日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

ぶっつけ本番・キャストの関連ニュース

会見後にポーズをとる代表の面々

リオ女子バスケ代表エース渡嘉敷に“ぶっつけ本番”の不安

今はWNBA開幕直後で頭がいっぱいだから、7月中旬にビデオなどで(チーム状況、戦術などを)伝えたい」としているが、ぶっつけ本番で世界の強豪相手にどこまで通用するか。…

「少しはまってない感じ」

本番前に露呈 4回転不調の羽生結弦に“ぶっつけ本番”不安

香川には大きな期待がかかる/(C)AP

MF陣に負傷者続出 ドルト復帰の香川にかかる大黒柱の重圧

■フライブルク戦の連携はぶっつけ本番 ドルトムントはMFのタレントが豊富なチーム。復帰直後は前所属マンUで出場機会が激減、コンディションが整わない香川が激しいポジション争いに勝てるか不安視する声が圧倒的だった。ところが、いまや香川抜きでは攻撃力が大幅ダウンという“スクランブル”状態になってしまった。 フライブルク戦でトップ下に香川が入るとすれば、両サイドにムヒタリ…

None

【ダービー】28日に迫ったダービーへ19頭が名乗り

だが、皐月賞組にも僅差の②、③着だったペルシアンナイト、ダンビュライトや、ぶっつけ本番で⑤着のレイデオロ。さらには中山→東京替わりが魅力の⑥着スワーヴリチャードなど逆転候補が多数いる。 別路線組には3連勝で青葉賞を制したアドミラブルをはじめ、きさらぎ賞、毎日杯と連続②着のサトノアーサー。さらにはプリンシパルSが2馬身半差の完勝だったダイワキャグニーなどの好素質馬も。…

None

がんステージ3 風俗嬢セリナの遺言

仏さまは地獄に落ちて初めて見える

考えに考えた結果何も思いつかず、結局ぶっつけ本番、事務所でピコピコ野球のゲームに熱中している彼に、軽いノリを装って言った。 「私、子宮のがんになっちゃったんだよね」 小さい頃から、大事な事を話すときになぜかヘラヘラしてしまってよく怒られていた。その時もやっぱり私はヘラヘラしていた気がする。時間が止まったみたいだった。店員も手を止め、こちらを見ないよう、静かに目を背け…

None

【京王杯SC】マイル王者へ勢いをつけるのは?

ぶっつけ本番で臨んだ前走の高松宮記念でも0秒3差③着と、地力の高さを示した。左回りは芝、ダート問わず7勝と得意。千四でも4勝と距離に不安はない。 ここ4年で2勝のダービー卿CT組からは②着キャンベルジュニア、③着グランシルクらがエントリー。 キャンベルは東京で3戦①①②着。初めての千四を克服すれば、GⅡでも侮れない存在だ。グランシルクも2戦2勝と相性のいい舞台で、念…

None

新生シンクロ日本 国際大会2連勝

手足がすらりと長く、抜群のプロポーションの持ち主が揃うだけに決して侮れないものの、世界選手権には新チームの演技が未完成のままぶっつけ本番で登場する可能性もある。 中国にしても先のフレンチ・オープンは上海、広州の2チームが出場し、優勝した日本(計183.9673点)は、3位の広州(計170.7847点)に10点差以上をつけた。現時点で代表チーム編成は遅々として進んでい…

None

シャラポワ 有力選手からブーイングの嵐

専属コーチが付いているとはいえ、現役選手の生きた球を打てないままぶっつけ本番を強いられかねないのだ。 処分は明けても、復帰はいばらの道か。…

None

同時進行!! ウイークリー馬券小説 止まり木ブルース

止まり木

あ…

None

【GⅠ皐月賞】注目はディープ2頭

ぶっつけ本番でも素質は侮れない。 朝日杯FSを制した最優秀2歳牡馬サトノアレスも、スプリングS④着をたたいて巻き返しが十分ある。 伏兵陣も多士済々。見応えのある一戦になりそうだ。…

None

【日曜阪神11R・桜花賞】出走全馬の特選情報

ぶっつけ本番も予定通り。順調に調整できて、今のところ落ち着きもあります。あとは当日、どんなテンションで臨めるかがポイント。 ②ライジングリーズン ――1枠2番になりました。 奥村武調教師 いい枠を引きましたね。乗り方はジョッキーが考えてくれるでしょうから、僕らはいい状態で持っていけるように努めるだけです。 ――期待のほどをお願いします。 奥村武師 テンションの上がり…

None

【桜花賞1週前】本番一本ミスエルテ 反応良く1馬身先着

けさは朝日杯FS④着から“ぶっつけ本番”のミスエルテがCウッドで1週前追い切りを消化した。 古馬一千万のシルバーポジー相手に直線で無理なく追いつくと、最後は1馬身先着。時計は6F81秒8―38秒5、ラスト1Fは11秒7だった。 先週のひと追いでスイッチが入ったか、この馬らしい素晴らしい反応、瞬発力。テンションが少し高いのは相変わらずだが、来週はこれまで通り半マイル程…

None

【高松宮記念】エントリーは21頭

今回はぶっつけ本番となるだけに、最終追い切りで仕上がりをきっちりとチェックしたい。 メラグラーナは昨夏以降は5戦4勝で、前哨戦のオーシャンSを制覇。南半球産の遅生まれで、ここにきて一気に力をつけてきただけに、新星誕生のシーンも十分ある。 牝馬レッツゴードンキは前走の京都牝馬Sで1年10カ月ぶりの勝利と完全復調ムード。こちらも侮れない1頭になりそうだ。…

ひとたたきして昨年以上の状態

藤岡記者 勝負がかり

【フェブラリーS】ベストウォ―リア〝4度目の正直〟だ

過去2年は年明け初戦がGⅠのぶっつけ本番だった。今回は58キロの斤量でも、あえて前哨戦の根岸Sに出走。結果も0秒2差の②着だ。最後は勝ち馬の決め手に屈したものの、③着には2馬身半差をつけている。その取り口も好位直後から、しっかり脚を伸ばす安定感ある走り。あらためて、センスの良さ、そして力も証明してみせた。 使った今回は攻め馬の反応まで違ってきた。前走時の直前はラスト…

サウンドトゥルー

【日曜東京11R・フェブラリーS】出走全馬の特選情報

それもあり、ぶっつけ本番の形をとったんだ。順調そのものでやればいくらでも時計が出る感じ。後半の時間帯でこの時計なら文句なし。 ④コパノリッキー 村山調教師 前3走は真面目に走っていない感じで。でも、状態はいいですよ。中間も負荷はかけられたし、仕上がっています。左回りのマイルはこのレース、南部杯と実績を残している。ポテンシャルが高く、本気を出した時は強い。ジョッキーが…

None

【日曜京都11R・エリザベス女王杯】出走全馬の特選情報

ぶっつけ本番のミッキークイーン。10月9日に帰厩後は坂路で順調に攻め馬を消化している。今週は軽く仕掛けただけで4F52秒0―11秒9で3馬身先着とA評価の動きを見せた。仕上がりはマル印がつく。…

ミツバが大外枠からまさかの逃げ

データ室・武田記者のラップと馬場差を徹底分析する

菊花賞の10分前に東京メーンで衝撃のレースが

6月の三田特別を驚異的な時計で勝利し、「神戸新聞杯から菊へ」の予定だったが、前哨戦を使えず、ぶっつけ本番になってしまった。今回のダメージが尾を引かなければ、間違いなく重賞を狙える器。次走を楽しみにしたい。 さて、GⅠだから菊花賞について長く触れたが、本当に衝撃が大きかったのはその10分前。東京メーンのブラジルC(写真)ではないか。 いつもいい追い込みを見せるミツバが…

今季の有原は突如の乱調が多かった

紅白戦で3回9失点 日ハム有原ファイナルS前に“悪癖”露呈

CSファイナルの前には戻ってくる予定だが、帰国中は満足な練習ができず、ぶっつけ本番になる可能性が高い。 CSファイナルステージは1勝のアドバンテージがあるとはいえ、ファンにとっては不安材料だ。…

GⅠ馬の先輩スノードラゴン(右)を楽に振り切って先頭ゴール

【セントウルS】まさかの逃げ切りビッグアーサー

昨年の覇者でGⅠ3勝のストレイトガールは先日、引退を発表し、高松宮記念②着のミッキーアイルはぶっつけ本番。あとはキーンランドC組だが、勝ち馬ブランボヌールを含めて4頭の3歳馬が掲示板に入ったとはいっても、経験値の差は明らかだ。 手薄なスプリント路線では、もはや国内に敵はなし。そう、絶対王者ロードは世界でも王者だった。その再現まで今のビッグアーサーには期待したくなっ…

黒﨑紀正さんは現在73歳

異色の医師

ボート競技は歯科大入学後 1964年東京五輪の代表に

まさにぶっつけ本番。対戦してみたらスタート直後から徐々に引き離され、まったく歯が立ちませんでした。でも、実力は出し切れたので、悔しさよりも、すがすがしい充実感が思い出として残っています」 ■チームワークは組織を動かす要 競技は五輪までで引退したが、五輪出場の経験が患者への歯科診療に直接、役立ったかどうかは考えてみたこともない。 しかし、ボート部時代はほとんど戸田の合…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事