられている広島の前田健太(26)。米国でも注目の投手で、米地元紙ボストン・グローブは先日、レッドソックス、ヤンキース、レンジャーズ、カブスといった球団が獲得に名乗りを上げるのではないかと報じた。 前田の移籍については、すでにあれこれ取り沙汰されている。「元女子アナの夫人は、温暖な気候の西海岸のチームを希望している。マエケンは女房の尻に…

None

井端&片岡加入で二塁手争い激化…巨人・寺内に本音直撃

今年のCSで広島の前田健太から、日本シリーズでは田中将大から本塁打を放って名前を売った。もともと守備力には定評があり、某ライバル球団の編成担当は「守備だけならセで3本の指に入る」と言う。今季は114試合の出場で打率.225、2本塁打、12打点。来季のレギュラー定着に向けて、手応えと足がかりをつかんだと思ったら、目の前に大きな壁が2つも現れた……。 ――井端の入団が決…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事