日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「北島三郎 ファミリー」に関する記事

「紅白出場」は昨年引退/(C)日刊ゲンダイ

“右腕”の逝去で大揺れ…北島三郎「演歌王国」崩壊の足音

御大、北島三郎(77)の実弟で北島音楽事務所の常務取締役・大野拓克さんが20日、肝臓がんのため都内の病院で死去。享年67。大野さんは7人兄弟の長男である北島の一番下の弟で、長年、右腕として北島の劇場公演やコンサートなど営業面の実務を担当してきた。 「風貌は御大そっくり。影武者なんてあだ名もありました。所属歌手やスタッフも、御大や御大の妻で前社長の雅子夫人には直接言…

戦国武将さながら

三女は俳優と結婚 北島ファミリーは“結婚外交”で勢力拡大

「今放送中の『真田丸』じゃないけど、まるで戦国武将の勢力拡大図を見ているようですね」――北島三郎(79)の三女で女優の水町レイコ(41)が、俳優の上地慶(32)と結婚したことについて、芸能評論家の肥留間正明氏はこう表現した。 「真田丸」では真田家のお家安泰・勢力拡大のために、娘や母親までが有力武将に差し出されるさまが描かれている。「差し出す」というと、ちょっとニュア…

None

北島ファミリー崩壊? ささやかれる小金沢クン独立の背景

師匠である北島三郎の付き人を経て歌手デビュー。 苦労人の小金沢クンが独立を決断した背景には、「北島の紅白引退が大きい」というのはレコード会社関係者だ。 「北島ファミリーは鉄の結束を誇っていましたが、状況が変わったのは北島の次女が北山たけしと結婚してから。一家で最も発言力のある北島の妻の雅子夫人が娘婿である北山を気に入り、古参の小金沢の影はどんどん薄くなった。北島の…

None

私の秘蔵写真

山口ひろみ

デビュー15周年を迎えた北島三郎ファミリーの末娘・演歌歌手の山口ひろみさん。秘蔵の一枚は元ボクシング世界チャンピオンで、世界戦11連続防衛という記録を打ち立てた内山高志選手とのツーショットだ。元世界チャンピオンとの意外な接点――。 この写真を撮らせていただいたのは昨年の2月ですが、実はかなり昔から名前も顔もよく存じ上げておりました。というのも、私が所属する北島音楽事…

大江裕(左)が“お姉ちゃん”と慕うはるな愛

疑惑の大江裕 はるな愛から「オネエ度200%」認定に大慌て

今回の曲は、師匠の北島三郎(80)が作詞作曲した股旅もの。北島が1カ月公演で愛用した三度笠と合羽(かっぱ)を身に着け、新曲を披露した。 応援隊長は、大江が“お姉ちゃん”と慕う、はるな愛。大江のオネエ疑惑に斬り込み、オネエ度200%と認定するなど、笑いの絶えない会となった。 体調が心配される北島については、「昨日も北島ファミリーコンサートで高知で一緒でした。一緒に中…

大江裕さん

愉快な“病人”たち

歌手・大江裕さん 「パニック障害」克服までを語る

それが18歳で憧れの北島三郎さんの事務所に入り、すぐデビューですから、毎日仕事がうれしくて。キャンペーンで全国を飛び回り、1日3回公演なんてザラ。公演のない日は事務所に行って、サイン色紙を2000枚書く。これほど楽しい仕事はないと思っていました。 それが、デビューして約2年、僕のことを「のろま大将」と呼んでいただけるようになった21歳の時です。祖父の地元、鹿児島・肝…

結婚を機に北島三郎は“師匠で義父”に

オレのおふくろメシ

北山たけしの歌手になる夢支えてくれた“おふくろ3点セット”

北島三郎“御大”の内弟子を8年務め、04年にデビューした北山たけしさんは有明海に面した福岡・柳川の出身。父・豊さん(70)が大のサブちゃんファンで、部屋にはポスターが壁いっぱいに張ってあったという“演歌の家”に育った。御大はまさに神様のような存在だ。 最初、歌手になる夢を託されたのは姉だったが、小児ぜんそくのため断念、お鉢が回ってきた。 「自宅の近くに稽古場があって…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事