日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「前田健太 イチロー」に関する記事

マーリンズはイチローでひと稼ぎしたい

マーリンズとも思惑一致 イチローまさかの18年WBC出場へ

例えばドジャースのザイディGMは、前田健太(28)の出場について「終盤に疲労がみえた。始動が早まるのは心配だ」とコメント。ヤンキースのキャッシュマンGMは、右肘靱帯部分断裂を患った田中将大(28)に関して「健康を維持できるようであれば、(出場は)問題ない」と話している。 メジャーリーグ(MLB)にとってWBCはあくまでカネ儲けの場。各球団にとっては何よりレギュラーシ…

四回、満塁のピンチで汗をぬぐう前田

イチローに配球見透かされ…マエケン「15勝目」はお預け

ドジャース・前田健太(28)が11日(日本時間12日)のマーリンズ戦に登板。6回を8安打3失点(自責点2)、1敬遠、3奪三振で今季9敗目(14勝)を喫した。 4月に続き、日米通じて2戦目となったイチロー(42)との対決は一回、無死一塁から140キロのシンカーで投ゴロ併殺に仕留める。三回まで1安打、わずか30球と危なげない立ち上がりを見せたが、四回に、そのイチローを…

イチロー(左)とマエケンがいよいよ初対決

初対決のマエケンは要警戒 イチローは日本人投手をカモに

開幕4試合で1失点のドジャース・前田健太(28)が、29日のマーリンズ戦に先発する。 相手先発は13年の新人王であるホセ・ヘルナンデス(23)。エース級との投げ合いは初めてだけに打線の援護は未知数だが、それ以前に警戒しなければならないのはイチロー(42)だ。 というのもイチローは日本人投手との初対戦にめっぽう強いからだ。野茂には01年に2打数無安打、松坂には07年に…

3回、中飛に倒れるイチロー

3日で10安打の好ペースも イチロー3000安打まだ視界不良

相手の先発右腕オドリッジを攻略しきれず、これで先発した試合では前田健太と対戦した4月28日のドジャース戦以来、7戦ぶりの無安打に終わった。 正左翼手イエリッチ(24)の腰痛で出場機会を得たイチローは21日(日本時間22日)からの3試合で4、2、4安打の計13打数10安打。3試合連続複数安打は、12年9月以来、実に4シーズンぶりのことだ。 ここまでメジャー通算2960…

春季キャンプでキャッチャーと話し合う前田健太

2勝目も心証害した可能性…マエケンに球審の嫌がらせ不安

17日(日本時間18日)のジャイアンツ戦で、7回を4安打1失点で2勝目を挙げたドジャース・前田健太(28)。尻上がりに調子を上げたが、初回に2四球と精彩を欠いた。初めてバッテリーを組んだ正捕手グランダルと息が合わなかっただけでなく、球審を務めたアルフォンソ・マーキス審判の判定が厳しかったのも事実。序盤は右打者への外角低めの変化球を、ことごとく「ボール」と判定された…

None

ドジャース年俸総額3年連続トップ

CBSスポーツ(電子版)など複数の米メディアの報道によれば、前田健太(28)が所属するドジャースが2億4206万828ドル(約268億円)で3年連続のトップ。田中将大(28)のヤンキースが2億153万9699ドル(同223億円)で続き、3位には1億9980万5178ドル(同221億円)でレッドソックスが入った。 日本人所属球団では、昨季108年ぶりに世界一になった…

本人は意欲的だが…

“投壊”侍ジャパンに待望論 「上原守護神」を阻む複雑事情

レッドソックスからFAとなっている上原浩治(41)、ドジャース・前田健太(28)、ヤンキース・田中将大(28)、アストロズ・青木宣親(34)の4人を軸に招集を検討しているという。スポーツマスコミは、まるで全員が出場するかのように報じているが、前回大会はイチローをはじめ、ダルビッシュら日本人メジャーリーガーが全員辞退した。さるMLB関係者は「今回も出場は厳しいでしょう…

田中

GM発言は建前か 田中将大の「WBC出場」期待できない理由

田中は7年161億円の大型契約を結んでおり、故障が再発したら今後の契約を棒に振ることになる」 田中と同様、日本人メジャーはダルビッシュ、前田健太ともに肘に古傷を抱えている。守護神候補の上原浩治は来季の去就が未定。野手では青木宣親がアストロズへの移籍が決定。イチローが今さら、WBCに出るとは考えづらい。 そもそも、最初からメジャーリーガーの参加は「あわよくば」の域を出…

チームを牽引したが

新人王最終候補に選出も…ドジャース前田の受賞は困難か

ドジャース・前田健太(28)が全米野球記者協会(BBWAA)選出の新人王候補3人のうちの1人にノミネートされた。 今季はチーム最多の32試合(175回3分の2)で同トップの16勝(11敗)、防御率3.48。ポストシーズン進出に貢献したが、受賞は難しい。同僚のコーリー・シーガー遊撃手(22)が157試合で打率3割8厘、26本塁打、72打点と、新人王どころかMVPの候補…

チアガールに扮した前田

マエケンはチアガールに 日本人が受けたメジャーの“洗礼”

11日(日本時間12日)にはドジャース・前田健太投手(28)、コーリー・シーガー内野手(22)らのルーキーたちがチアガールの衣装に身を包んで、12日からのヤンキース戦に備えてニューヨークへと移動した。 前田は初めて経験する仮装での移動に大はしゃぎ。カメラマンのポーズの要求に笑顔で応じるなど、終始、ご機嫌でクラブハウスを後にした。 01年には当時マリナーズのイチロー…

米メディアも絶賛の投球だった

マエケン快挙で米に激震 「日本人投手を再評価」と評論家

ドジャースの前田健太(28)が23日(日本時間24日)のロッキーズ戦に先発、七回途中まで3安打無失点の好投で3勝目を挙げた。「日米通算100勝目」とスポーツマスコミは騒いでいるが、それより何より開幕から4試合に投げて計1失点、防御率0.36はリーグトップ。大リーグ公式ホームページによれば、デビューから4試合に先発、20回以上投げて1失点以下は史上初だという。この快挙…

2~3年後には入札でのメジャー挑戦がウワサされるが…

吹き荒れるトランプ旋風 日本人メジャー挑戦にも影響必至

現在、メジャーでプレーするイチロー(42=マーリンズ)、青木宣親(34=マリナーズ)、ダルビッシュ(29=レンジャーズ)、田中将大(27=ヤンキース)、前田健太(27=ドジャース)はいずれも入札制度で海を渡った。 かつては所属球団に支払う譲渡金に制限がなかったものの、あまりに金額が高騰したことなどもあって、13年12月から現在の新制度に。移籍金の上限は2000万ド…

メジャー関係者も大絶賛

FA補強ゼロで資金潤沢 ヤンキースがハム大谷に300億円投入

大谷獲得に備えて、いまから250億円とも300億円ともいわれる資金をプールしているという人までいます」 このオフ、ドジャース入りした前田健太(27)には目もくれなかったキャッシュマンGMが、早くも「オオタニ」の名前を連呼して腰を浮かせているという話もある。それだけ大谷の素質を高く評価しているし、将来の若きエースにドーンと資金をつぎ込む腹を決めているからに他ならない。…

2008年にはオリックスで臨時コーチを

トルネード健在 野茂英雄が計る「監督」就任のタイミング

記者の求めに応じて、広島からドジャース入りが決まった前田健太に「チャンピオンリングをもらってくれればボクもうれしい」とエールを送るなど、その存在感は際立っていた。 ファンあってのプロスポーツだし、中でも最近のプロ野球界は人気を当て込んだ監督、コーチ人事が横行している。公の場に顔を出すだけで耳目を引く野茂が、08年の現役引退以降、指導者として一度もユニホームを着ていな…

マリナーズのグリフィン・ヘッドコーチ

米国での故障遠因に日本人投手の“気質” 名トレーナーが指摘

24日に今オフのポスティングシステムでのメジャー移籍を直訴した広島・前田健太(27)には大いに参考になりそうだ。 昨季はヤンキース・田中将大(27)が右肘靱帯を部分断裂、今季はレンジャーズ・ダルビッシュ有(29)が損傷した腱を修復するトミー・ジョン手術を受けた。日本人投手の大半が肘にメスを入れているこうした状況にマリナーズのヘッドトレーナーであるリック・グリフィン氏…

韓国戦で10奪三振の大谷は「例外」か

日韓で明暗? 米スカウトが見た“メジャー予備軍”本当の評価

プレミア12に出場する広島の前田健太(27)は今オフのメジャー挑戦がウワサされ、すでに米メジャーの情報サイト「トレード・ルーモア」(電子版)ではFA選手の中で14位にランクイン。移籍先はダイヤモンドバックスが有力で、条件は約24億円の入札金に加え5年約74億円と予想している。 大リーグ公式サイトも「マエダはたぶん争奪戦になる」と報じているものの、「入札金も合わせて…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事