日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

溝上憲文に関する記事

写真はイメージ

非正規も「残業代ゼロ」に…労働力“ポイ捨て”進める安倍政権

「2016年 残業代がゼロになる」(光文社)の著者でジャーナリストの溝上憲文氏がこう言う。 「9時から5時まで働いて年収1075万円だった人が、残業代ゼロで月100時間残業したらどうなるか。私の試算では実質年収は680万円、400万円近く下がります。とりわけ金融業界には商品の開発やアナリスト、SEなど、有期契約の高額スペシャリストが多い。そうした人たちが実質賃金カッ…

立ち入り調査のため、電通に入る東京労働局

電通に続き関電…大企業ほど陥る“過労死”なくならぬ理由

■一度退職したらもう再就職できない 「企業は激務を減らすよう努力するでしょうが、長続きしませんよ」と苦笑するのは労働問題に詳しいジャーナリストの溝上憲文氏だ。 「大企業の経営トップにも“自分が若いころは眠らずに働いた”と自慢し、“社員は死ぬ気で頑張れ”と号令する人がいる。こうした経営者はギリギリの人数で最大の効果を出すことに躍起になり、社員はそれに応えようとして自…

写真はイメージ

過労死も自己責任に? 働き方改革の柱“テレワーク”の盲点

ウチの会社でも一部テレワークを導入していますが、子どもをあやしながらダラダラ仕事をしたら、かえって労働時間が増えたという女性社員もいます」(化粧品メーカー関係者) 人事ジャーナリストの溝上憲文氏が言う。 「仕事が速くて自己管理できる人はいいですが、そうでない人は“サービス残業”を強いられかねない。テレワークでは当然ノルマを課されるわけで、達成するまで働かざるを得ませ…

None

世帯月収50万円の壁

30代半ばで50万円もらえる仕事は何?

企業の給料に詳しい人事ジャーナリストの溝上憲文氏が言う。 「大卒のホワイトカラーの税込み年収は、30歳で400万~450万円、35歳で500万円くらい。40歳になってようやく600万円に手が届くというのが世間の相場です。今回の試算を仮に35歳と考えると、年収ベースで〈50万円×12=600万円〉となる。世間相場より100万円ほど高いわけで、民間企業では都市銀行や生…

None

崖っぷちの「東芝社員」

給料はいくら減るのか

となると、いま60歳の人は、退職年金を選ぶより一時金で受け取った方が、リスクはないといえます」(年金問題に詳しいジャーナリストの溝上憲文氏) 業績悪化で会社が倒産となれば、“ない袖は振れない”のだ。…

法的な責任は認めなかった…(渡辺美樹氏)

ニッポン過労死の現場

裁判沙汰になっても…企業は保険で「1円」も損しない

もし遺族とモメて慰謝料請求の訴訟を起こされても、安全配慮義務違反が発生した企業の賠償金を補償する民間損保の『業務災害補償プラン』の保険がありますから」(人事ジャーナリストの溝上憲文氏) なんと、裁判になっても企業は痛くもかゆくもないのだ。全国商工会議所も先日まで会員企業にこの保険への加入を呼びかけていたが、ごく普通のプランの場合、1人当たり最高3億円まで補償。どうり…

離脱の連鎖が起きる可能性も…

英EU離脱ショックで暮らしはこうなる

有効求人倍率0.47倍でリーマン翌年の悪夢に逆戻り

さすがに全員を正社員化するわけにもいかず、大量の失業者が出ることも考えられます」(人事ジャーナリストの溝上憲文氏) 日本から離脱したくなってきた。…

写真はイメージ

こんなに変わるサラリーマン新常識

効率的に行動する社長は映画を見る

人事ジャーナリストの溝上憲文氏がその理由をこう説明する。 「今の企業経営は、昔のようにグループ同士の互助会的にやっていけばうまくいくような時代ではありません。接待ゴルフが減っているのは、そんな背景があります。トップは非常に孤独になっており、自分で考える時間が欲しい。そのため、一人になるために映画館へ行ったり、街歩きを趣味にする人が増えているようです」 もちろん、忙…

写真はイメージ

こんなに変わるサラリーマン新常識

課長以上に出世できる男 100人のうち12人

そこでせっかく昇進した男性管理職の10人に2~3人が、能力とは関係なく降格させられる可能性があります」(人事ジャーナリスト・溝上憲文氏) ■年収は生涯600万円に届かず 労働政策研究・研修機構の最新調査では、女性の課長は9.2%、部長が6%となっている。「40~44歳」は、ただでさえ100人に17人ほどしか課長になれないのに、もっと昇進が難しくなる。これを単純に計算…

鴻海は成果主義(左は郭同社会長)

鴻海は成果主義 クビが危ないシャープ社員は事務系管理職

人事ジャーナリストの溝上憲文氏はこう言う。 「一般的に外資が吸収合併する場合、1年間はリストラしません。社内の動揺を抑えるためと、優秀な人材の流出を避けるためです。1年かけて社員を見定めた後、一気にリストラを進めていく。技術職や財務、法務などのスペシャリストは重宝されるでしょうが、危ないのは事務系の管理職です。鴻海が自前で用意できる人材は、バッサバッサと切られてい…

直近の主な人員整理

シャープは平均750万円 会社員「割増退職金」の相場いくら

人事ジャーナリストの溝上憲文氏に聞いた。 「大企業の場合、一般的に50歳前後の退職金は2000万円程度。59歳で2500万~3000万円。これに、給与1年分の割り増しが出れば御の字です。東芝は50歳で割り増しを含め約3000万円ほどと考えられます。90年代後半は割り増しだけで給与の2年分ありました」 ■中小企業の割増退職金はせいぜい半年分 ただし、大企業でもホワイト…

課長職も不要になるのか?

シャープが管理職半減 会社員の「ポストと給料」はこう変わる

人事ジャーナリストの溝上憲文氏がこう解説する。 「キヤノン、日立、パナソニックなどで広まるこうした管理職ポストの改革案は、部長職の権限強化と若手抜擢を促すもの。これまでなら部長の下で複数の課長を競わせ、その中から勝ち抜いた人物を次の部長に登用していた。それが今や、課長という“雑巾がけ”の期間を経ず、35歳でもいきなり事業本部長に抜擢されることも想定される。つまり、…

大企業の平均は389万円

「60歳再雇用」の給料 気になるアノ会社はいくらもらえるのか

ややもすると、現役サラリーマンは再雇用時の給料に無頓着ですが、60~64歳の給与水準は転職などで会社を選ぶ材料になります」(人事ジャーナリスト・溝上憲文氏) サントリーや大和ハウスの定年は65歳。60歳以降は、60歳時の6~7割の給与がもらえる。 他の企業はどうか? 大和証券の営業マンは70歳まで継続雇用されるが、給料は現役最高時の3割程度減らされるだけ。成績に応じ…

写真はイメージ/(C)日刊ゲンダイ

求人増で離職増加?アベノミクス“転職バブル”はあと2カ月

人事ジャーナリストの溝上憲文氏がこう言う。 「正社員として採用する場合、1~2年で退職した若手を企業は取りたがらない。一定のスキルを得るには最低3年が必要とみるからです。結局、いま人手不足なのは“離職率の高い業界”。3年以内の離職者の転職先は小売り、流通などの労働集約型、いわゆるブラック企業が多い。そもそも、アベノミクスで業績を上げたのは円安の恩恵を受けた製造輸出…

写真はイメージ/(C)日刊ゲンダイ

来月施行「過労死防止法」のマヤカシ…企業に罰則の文言ナシ

厚労省が過労死防止法にどこまで本気なのかにかかっています」(人事ジャーナリスト・溝上憲文氏) 確かに、これで過労死が減るとは思えない。…

写真はイメージ/(C)日刊ゲンダイ

もう起き始めた アベノミクス「女性管理職3割」の弊害

男性社員が不公平だと感じるのは当然です」(人事ジャーナリスト・溝上憲文氏) ■女性にゲタ すでに、数合わせの“弊害”が、あちこちで発生している。ある金融業の昇進審査には、“女性枠”なるものが存在する。課長にふさわしいマネジメント能力があるかを審査するはずが、<女性の割に優秀だから…>と、ゲタならぬ草履を履かせて昇進させるのだそうだ。職場には不穏な空気が蔓延し、「逆差…

写真はイメージ/(C)日刊ゲンダイ

9割が晴天の霹靂…どう乗り越えるか「役職定年ショック」

早くから役職定年後のことを考えているのは1割程度ではないでしょうか」(人事ジャーナリストの溝上憲文氏) 少し早めにセカンドキャリアを生きようと心を入れ替えて準備している人と、まだまだ現役にこだわって準備をしない人――会社がどちらを望んでいるかといえば当然、前者だ。 役職定年は、いわばサラリーマン人生の「終活」。自分の人生に簡単に折り合いをつけられないのは無理もないが…

庶民イジメ/(C)日刊ゲンダイ

独は1200円 安倍首相が「最低賃金」を一気に上げない理由

〈2020年までに800円〉とノロノロなのは、そうした思惑があるからです」(人事ジャーナリストの溝上憲文氏) 残業代ゼロ制度を推し進め、賃金抑制に血眼の安倍には、メルケル首相の爪のアカを煎じて飲ませたい。…

ザッケローニ監督/(C)日刊ゲンダイ、独代表レーブ監督/(C)AP)

監督は「規律」か「放任」か? W杯観戦は“マネジメント視点”で

組織を託される管理職や中高年サラリーマンには大いに参考になると思います」(人事ジャーナリスト・溝上憲文氏) 強豪国や有名クラブを問わず、サッカー監督の主流は「規律重視型」だ。試合の戦術から選手の体調管理まですべてに目を光らせ、言うことを聞かないなら、スーパースターだろうがバッサリ切る。 「W杯優勝候補であるドイツ代表のレーブ監督(54)や、ロシア代表監督のカペッロ(…

None

韓中企業に引き抜かれる日本人技術者の仰天「好待遇」

日本の終身雇用が崩れ、ここ数年冷遇されてきた技術者が、海外企業に転職する動きは今後も増えていくでしょう」(人事ジャーナリスト・溝上憲文氏) かつて日本企業がシェアを独占していた半導体や有機ELも、このところ韓国や中国の企業が押している。また最近は、原発の技術者が引っ張りだこで、次々とアジア企業に引き抜かれているという。こうして日本のモノ作りは没落している。…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のグルメ記事