日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「織田裕二 子供」に関する記事

ネルソンズ

2016年下半期“ネクストブレーク”芸人

ネルソンズの3人は体育会系 身体能力と笑いを見事融合

織田裕二と同姓同名ゆえに不幸な道を歩んだ32歳独身戸籍係や、自殺志願者2人を同時に説得する童貞青年のコントなどは芸人仲間からの評価も高い。和田のキャラは突っ込み甲斐があるのか、有吉からイジられ続け、それも人気になっている」(テレビ関係者) ネタ以外にも、バラエティーでのリアクション芸で期待できそうだ。(つづく)…

相思相愛のふたり

新「相棒」反町隆史は“引き立て役”に徹することができるか?

仲間由紀恵や織田裕二の名が取り沙汰されたが、主演の水谷豊の意向やスケジュールの関係で反町に決まった、ともっぱらだ。 相棒・反町には賛否両論あるが、水谷は「出会うべくして出会った相棒」とコメントし、反町は「水谷さんの熱い思いに応えたい」と、相思相愛の様子。現場で“天皇”ともいわれる水谷の機嫌を損ねなければ、案外、うまくやっていけるかもしれない。 「要は、水谷さんを引き…

評価もギャラも上昇中/(C)日刊ゲンダイ

テレビに出版界も 安藤美姫がメディアに大人気のワケ

6月に放送された織田裕二主演のスペシャルドラマ「奇跡の教室」(同)ではついに女優デビューも果たし、女優ミキティの評判も上々。 出演はいまのところ日テレが多いが……。 「実は元日テレでバラエティーのプロデューサーだった女性が専属マネジャーになったからです。当時の人脈を生かして局内に営業攻勢を掛け、仕事量が増えました。視聴率競争で飛ぶ鳥を落とす勢いの日テレで露出すれば嫌…

「相棒」右京役の水谷豊

刑事ドラマを100倍楽しく見る方法

「相棒」のようにいかないリアル刑事の地味な仕事

例えば、「相棒」の右京さん(水谷豊)や「踊る大捜査線」の青島刑事(織田裕二)を見て刑事に憧れる気持ちは私にもよく分かります。右京さんのように誰もが見逃すようなちょっとした証拠をもとに推理によって事件を解決に導いたり、青島刑事のように所轄と本庁の待遇の差に怒りながらも全力で捜査に打ち込み事件解決のきっかけをつくる姿はたしかにカッコイイです。 しかし、警察官の仕事を3…

内海桂子さん

愉快な“病人”たち

漫才師 内海桂子さん(93) 乳がん

その翌年の6月、ドラマの打ち上げで織田裕二さんに花束をいただいた時、抱きかかえてクルッと1回転してくれたんです。そしたら、脇の下の辺りにピリッと痛みを感じましてね。 また11月に映画の撮影でおんぶされるシーンがあったんだけど、グリグリができていて痛いから、ちょっと腕の位置を調整してもらったんです。 気になったので病院に行くと「はい、乳がんです!」って。でも、うちは…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事