日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「黒田博樹 メジャー」に関する記事

メジャー出戻り組の4人

阪神も藤川狙いだった プロ野球は「メジャー帰り」になぜ垂涎

昨オフ、広島入りした元ヤンキースの黒田博樹(40=4億円)はともかく、ソフトバンクはメジャーで先発オファーがなかった松坂大輔(34)を3年12億円、オリックスは2年間で一度もメジャーに上がれなかった中島裕之(32)を3年最大12億円でそれぞれ獲得。しかし松坂は故障で一度も一軍で投げていないし、中島は走塁中に右太もも裏を痛めたかと思えば、先日は昼食中にぎっくり腰にな…

田中

GM発言は建前か 田中将大の「WBC出場」期待できない理由

日本人メジャーは、黒田博樹が13年大会を辞退、松井秀喜も野手でありながら出場がかなわなかった。田中は7年161億円の大型契約を結んでおり、故障が再発したら今後の契約を棒に振ることになる」 田中と同様、日本人メジャーはダルビッシュ、前田健太ともに肘に古傷を抱えている。守護神候補の上原浩治は来季の去就が未定。野手では青木宣親がアストロズへの移籍が決定。イチローが今さら、…

復帰会見では自信のない発言ばかりだった黒田/(C)日刊ゲンダイ

広島復帰会見でも弱気発言ばかり データが示す黒田の“退化”

16日、広島市内で行われた黒田博樹(40)の入団会見。ホテルの会見場には150人の報道陣が押し寄せ、地元広島では24年ぶり優勝の機運が盛り上がっている。スポーツマスコミも「メジャーの20億円オファーを蹴飛ばした男気」と大騒ぎで、広島の地元民放4局すべてが会見を生中継したほど。会見では「最低15勝」とか「20勝」といった景気の良いセリフを期待したものの、しかし、本人…

金子の右肘は「全治3カ月」の見通し/(C)日刊ゲンダイ

メジャー先送りのオリ金子 日本人選手への“風当たり”懸念か

平均3時間を超す試合時間を短縮するという大義名分があるにせよ、日本人投手は黒田博樹(39=ヤンキースからFA)が平均25.2秒でワースト6位、田中は25.1秒で同7位に相当(規定投球回数に達していないため)、岩隈は24.7秒で同9位と、先発だけでワースト10に3人も入っている。田沢純一(28=レッドソックス)に至っては31.8秒だ。日本人投手を標的にしたルールとみ…

None

ヤ軍の先輩投手・黒田が激白 マー君を襲う「中4日の苦難」

「ボクは1年目、登板間隔の2日のロスをどう埋めていくかをずっと考えていましたね」と言うのはメジャー7年目を迎えた同僚の黒田博樹(39)だ。 ■「100球でも疲労は変わらない」 日本のプロ野球の先発投手は中6日。メジャーは中4日。この「登板間隔の2日のロス」が長いシーズンにおいてボディーブローのように効いてくるらしい。 「日本の先発投手は基本的に1週間おきに先発が回…

日本復帰初戦のヤクルト戦も援護は2点だった

プロ野球記録の真実

記録分析のプロ解説 黒田が米で勝ち越せなかった2つの理由

黒田博樹(広島)はメジャー7年間で211試合に先発しているが、同期間で200先発以上は21人しかいない。メジャーは30球団だから黒田の頑丈さはすこぶる高い評価なのだ。 最近5年間すべてが30先発以上。故障知らず。いつしかエースとみなされヤンキースの選手間ではイチローよりも尊敬を集めていた。QS(クオリティースタート。先発して6回以上、3自責点以下)の103試合は9位…

ブルペンで投球練習する黒田 (C)日刊ゲンダイ

ブルペン前みっちり 広島黒田“メジャー流”ハードトレの中身

18日、広島の黒田博樹(40)が、ナインとともに沖縄での2次キャンプをスタート。のっけから約200人の報道陣を仰天させた。地元沖縄市による歓迎式典が終わり、他の選手がアップの準備を始める中、黒田はひとり球場を後にして隣接する陸上競技場へ。その一室にあるウエートルームに1時間以上、こもったのだ。 メジャーでは、体力も集中力も豊富な練習前にウエートトレをやる選手が少な…

None

黒田も困惑…メジャー首脳陣はなぜ選手を大絶賛するのか

「こっちの人は褒めるのが好きだから」 ヤンキースの黒田博樹(39)がこう言った。「こっちの人」とは、メジャーの首脳陣のこと。本人が「自分の頭の中(のイメージ)と実際の投球フォームが一致していない段階。まだ全然」とクビを振っているにもかかわらず、連日ベタボメしているヤンキース首脳陣についてのコメントだ。 褒めちぎられているのは黒田に限らない。メジャーでは、選手に関して…

None

メジャー初心者でもわかる マー君「移籍先候補球団」徹底ガイド

(4)デレク・ジーター遊撃手(39)、アレックス・ロドリゲス三塁手(38)、CCサバシア投手(33) (5)松井秀喜(03~09年)、井川慶(07~11年)、黒田博樹(12年~)、イチロー(12年~) (6)09年からア・リーグ東地区優勝(ワールドシリーズ優勝)、2位(リーグ優勝決定シリーズ敗退)、優勝(地区シリーズ敗退)、優勝(リーグ優勝決定シリーズ敗退)、3位…

None

マエケン「メジャー挑戦」発言で広島球団が見せた“大人の度量”

現ヤンキースの黒田博樹のときにいたっては、FA権を取得したオフに4年12億円で残留させながら、「契約期間内のメジャー挑戦を自由に認める」との付帯条件をつける、気前の良さだった。黒田がドジャースに移籍したのはこの翌年。球団がエースの背中を押したのだ。 ■「上限20億円」で三木谷オーナーは手のひら返し そこへいくと、楽天はケツの穴が小さい。田中将大(25)がメジャー挑戦…

食うには困らないほど稼いだが…

メジャーでは多種多様 引退の黒田が見据える2ndキャリア

「リーグ優勝することができたし、満足いく野球人生だったと思う」 今季限りで引退した広島の黒田博樹(41)が4日、マツダスタジアムで会見、報道陣にこう言った。 今後は未定。「とりあえず野球から離れ、ゆっくりしたい」と、自宅のある米国のロスで骨休めをするようだ。「(将来は)日本とアメリカで20年もプレーさせてもらったので、さまざまな人に還元できるようなことがあれば還元し…

7月に日米通称200勝を達成

山内泰幸が語る「カープ戦士」の正体

「調子は?」に黒田博樹は「しんどい」とポツリ

「食欲は全然落ちないですね」 クロ(黒田博樹)が笑みを浮かべてこう言いました。 昨年の12月、クロと二軍監督を務める水本勝己さんと3人で、イノシシのしゃぶしゃぶを食べに行きました。広島市内にあるこの店には、以前から足しげく通わせてもらっています。 クロは「うまい、うまい」と言って、どんどん肉を鍋にくぐらせます。私と水本さんがギブアップしたあともクロは、「全然いけます…

いよいよメジャー挑戦か

マエケン直訴も…メジャー挑戦のカギ握る広島・黒田の去就

「納会にはシーズン終了後にロスに戻った黒田博樹(40)が出席する可能性がある。黒田は40歳の体にムチ打って11勝を挙げるも、現役続行か引退か去就を明らかにしていない。もし納会不参加となっても、近日中には来日することになっているから、そこで球団と来季について話し合うはず。チーム内では、黒田の現役続行を熱望する選手、関係者が納会、納会ゴルフで黒田に残留を願い出るつもり…

広島・黒田には“引退覚悟”の強み

新・鬼の遺言

似ているようで正反対 メジャー帰り黒田と松坂の「光」と「影」

【連載コラム 小倉清一郎「新・鬼の遺言」】 ソフトバンクの松坂大輔と広島の黒田博樹。この2人が宮崎と沖縄のプロ野球キャンプを沸かせた主役だろう。 同じように「メジャー帰り」の2人だが、実は対照的だ。投球フォームに悩んでいる松坂に対し、黒田の方は実にスムーズ。表向きは「自信がない」と話しているが、本当のところは自信があるのではないか。 昨年まで5年連続で2ケタ勝利を続…

5年20億円で結局阪神に残留/(C)日刊ゲンダイ

黒田の“男気”とまるで逆 あまりに情けない鳥谷「生涯虎」宣言

広島に復帰を決めた黒田博樹(39)はメジャー複数球団から巨額のオファーを受けていた。最高額はパドレスの21億円。しかし黒田は札束の山を蹴飛ばし、単年4億円で古巣に戻った。 「カープで投げる方が、一球の重みを感じられると思ったから。日本で投げずに野球人生が終わったら納得できないのではないか。(復帰を待ち望む)ファンの気持ちも大きかった」と言う黒田の男気は、広島ファン…

None

「マー君争奪資金」捻出か? 大物メジャー選手FA移籍が本格化

ヤンキースは黒田博樹投手(38)と1年16億円で再契約。さらにベルトラン外野手(36=カージナルスからFA)を3年45億円で獲得。一方、ヤンキースからFAになっていたカノー二塁手(31)は10年240億円でマリナーズ、グランダーソン外野手(32)は4年60億円でメッツに移籍した。 ヤンキースは、カノーの莫大な要求を拒否。手広く補強をしながら、着々と田中資金をため込…

None

侍ジャパン戦士が明かすWBC秘話

WBC活躍の源? ヤクルト山田哲人が再会したメジャーの味

None

●WBCネット裏のメジャースカウトが付けた 日本人3投手の値段

菅野智之(巨人) 制球とクレバーさは黒田並み 7年100億円

さらなる成長を期待したい」 別のメジャースカウトは、前出のスカウトと同様の課題を指摘した上で、「黒田博樹と同じくらいの活躍ができるポテンシャルは秘めている」と、こう言った。 「菅野は黒田と投球スタイルがよく似ている。制球が良く、ベースの左右高低を使って投げられる。しかもクレバーだ。日本で投げている時は視野が広い。ゲームの状況を見ながら配球し、調子に応じて主体にする球…

最多勝、勝率第1位のタイトルをほぼ確定

プロ野球タイトルホルダーの本性

広島・野村祐輔を突き動かす早大と巨人への反骨心

カープのエース投手と言えば、過去には黒田博樹、前田健太がメジャーに挑戦している。08~09年の2年間で26勝を挙げてメジャーに『Uターン』したルイスもそうだ。野村の実績は3人には及ばないが、来春のWBCの侍ジャパンのメンバーに選出される可能性もあり、これが一つの指標になりそうだ。あるメジャー球団のスカウトが言う。 「野村の武器は制球力です。黒田も前田もルイスも制球…

昨年も12球団が2月1日にキャンプイン

なぜ1カ月? プロ野球キャンプ期間「短縮すべき」とOB指摘

広島の黒田博樹(40)が日南キャンプ途中でチームに合流。2月16日からの最終クールに合わせて参加する。広島復帰1年目の昨年は、沖縄の2次キャンプから参加していた。 黒田はアメリカ帰りの超ベテラン。実績も申し分ない、バリバリの元メジャーリーガーだ。キャンプの参加時期も本人任せだから途中参加なのだろうが、そもそも若手もベテランも一緒くたにして2月1日にキャンプインする必…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事