日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

鳥取市の関連ニュース

「『住みたい田舎』ベストランキング」で1位

住みたい田舎1位 若者呼び寄せる「鳥取市」の魅力とは?

鳥取市が「『住みたい田舎』ベストランキング」のトップに選ばれて話題になっている。 全国500市町村から得た移住者に関するアンケートを基に宝島社が算出。「移住の相談窓口がある」「コンビニがある」など82項目を得点化した結果、総合部門で昨年9位だった鳥取市が1位に輝いた。同ランキングで県庁所在地が総合1位になったのは初めてだ。 鳥取市は地元出身の幕内力士・石浦など有名人…

鳥取砂丘にもいつだって行ける

移住者みるみる健康に 自治体も驚く「鳥取市パワー」の不思議

地方都市が人口減少に苦しむ中、鳥取市に移住する人が増えている。今年度は4カ月で137人と、昨年同期の1.5倍以上。しかも、バリバリ働ける39歳以下の人を着実に増やし、年度ごとの新規移住者全体に対する39歳以下の割合は、2年前74%、昨年83%、そして今年は8月末時点で90%を超えている。 移住者の多くから、「健康になった」という声が市に寄せられているのは見逃せない。…

石見銀山の坑内(大田市提供)

島根県大田市 「住みやすさナンバーワン」に選ばれたワケ

2位は鳥取市、3位は同点で大分県豊後高田市と鹿児島県薩摩川内市だった。 大田市の人口はこのところ毎年500人ずつ減少し、現在は3万7000人。市では2008年から地元出身のUターン者や、都会などから移住するIターン者を受け入れる活動を始めた。その結果、「U・Iターン者」は2012年度が190人、13年度が205人と右肩上がりで増えている。8割が40代以下で、その半分…

鳥取のカレーメンチカツサンド

小林しのぶの読む駅弁

鳥取のカレーメンチカツサンド(鳥取駅)

鳥取市のアベ鳥取堂は、創業から1世紀以上が経過した老舗の弁当店。日本海の海産物をメーンにした駅弁で有名だが、今回ははやりのメンチカツを使ったサンドイッチを紹介する。 淡いカレー色のパッケージを開くと、厚い具材を真ん中に置いたサンドイッチが3切れ並んでいる。具材の内容は牛・豚・鶏の肉をふんだんに使ったメンチカツで、タレとしてカレーソースを添えている。なぜソースがカレー…

None

話題の焦点

なぜ京都人は食に貪欲なのか

17日に発表された2013~15年の総務省の家計調査によると、1世帯当たりの「かつお」の年間支出金額が最も多いのは高知市、「しゅうまい」は横浜市、「ぶり」は富山市、「梨」は鳥取市、「牡蠣」は広島市、「カステラ」は長崎市といった具合だ。 分かりやすいところでは「たらこ」は1位福岡市(6989円)と2位北九州市(6832円)が突出している。 ちょっと面白いのが京都市で、…

吉野りり花氏

著者インタビュー

「日本まじない食図鑑」吉野りり花氏

鳥取市では毎年12月8日に「八日吹きのうそつき豆腐」を食べる風習がある。豆腐を焼いて田楽にしてゆず味噌をつけたもので、「一年分のうそが帳消しになる」といわれている。 「商売のためにうそをついた商人が、うそを帳消しにしてもらうため、参拝していたという京都の呉服問屋の風習が起源です。それが鳥取では、なぜうそを消すために豆腐を食べることになったのか。呉服問屋のまかないで食…

講演会では“ご当地銘柄”がウケる

鉄火場 バーゲン株ハンティング

英EU離脱で市場大揺れ こういう時は視点を変えた投資術

もう10年ほど前のことだが、地元(鳥取市)の証券会社主催の講演会に行った。東証1部上場の寿スピリッツの本社は鳥取県米子市、“ご当地銘柄”である。コード番号は2222、「ニコニコ」。「この銘柄に投資すると、みんな笑顔になれる」と買い推奨した。PERうんぬんより、こんな話が受ける。 それ以上に好評だったのが「2222という数字は、皆さんが口座をお持ちの証券会社のFAX…

「鳥取珈琲館」の田中治氏

スタバ進出から1年足らず 鳥取県がなぜ“コーヒー天国”に?

鳥取市で約50年前に創業した老舗の喫茶店「鳥取珈琲館」の経営者のひとりである田中治氏はこう答える。 「スタバはカフェ。喫茶店とは違います。スタバの主な客層は若い人たちですが、喫茶店は年配の方が中心なので、すみ分けがはっきりとしています。味に関してはうるさい方が多いですよ」 ■スタバ出店は地元喫茶店にとっても“好機” どうやら、スタバが上陸したからといって、お客が流…

筆者所蔵のアルバムから

父・角栄をおもえば

新潟県議が「竹下先生にオヤジの真意を話したら泣いた」と証言

それを田中先生にお伝えしたら、すぐに父が入院している鳥取市内の病院まで飛んで来られましたよ。『最期の頼みだ、葬儀委員長をやってくれ』と父に言われた田中先生は……すぐに秘書の早坂茂三さんに『4000人集めろ、青山斎場を予約しろ!』と言い出しましてね……それが最初で最後の『田中派葬』といわれるものになりました……田中派の衆参両議員が発起人になってね。田中先生は葬儀委員長…

城原海岸とかにクン

おでかけ出張コンシェルジュ

鳥取を知る「5スポット」

プリプリ感がたまらない! 鳥取市内では「たくみ割烹」で、しゃぶしゃぶの原型ともいわれる「すすぎ鍋」を。「鳥取和牛オレイン55」のおいしさもさることながら、料理にまつわる歴史も興味深い。…

イラスト・所ゆきよし

大相撲の内幕

逸ノ城と角界をつないだ「モンゴルルート」の深淵

それだけ数を集められるのは鳥取市とモンゴルの首都、ウランバートルが姉妹都市だからだ。そのため、日本での出世を夢見る者が留学生としてやってくる。入学するのは現地のセレクションで選抜された者たちだ。 角界の事情に詳しい関係者が言う。 「相撲部の石浦監督は頻繁にモンゴルに視察に行くほど熱心。鳥取城北高校時代の元琴光喜を指導した監督とあって、親方衆も一目置いている。中には…

ホットな2人(錦織圭選手と逸ノ城)/(C)日刊ゲンダイ

最近ニュースが多い島根・鳥取 躍進支える「人・モノ・名所」

モンゴル出身ながら4年前に私立鳥取城北高校(鳥取市)に相撲留学。実業団(鳥取県体協)を経て湊部屋に入門した。他の力士と比べひと回り大きな体とどっしりと腰が据わった取り口は、文句のつけようがない。 母校の相撲部は全国レベルの強豪校。現在、部員19人中3人がモンゴル出身だそうだ。 女子プロゴルフ界に彗星のごとく現れたルーキー・鈴木愛も鳥取と関係が深い。先月の「日本女子プ…

平井知事(左)とゴディバの04年バレンタイン・イベント(壇蜜)/(C)日刊ゲンダイ

ゴディバに勝算は? 鳥取に有名小売り店が進出しない事情

「総務省の家計調査によると、鳥取市は世帯当たりのチョコレートの年間支出金額が県庁所在地の中で全国2位です。ゴディバもチョコなら売れるだろう、と見たのではないか」(鳥取県政記者) 来年2月のバレンタイン、1号店に鳥取県中の女性が殺到するか。…

納税で地元に貢献/(C)日刊ゲンダイ

物価上昇への対抗策はコレ 「ふるさと納税」をフル活用する

そば打ち体験(大分県豊後高田市)や、鳥取砂丘でのパラグライダー半日体験(鳥取市)、すず虫セット(兵庫県上郡町)などだ。 3000円や5000円の寄付でもお礼の品が届く自治体もある。 ただし、ふるさと納税はあくまで税金の減額。たとえば夫婦2人で中学生以下の子供1人、収入が600万円だとしたら、控除額の目安は3万9000円。この金額までだったら、確定申告することで、大半…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事