日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「黒田博樹 選手」に関する記事

阪神藤浪(右)はマエケンに弟子入り

他球団選手の自主トレに「真剣勝負できるのか」と疑問符

昨季、広島の黒田博樹(40)が阪神の藤浪の内角球に激怒し、「お互いプロ。馴れ合いに見られるのが一番よくない」と言ったが、それが真のプロではないか。 加えて、今季からは本塁での捕手のブロックがルールとして禁止される。これによってプロ野球の魅力がさらにそがれることだろう。 前阪神のマートンが体当たりでブロックする捕手をケガさせたことや、捕手の中には走者の進入路をふさぐ…

明る過ぎる監督というものも…

工藤SB、原巨人…「大将の権威」なき監督がプロ野球を壊す

今年のプロ野球の話題を独占しているのは、8年ぶりに広島に復帰した黒田博樹(40)だ。メジャーから20億円ともいわれるオファーが届きながら、ラブコールを受けていた古巣に年俸4億円で戻った。ファンやマスコミはそれを「男気ある決断」と持ち上げるが、黒田は引退も考えていたというから、メジャーで20億円に見合うだけの活躍ができるか自信がなかったのかもしれない。 その真偽はとも…

ロイヤルズのシャンパンファイト/(C)AP

中継は日本人選手ばかり…NHKは大リーグの醍醐味伝えない

同じくヤンキースの黒田博樹投手(39)、マリナーズの岩隈久志投手(33)らが先発する大半の試合を網羅した。 その一方で、日本人選手のいない球団の中継は、かなり手薄だった。地区優勝、プレーオフ争いが激化する9月、BS1で中継したのは38試合。ナショナルズ対ドジャース、カージナルス対ブルワーズなど、日本人選手が所属しないチーム同士の注目カードがありながら、中継の大半は日…

メジャー出戻り組の4人

阪神も藤川狙いだった プロ野球は「メジャー帰り」になぜ垂涎

昨オフ、広島入りした元ヤンキースの黒田博樹(40=4億円)はともかく、ソフトバンクはメジャーで先発オファーがなかった松坂大輔(34)を3年12億円、オリックスは2年間で一度もメジャーに上がれなかった中島裕之(32)を3年最大12億円でそれぞれ獲得。しかし松坂は故障で一度も一軍で投げていないし、中島は走塁中に右太もも裏を痛めたかと思えば、先日は昼食中にぎっくり腰にな…

昨年も12球団が2月1日にキャンプイン

なぜ1カ月? プロ野球キャンプ期間「短縮すべき」とOB指摘

広島の黒田博樹(40)が日南キャンプ途中でチームに合流。2月16日からの最終クールに合わせて参加する。広島復帰1年目の昨年は、沖縄の2次キャンプから参加していた。 黒田はアメリカ帰りの超ベテラン。実績も申し分ない、バリバリの元メジャーリーガーだ。キャンプの参加時期も本人任せだから途中参加なのだろうが、そもそも若手もベテランも一緒くたにして2月1日にキャンプインする必…

金子の右肘は「全治3カ月」の見通し/(C)日刊ゲンダイ

メジャー先送りのオリ金子 日本人選手への“風当たり”懸念か

平均3時間を超す試合時間を短縮するという大義名分があるにせよ、日本人投手は黒田博樹(39=ヤンキースからFA)が平均25.2秒でワースト6位、田中は25.1秒で同7位に相当(規定投球回数に達していないため)、岩隈は24.7秒で同9位と、先発だけでワースト10に3人も入っている。田沢純一(28=レッドソックス)に至っては31.8秒だ。日本人投手を標的にしたルールとみ…

すがすがしい語り口だった

“今季で最後”随所に 広島・黒田の引退をチームメイト語る

引退を本当に考え始めたのは9月過ぎでした」 18日、広島の黒田博樹(41)が引退を発表、広島市内で会見を行った。昨オフも引退を検討したが、複数の後輩選手から「ぜひ、来年も一緒にプレーしてください」と直談判されたことなどもあり、現役続行を決意。プロ20年目の今季は7年連続となる2ケタ勝利をマーク。25年ぶりのリーグ優勝に貢献したが、慢性的な右肩、首の痛みを抱え、昨年以…

球団GM人事に振り回されそう/(C)AP

ヤンキース新GMにビーン氏急浮上 マー君の来季にも影響か

節目のシーズンに結果を出せなかったことでオーナーの怒りが爆発するのは当然として、火の粉は田中将大(25)、イチロー(40)、黒田博樹(39)ら日本人選手にも及ぶ可能性もあるから、たかが球団人事と看過できない。 ■ぜいたく税対策にライバル封じ 「キャッシュマンの後任の最有力候補は、あのビリー・ビーンと聞いています」と言うのは、東海岸のある球団関係者だ。 ビリー・ビーン…

None

黒田も困惑…メジャー首脳陣はなぜ選手を大絶賛するのか

「こっちの人は褒めるのが好きだから」 ヤンキースの黒田博樹(39)がこう言った。「こっちの人」とは、メジャーの首脳陣のこと。本人が「自分の頭の中(のイメージ)と実際の投球フォームが一致していない段階。まだ全然」とクビを振っているにもかかわらず、連日ベタボメしているヤンキース首脳陣についてのコメントだ。 褒めちぎられているのは黒田に限らない。メジャーでは、選手に関して…

None

冷徹、ダブつき、墓場…マー君が直面するメジャー事情

黒田博樹(38)だって、いまはエース格と持ち上げられているものの、結果が出なければシーズン中でも切り捨てられる。 ヤンキースはこれまで、ワンマンオーナーが球団を牛耳ってきた。別名「ビッグ・ボス」。負ければ監督室に直接電話をかけて、指揮官を怒鳴り散らす。大金を積んで働かない選手は、容赦なくクビにした。球団関係者にはボスのスパイがうじゃうじゃ。内部情報にも精通していた。…

田中

GM発言は建前か 田中将大の「WBC出場」期待できない理由

日本人メジャーは、黒田博樹が13年大会を辞退、松井秀喜も野手でありながら出場がかなわなかった。田中は7年161億円の大型契約を結んでおり、故障が再発したら今後の契約を棒に振ることになる」 田中と同様、日本人メジャーはダルビッシュ、前田健太ともに肘に古傷を抱えている。守護神候補の上原浩治は来季の去就が未定。野手では青木宣親がアストロズへの移籍が決定。イチローが今さら、…

7月に日米通称200勝を達成

山内泰幸が語る「カープ戦士」の正体

「調子は?」に黒田博樹は「しんどい」とポツリ

「食欲は全然落ちないですね」 クロ(黒田博樹)が笑みを浮かべてこう言いました。 昨年の12月、クロと二軍監督を務める水本勝己さんと3人で、イノシシのしゃぶしゃぶを食べに行きました。広島市内にあるこの店には、以前から足しげく通わせてもらっています。 クロは「うまい、うまい」と言って、どんどん肉を鍋にくぐらせます。私と水本さんがギブアップしたあともクロは、「全然いけます…

黒田はチーム再建と集客の切り札/(C)AP

Dバックスが黒田狙い 高額日本人選手争奪戦への“懐事情”

01年に球団創設4年目で世界一になったダイヤモンドバックス(Dバックス)が今オフ、ヤンキースからFAになった黒田博樹(39)を手始めに、来年メジャー移籍が噂される広島の前田健太(26)らの獲得を目指す方針を決めたという。 Dバックスは日本人選手への関心が高く、12年に斎藤隆(現楽天)がプレー。11年オフはダルビッシュ有(現レンジャーズ)、昨オフは田中将大(現ヤンキー…

練習中は和気あいあい

球場入りから練習後の過ごし方まで…広島黒田「密着24時」

混乱を避けるためなのか、黒田博樹(40)は単独行動が多い。 「練習以外で外に出ることはほとんどない。沖縄入りした17日、那覇空港に300人超のファンが集まったように、行く先々で混乱が起きる。それを避けるためでもあります。沖縄に到着した日の夜、新井や石原などと市内の焼き肉店に行ったのが唯一の外出です」(球団関係者) ■9:49 メーン球場でウオーミングアップ グラウン…

None

メジャー初心者でもわかる マー君「移籍先候補球団」徹底ガイド

(4)デレク・ジーター遊撃手(39)、アレックス・ロドリゲス三塁手(38)、CCサバシア投手(33) (5)松井秀喜(03~09年)、井川慶(07~11年)、黒田博樹(12年~)、イチロー(12年~) (6)09年からア・リーグ東地区優勝(ワールドシリーズ優勝)、2位(リーグ優勝決定シリーズ敗退)、優勝(地区シリーズ敗退)、優勝(リーグ優勝決定シリーズ敗退)、3位…

ブルペンで投球練習する黒田 (C)日刊ゲンダイ

ブルペン前みっちり 広島黒田“メジャー流”ハードトレの中身

18日、広島の黒田博樹(40)が、ナインとともに沖縄での2次キャンプをスタート。のっけから約200人の報道陣を仰天させた。地元沖縄市による歓迎式典が終わり、他の選手がアップの準備を始める中、黒田はひとり球場を後にして隣接する陸上競技場へ。その一室にあるウエートルームに1時間以上、こもったのだ。 メジャーでは、体力も集中力も豊富な練習前にウエートトレをやる選手が少な…

思わぬ“副産物”が…

カープに“6億円争奪戦”勃発 黒田引退でナインさらに奮起

日本シリーズ直前に今季限りでの引退を発表した広島の黒田博樹(41)は、25日の第3戦に先発することが決定。黒田は「残っているのは2チームだけ。お互いいいシリーズにできれば」と、意気込んだ。 黒田は15年に広島に復帰してからの2年間、多くの後輩選手に惜しみなく助言を送ってきた。精神的支柱としてチームを牽引した偉大なる先輩の引退発表に、「黒田さんの花道を飾るためにも、…

キャンプ地で初練習した前田

米で始動のマエケンを待つドジャース「キャンプ歓迎儀式」

08年の黒田博樹(現広島)はエルビス・プレスリーの衣装を着て「ラブミー・テンダー」を披露した。当時、英語が話せなかった黒田は1週間前から通訳とマンツーマンで練習したほど。日本人選手が拙い英語で必死に歌う姿が好感を呼んだのだろう。斎藤、黒田とも儀式を終えると自然にチームに溶け込んでいったという。 前田は渡米する際「コミュニケーションを取って、なじめるようにしたい」と話…

日本には今、2人の注目の黒田がいる

ルーツ一緒も性格は…日銀とカープ「2人の黒田」を徹底比較

8年ぶりの復帰戦を勝利で飾った広島の黒田博樹投手(40)。年俸20億円以上の大リーグからのオファーを蹴って4億円で古巣に戻る。その“男気”に理想の上司像を見た人も多かった。 日本には今、2人の注目の黒田がいる。ひとりは、日銀総裁として日本経済の再生を託されている黒田東彦氏(70)。もうひとりは、8年ぶりに日本に帰ってきた広島カープの黒田、その人だ。 双方のルーツは、…

来季はどこのユニホームを着るのか/(C)AP

FA黒田にオファーなくヤンキースと“決別” 他球団に移籍へ

旧所属球団がFA選手に対して1年契約を提示する「クオリファイング・オファー」(QO)の申請が3日(日本時間4日)に締め切られ、ヤンキースは黒田博樹(39)にオファーしなかった。 QOは12年に導入されたFA移籍に伴う旧所属球団への補償制度。戦力として計算する選手に対して、その年の年俸上位125選手の平均年俸額(今年は1530万ドル=約17億4400万円)で引き留め…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事