日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

スターバックス・商品の関連ニュース

かつては“ビジネスクラス”の感覚を味わえた

ついに顧客満足度4位に…スタバはなぜ不人気になったのか

今月2日に「日本上陸20周年」を迎えたスターバックス。その“人気”にも陰りが見えている。 サービス産業生産性協議会の調査によると、スタバの顧客満足度は2014年度の「カフェ部門」で首位だったのが、昨年度は3位に転落し、今年度は、とうとう4位とジリジリ下げてきている。今年度の首位はドトールで、2年連続。2位は同率でタリーズとベローチェだった。 スタバは1996年8月、…

衣装はゆったり/(C)日刊ゲンダイ

10センチ超ヒールで…山田優「妊娠発表」先送りのチグハグ

スターバックスの新商品発売イベントに15日、山田優(29)が登場。MCとの掛け合いで「飲み応えと食べ応えがあります」と試飲した感想を話していたが、報道陣の質問に答える囲み取材の機会はナシ。女性週刊誌で報じられた妊娠について、コメントすることはなかった。 この日は、ゆったりしたワンピースにハイヒールのサンダル姿。体のラインが隠されたこともあり、妊娠を推測させるそぶりも…

築地新聞

【TurretCOFFEE】職人がつくる「一番しぼりのラテ」

スターバックスの社員として8年、東海圏で勤めていましたが、人生を変えるラテが出現――。 「スターバックスのラテの味に感動して入社。雑誌を片手に観光がてら東京のカフェ巡りをしていたら、スタバのラテを超えるラテに出合った。その味が頭から離れず、上京しようって」 3・11直後のタイミング。西へ避難する人々も多い中、あえて東へ。修業先への採用決定の返事を待たずして、新たな世…

日付は2009年・自称39歳(左)、右の車は自分の車だというが…

“伝説の詐欺師”クヒオ大佐との20日間

初デートでホテルの3900円ビュッフェに「高い」と

バカバカしいやら、情けないやらで複雑な気持ちになりました」 その後、近くのスターバックスに入ると、今度はとんでもない告白をし始めた。 「若い頃、部隊のみんなとススキノで夜遊びして、軍のお金を1000万円使い込んだ。そのペナルティーで、結婚するまでは必要最小限のお給料しか支払われない。そんな話でした。結婚したら、軍と英国王室からお祝い金が1億出るとか言っておきながらで…

None

流されゆく日々

連載10136回 ニュースのバブルから

会食を終えて、博多駅前のスターバックスでしばらく時間を過ごす。周囲からきこえてくる若者たちの会話には、やはり福岡弁というか、博多弁というか、独特のイントネーションが響く。啄木はお国訛りをきくために上野駅へいったが、夜のスターバックスでのひとときは、こころ安らぐところがあった。 福岡の桜は、すでに開花したらしい。 (この項つづく) ――協力・文芸企画…

None

流されゆく日々

連載10160回 風薫る五月の街で

(昨日のつづき) スターバックスでコーヒーを飲みながら、買った本をめくっていたら、隣りの席から若い女性の屈託のない明かるい声がきこえてきた。 「あしたミサイルが飛んでくるんだって?」 「なんであしたよ」 「キムジョンウンの何かの記念日だとかテレビで言ってた」 「あ、そう。だったらATMで、もう少しおろしておこうかな」 「ミサイルきたらお金なんて意味ないと思うけど」 …

リプトンの「Good in Tea Stand」

スタバも新商品 静かなブームの「紅茶」に意外な健康効果

たとえばスターバックスは昨年10月から紅茶の新ブランド「TEAVANA(ティバーナ)」の提供を開始。茶葉にフルーツや花、ハーブ、スパイスをブレンドしたフレーバーティーで、入れ方が面白い。 ティバーナシリーズのひとつ、日本限定「ゆずシトラス&ティー」は、沸かしたジュースで紅茶を抽出する。“お湯を注ぐだけ”とは一線を画すハイソな演出が光る。おいしさは好みが分かれそうだが…

奥日光など魅力的な観光地は多いのに…

茨城、栃木、群馬…北関東3県“魅力なし”ワーストなぜ?

スターバックスがないことをPRした鳥取県は自虐作戦で成功した。米国でも全州の人気調査が行われますが、最下位になると住民は喜んでいます。メディアに取り上げられて有名になるからです」(矢野新一氏) 自治体のイメージ戦略も「ピンチはチャンス」ということか。…

11月には江戸川区で初のスタバが開店

東京23区で唯一に…なぜ荒川区にはスタバがないのか

去年5月、「スターバックスコーヒージャパン」が鳥取県に進出し、話題になった。日本上陸20年目の全県制覇に県民も大喜びで、開店前は1000人が列を作ったという。 この騒ぎから遅れること1年半、総武線小岩駅直結のショッピングセンター内に11月、江戸川区で初めてとなるスタバ、「シャポー小岩店」がオープンした。こちらも地元は「ついに来た!」と大いに盛り上がったそうだが、心穏…

ブルーボトル上陸で“戦況”が一変

コーヒー戦争過熱 「店内焙煎vs100円」で勝つのはどっち

スターバックスも再来年暮れに、東京・中目黒でカフェと焙煎所を合わせた店舗を構える。新国立競技場の設計を手がけた建築家の隈研吾氏が店をデザインするという気合の入れようだ。 経済ジャーナリストの岩波拓哉氏が言う。 「工場焙煎の大手チェーンは、どうしても鮮度で勝てない。本格派の顧客は、1杯500円前後と割高でもブルーボトルのような“こだわり”のカフェに流れている。それほ…

東京―シンガポール間往復で18冊を読破したことも

社長の本棚

エクスペディア石井恵三社長は赤貧NY時代に速読マスター

そこは日本の蔦屋書店のようにスターバックスコーヒーが併設されていて、一番安いコーヒーを飲みながら、売り物の本が読めたので、高額な学術書から何から、閉店まで必死で頭に叩き込みました。そうやって必要性に駆られて速読が身に付いたんです。今、好きなだけ本を買えることが何より幸せです」 速読のコツは、文字を追いかけないことだ。 「ページをスキャンして、テキスト化するイメージで…

ザッツエンターテインメント

コーヒーがもっとうまくなる本特集

スターバックス」や「タリーズ」などのシアトル系コーヒーが代表格だ。そして今はサードウエーブ。バリスタやロースターなどの職人がコーヒー豆の産地と直接取引をして、高品質なコーヒーを提供する時代に。 そんな人々の生活にすっかり根付いたコーヒーの起源や出自を詳しく知りたい人におすすめなのが、「図説コーヒー」(河出書房新社 1800円+税)だ。日本では唯一の専門博物館「UC…

米国産牛は不安だらけ

暴走TPP「10のウソ」

TPPのウソ健康リスク度外視…安い食品で消費者が幸せ

米国ではこれが認可された1994年から数年後には、乳がん発生率が7倍、前立腺がん発生率が4倍という論文が出されたため、今やスターバックスやウォルマートでも、わざわざ「成長ホルモンを投与した牛乳・乳製品は扱っていません」と表示するようになっている。もちろん日本でもこの牛成長ホルモンは認可されていないが、やはり輸入を通してどんどん入ってきている。 一方、7月29日、オバ…

人気の日比谷図書文化館

成功のヒミツ失敗しないコツ

読書離れ時代でも利用者増 ユニーク図書館の運営努力

スターバックスや蔦屋書店を併設し、CDやDVDを借りることも可能。無線LANを設備した学習室もある。また、来年10月開設を目指す「こども図書館」も、今年11月から着工する。同じくCCCが指定管理運営し、遊び場やフードコートも設けられるという。 ■曲り角にきている 東京でも、日比谷図書文化館や武蔵野市の武蔵野プレイス、板橋区立高島平図書館などにカフェが併設され、コーヒ…

リピート客も期待できる

街中の疑問

カフェに増える「電源席」 気になる電気代はいかほどか?

本格的に導入を始めたのは2010年ごろ」(スターバックスコーヒー広報担当者)、「3~4年前から新しくオープンする店には導入するようにしている。改装する場合も同じ」(タリーズコーヒー広報担当者)、「全店舗の3割ほど。増えたのは3年ほど前から」(モスバーガー広報担当者)という。ロイヤルホスト系列の「スタンダードコーヒー」は、2013年3月の第1号店オープン時より全店舗に…

「笑顔で仕事するのが理想」と語る

社長の本棚

【ゲンナイ製薬】上山永生社長

「元スターバックスジャパン社長の岩田松雄さんの『部下の心を1分で動かすマネジメントレターの秘密』は、とても興味深い内容です。会社とお客さんは信頼関係が大事ですが、同じくらい大事なのが上司と部下の信頼関係。中谷彰宏さんの『品のある人、品のない人』もお薦めの一冊です。それには人として信用されなくては、信頼も築けません」 ん? ここでひとつ気になる本が……。何冊もの単行…

高収益で知られるコメダ珈琲店

プロはこう見る 経済ニュースの核心

国内3位の規模に 6.29新規上場「コメダ珈琲店」の成長性

「ドトール」「スターバックス」に次いで国内3位の規模だ。16年2月期の売上高は217億円(前期比13.2%増)で、営業利益は65億円超(同11%増)。営業利益率約3割という、外食産業では異例の高収益体質を誇る。 もっとも金融筋からは「国内出店はほぼ飽和点に達し、成長性に欠ける」との声も。今回のIPOもMBKの売り出しだけで公募はゼロ。会社には一銭も入らない。20年度…

写真はイメージ

「子会社」の悲哀と憤怒

子会社化で職場変更も 「ルネサス」は豊洲に本社移転

昨年、スターバックスコーヒージャパンは米国本社の完全子会社になったが、その途端に上司が外国人になった。 ■社長はマネージャーに 「それまで上司を“さん付け”で呼んでいたのに、肩書を使うようになるだけでも社員にとってはストレスになるものです。私のサラリーマン時代も、社長の呼び名がマネジャーに変わったこともありました。また、労働組合が変わったり、なくなることもある。逆に…

「MacBook Air」は1・08キロと軽量級/

多忙な人ほど効果的 社外で仕事「プチノマド」の良さとは

今はスターバックスやマクドナルドなど、無料Wi-Fiの利用や充電も可能で、ノマド環境も整っている。ケチして社畜になるより、「プチノマド」を試してみてはどうだろう。…

IBMのロメティ会長・社長兼CEO(左)とスターバックスのシュルツCEO

オトナの社会講座

パナマ文書だけじゃない 会計士が教える租税回避のウラ側

スターバックスUKは、1000億円に上る売り上げがあるのに法人税を払っていない状態が8年くらい続いて問題になりました。コーヒー豆の会社がスイスにあり、豆を買うという口実で売り上げの利益分をスイスに置き、イギリスにおける利益を減らしていたのです。日本の例でいえば、2001年、日本IBMは、親会社である米IBMの100%子会社との間で株式を取引し、相手に譲渡損を出さ…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事