日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「三日月大造 民主党」に関する記事

三日月氏(左)の出馬会見

小泉・細川も参戦 「脱原発」が一大結集する滋賀県知事選

滋賀県知事選(6月26日告示、7月13日投票)は、民主党の三日月大造前衆院議員(42)が、引退する嘉田知事の事実上の後継となった。三日月氏は嘉田知事の「卒原発」を引き継ぐといい、原発再稼働が争点となるのは確実。嘉田知事は小泉・細川との連携も視野に入れている。滋賀県知事選が脱原発勢力の一大結集の場になる可能性が出てきた。 三日月氏は先週9日、議員辞職し県知事選への立…

「三日月・嘉田連合」は卒原発/(C)日刊ゲンダイ

川内原発再稼働審査で怪しいデータ…滋賀知事選に重大影響

嘉田由紀子知事の全面支援を受ける民主党の三日月大造候補が前面に掲げているのが脱原発・再稼働反対で、自民党系の小鑓隆史候補は元経済産業省のキャリア官僚。大飯原発の隣県の滋賀ではやっぱり、原発が重大関心なのである。 そんな中、怪しい原発再稼働審査の一端が明らかになった。再稼働第1号候補で、今月16日にも原子力規制委員会が「新基準合格証」(審査書案)を出すとみられている川…

受け皿に/(C)日刊ゲンダイ

小泉&細川が再び共闘 「原発ゼロ社団法人」は新党の準備か

「滋賀県の嘉田知事は民主党の三日月大造衆院議員と政策合意して不出馬を決めましたが、嘉田知事の周辺には細川氏と小泉氏の支援を期待する人がたくさんいます。福島県知事選や統一地方選が近づくたびに、機運はますます高まるでしょう。小泉氏らは原発ゼロが国民運動に発展し、“天下分け目の争点”になったと判断した時点で勝負に打って出るんじゃないでしょうか」 元首相コンビの言葉と裏腹…

万歳する三日月氏(中央)と嘉田知事(中央左)/(C)日刊ゲンダイ

滋賀知事選 自民敗北…首の皮一枚残ったこの国の民主主義

事実上の一騎打ちは、元民主党衆院議員の三日月大造氏(43)が約1万3000票差で制した。この結果には安倍首相も真っ青になったはずだ。普通の首長選とは重みがまるで違うからだ。 「安倍政権が閣議決定で憲法解釈を変え、集団的自衛権の行使を容認した直後の大型選挙ということで注目されていました。滋賀県は、嘉田由紀子現知事が脱原発の先頭に立ってきたという土地柄でもある。その嘉田…

与党責任者に八つ当たり/(C)日刊ゲンダイ

“改憲法案”批判恐れ先送りも…安倍首相「自滅」へのプロセス

「告示前は元民主党衆院議員の三日月大造候補を10ポイントほどリードしていましたが、先週末の情勢調査ではついに立場が逆転。あるメディアの調査だと、三日月陣営に10ポイント以上も引き離されてしまった。集団的自衛権への反発票が、雪崩を打って三日月陣営に流れているのです」(自民党関係者) 安倍首相自身が歴史的暴挙をゴリ押しした結果、“勝てる選挙”を落としそうになっているの…

小鑓候補と三日月候補/(C)日刊ゲンダイ

滋賀は猛追され大接戦 安倍自民「知事3選」も0勝必至

ところが選挙戦の序盤、中盤を経て、嘉田知事が支援する元民主党衆院議員の三日月大造候補(43)が横並びまで追いついた。メディアの情勢調査の中には「三日月が逆転」というデータまである。 告示後の10日でなぜここまでガラリと変わったのか。 理由はズバリ、その間に起きた2つの大ニュースの影響だ。 「ひとつは集団的自衛権の行使容認を閣議決定したことです。国民の大半が反対なので…

小鑓候補を支える公明票/(C)日刊ゲンダイ

滋賀県知事選 集団的自衛権「閣議決定」で公明票総崩れ危機

元経産官僚の小鑓(こやり)隆史(47)、共産党県常任委員の坪田五久男(55)、元民主党衆院議員の三日月大造(43)の3人が立候補し、事実上、自公が推薦する小鑓と引退する嘉田知事が支援する三日月の一騎打ちとなっている。 小鑓が原発の“争点隠し”を徹底しているため、盛り上がりはイマイチ。小鑓が「卒原発」の三日月・嘉田連合に10ポイント前後の差をつけているという。 「きの…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事