日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

新井貴浩特集

日米200勝はまたお預けになったが…

広島・黒田の来季残留 球団の“切り札”は10億円と新井貴浩

球団にもたらした黒田効果は、それ以上の価値がありますから」 黒田の200勝と新井貴浩(39)の2000安打がかかった今季は開幕から観客動員が好調で、35試合目で100万人を突破。昨年に並び最速で到達した。昨季は最終的に球団史上初の200万人超えを達成。首位を独走する今季は、昨季以上の観客動員数を記録するのは間違いない。 昨オフ、米ドジャースにポスティング移籍した前田…

近日中に自宅のある米国に戻る予定の黒田

広島監督は何年先? 引退の黒田を待つ悠々自適の米国生活

最速134キロをマークした右腕は、同僚だった広島の新井貴浩をストレートで遊ゴロに打ち取り、「新井だけには打たれたくなかった。気持ちよく投げられた」と、笑顔だった。 黒田氏は近日中に日本を離れ、自宅のある米国に戻る予定という。引退直後から「少しゆっくりしたい」と話しているだけに、ユニホーム姿は当分見られないかもしれない。球界OBが言う。 「広島球団はキャンプで臨時コー…

最優秀選手賞を受賞した日本ハム大谷と広島新井(右)

実績では金本監督に匹敵 MVP受賞の新井に“広島監督”の目

取らせてもらった賞なので、ガッツポーズはできません」 最年長でセ・リーグMVPに輝いた広島の新井貴浩(39)は、マイクの前で謙虚にこう言った。 古巣に戻って2年目の今季は、132試合に出場し、打率.300、19本塁打、101打点の堂々たる成績で25年ぶりの優勝に貢献した。一部には、引退を表明した黒田(24試合、10勝8敗、防御率3.09)を推す声もあったようだが、新…

お立ち台では手荒い祝福も(左は菊池)

山内泰幸が語る「カープ戦士」の正体

復帰キャンプ長時間ノックに新井貴浩の覚悟を見た

「初心に帰って、ゼロから鍛え直します」 15年のキャンプでこう話した新井貴浩からは、すがすがしさを感じました。 08年にカープから阪神にFA移籍した新井は、自ら自由契約の道を選んでカープに復帰しました。キャンプでの練習を見て、新井の決意表明が本気であることはすぐに分かりました。 一軍総合コーチだった永田さん(現二軍外野守備走塁コーチ)とともに、室内練習場で1時間を超…

広島・新井貴浩

プロ野球人物研究 対岸のヤジ

広島・新井貴浩はSNS時代の新スター

広島・新井貴浩がついに2000安打を達成した。大卒ドラフト6位という、コネ入団と思われても仕方ないような立場から、よくぞここまでの選手になったものだ。 インターネットをのぞくと、多くのファンが自身のSNS(ツイッターなど)で新井を祝福していた。ここで特徴的だったのは彼の珍プレー動画や変な顔をした写真が大量に出回るなど、新井のことを笑いのネタにしながら愛情たっぷりに称…

25日、阪神の入団記者会見で笑顔を見せた

FA糸井を待つ“伏魔殿”阪神の闇

「もっと上」と会見 阪神入り糸井を襲う甲子園の罵詈雑言

新井貴浩(広島=08~14)は、11年に打点王になったものの、93打点という低い数字。前年に112打点のキャリアハイも、80打点以上は09年から3年間だけ。09、11年の併殺はリーグ最多だった。 中継ぎの小林宏之(ロッテ=11~12)は、1年目は度重なる救援失敗により二軍落ち。2年目は一軍登板がなく退団。日高剛(オリックス=13~14)もほとんど戦力にならなかった。…

糸井も伝統の一翼を狙う?

プロ野球人物研究 対岸のヤジ

FA糸井取りの賛否あれど…阪神の“外様頼み”は73年前から

02年オフに当時現役だった金本を広島からFAで獲得して以降、新井貴浩、城島健司、福留孝介、西岡剛ら、毎年のように他球団の大物選手を取ってきたことについて、「最近の阪神は外様補強に頼りすぎだ」といった批判がしばしば聞こえてくる。 しかし、私は虎党の端くれとして、これに少し違和感を覚えている。いや、正確には「最近の阪神は――」という言説の中の「最近の」という部分が承服で…

現役時代の山内氏

山内泰幸が語る「カープ戦士」の正体

山内泰幸の巻 突然の「1位指名」に何より自分が驚いた

今季2000安打を達成した新井貴浩も、渡辺さんが担当した選手です。 私は日体大4年時の94年にカープを逆指名させていただきました。渡辺さんに加え、当時のチーフスカウトだった備前喜夫さんが大学3年時から熱心に見に来てくれていることは知っていました。 93年から逆指名制度(07年廃止)が導入され、カープを含めた4球団が関心を持ってくれていると聞いていました。ただ同年3月…

10日の優勝後、新井(右)と抱き合う菊池

食事とゲキで選手結束 カープ菊池涼介が語る「新井さん会」

難しい2番打者でした」 野手陣は新井貴浩(39)を中心にまとまったという。 「遠征先で新井さんに『明日空いてる?』みたいな感じでよく食事に誘ってもらいました。(遊撃の田中)広輔とか、一軍にいれば磯村とかも一緒に何人かです。いつも新井さんには『カープはオレらのチームじゃない。おまえらがチームを引っ張っていけ!』と言われていました」 通称「新井さん会」は豪快だ。 「あと…

7月に日米通称200勝を達成

山内泰幸が語る「カープ戦士」の正体

「調子は?」に黒田博樹は「しんどい」とポツリ

メジャー挑戦する以前に一緒にプレーしたのは、新井貴浩、石原慶幸ら一握りです。それ以外の選手が大半の現状で、クロは「投手も野手も才能ある選手が多いです」と話していました。 今年は、投手では野村祐輔や中崎翔太、野手では菊池涼介、丸佳浩の「キクマルコンビ」に加え、今季ブレークした鈴木誠也、田中広輔といった20代の選手たちがチームを牽引しました。クロも言うように、彼らの活躍…

先輩や首脳陣も「新井さん」と呼ぶムードメーカー

黒田のマネ的役割も 広島・新井の打つだけじゃない貢献度

広島の新井貴浩(39)が試合を決めた。18日の中日戦。広島打線は先発若松から六回までわずか3安打と苦しめられたが、七回に鈴木の右犠飛などで同点。九回1死走者なしから新井が右翼席にサヨナラソロを叩き込んだ。球宴明け白星発進。カード初戦11連勝に「最高にうれしいです」と新井の笑顔がはじけた。 後輩はもちろん、先輩や首脳陣までも「新井さん」と呼ぶ。そんな39歳のムードメー…

プロ18年目にして大台到達

ひねくれスポーツ論

2000安打の福留へ “曖昧基準”名球会で爺さまのお茶汲みか

広島の新井貴浩に続いて福留孝介。名球会もアメリカ大リーグほど偏狭じゃないらしく、日米通算もオッケー。よかった、めでたい、おめでとう。 昔いっぺんだけ飲み屋で同席したことがあったような、なかったような? 「三冠王なんて、いつでも取れますよ」 ドッヒェ? すごいなどうも! 飛ぶ鳥を落としたうえにトサカからボンジリまで焼き鳥にしちまうんだぁ! と、びっくらこいたのがキミだ…

兄の陰に隠れていたが…

兄の2000安打に触発された? 阪神・新井が決勝弾で存在感

広島にいる兄の新井貴浩(39)は先日、2000安打を達成。同日の中日戦でも1点ビハインドの九回に同点適時打を放つなど4番としていい働きをしている、通算288安打と、実績では大きく引き離されている弟は今季、北條、陽川ら若手を抜擢する金本監督の方針もあり、控えに甘んじていた。 ライバルとなる北條は2打数無安打に終わったこともあり、次戦はスタメンの可能性もあるか。…

「広島に拾ってもらった」と新井は言う

プロ入りも周囲の熱意で 広島新井2000安打に“人の縁”あり

広島の新井貴浩(39)が26日のヤクルト戦でレフト線に適時二塁打を放ち、史上47人目となる通算2000安打を達成した。 「丈夫な体に生んでくれた両親、そして、僕の場合はたくさんの人にお世話になり、支えられた。『おかげさま』です」 感慨深げにこう言った新井。広島OBは「新井は人の縁に支えられてきた」と語る。 快挙を達成した神宮が主戦場だった駒大時代、189センチ、95…

九回のヒットで記録に大手

プロ17年目でやっと王手 広島・新井2000安打が遅れたワケ

広島の新井貴浩(39)が、24日の阪神戦で通算2000安打に王手をかけた。四回に一、二塁間を破るヒットを放ち、九回はライナー性の打球をレフトへ運ぶタイムリーだった。 「今日、ここ(本拠地)で達成することを期待してくれていたファンに申し訳ないけど、またあさって」と言った新井。最近はセンターから右方向へのヒットがやたら目立つ。直近3カードを見ても、8安打中5本がそうだ…

広島・新井の219併殺打は歴代17位(現役最多)

最多敗戦投手は? 2016年「裏タイトルホルダー」徹底予想

昨年はセがマートン(21個)、パが内川聖一(24個)だったが今シーズンはどうか? マートンがいなくなったので、昨年2位(15個)の4選手、川端慎吾(ヤクルト)、福留孝介、ゴメス(阪神)、新井貴浩(広島)を候補と考える(しかし阪神は併殺打多いね)。 ■すでに6併殺 ここはひとつ新井の11年以来の併殺打王返り咲きと予想。オープン戦でも早くも6併殺と物凄いペースで量産中…

広島の新井は記録まであと29本

スクワット240キロ 広島・新井は2000安打へ全開自主トレ

広島の新井貴浩(38)が6日、広島市内のジムで自主トレを公開。スクワットでは自己最高の240キロを挙げ、「今までで最高の状態。自信になる」と得意満面だった。 昨年は2000安打に届かず、残り29本。ケガや大病でもしない限り今季中の達成は間違いない。 昨年も阪神に残っていれば7000万円ぐらいの年俸はもらえたが、控えでは2000安打は無理。球団に自由契約を申し入れ、…

後輩や裏方思い阪神の金本監督

阪神率いる金本監督の素顔は“アニキ”たるゆえん数々

広島で同僚だった佐々岡真司、西山秀二と仲が良く、新井貴浩は弟分。阪神に移籍してからも打撃に悩む新井の面倒を見ていた。阪神でともに優勝した今岡、赤星、浜中、片岡、藤本、久慈などが金本一派だ。 ■酒 めっぽう強い。焼酎をビールで割る“金本スペシャル”をグビグビやる。 「イタズラ好きなので、気の合う連中と飲むと、誰かしらをからかいながら何時間でも飲んでいる」(前出の関係者…

None

俺の頭はなぜデカイのか

北京五輪から戻ってきた新井の骨折は痛かった

新井は“隠れ打率上位”

最下位広島で一人気を吐く新井 年俸2000万円でも黙々と貢献

そんな中、気を吐いているのが今季から古巣に戻ってきた新井貴浩(38)だ。 初回に先制適時打を放つなど、5打数3安打1打点で、打率.324。数日中にも満たすであろう規定打席数に達すれば、一気にリーグ3位に躍り出る可能性がある。 開幕前の広島は、メジャーからの20億円ともいわれるオファーを蹴った黒田ばかりに注目が集まっていたが、この新井だって復帰に至るまでの道のりは平坦…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事