日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

北京市の関連ニュース

安倍自民の支援で都知事当選/(C)日刊ゲンダイ

真意は“安倍降ろし” 舛添都知事「電撃訪中」のシタタカ

東京都の舛添要一知事(65)が15日、24日から3日間の日程で、中国の北京市を“電撃訪問”すると明らかにした。 3月に都庁を訪れた中国の程永華・駐日大使に「北京市長に都市外交で友好を深めたいと伝えて欲しい」と要請し、15日北京市から招待状が届いたという。都によると、北京市長の招待で訪中するのは96年の青島幸男知事以来18年ぶり。舛添は会見で、王安順・北京市長と会談す…

None

師走相場の主役に浮上 PM2.5関連「21銘柄」で稼ぐ

中国・北京市を襲う微小粒子状物質「PM2.5」は過去最悪レベルとなっている。7日に北京市は初の「赤色警報」(最高レベル)を出した。街中は白くかすみ、道行く人のマスク姿が目立つ。 「大気汚染は深刻そのものですが、株式市場には好材料となっています。排ガスなどの環境ビジネスや、家庭用空気清浄機、マスクなど関連事業の業績拡大が見込めます。このところ日経平均は原油安の影響で低…

ジャッキー・チェンはもう62歳

5000回鑑賞のファン持論 ジャッキー・チェン人気続く理由

5月に北京市で行われた冒頭の最新作PRイベントでは、今の若手俳優たちに対して「甘やかされていて、ひ弱すぎる」とコメント。確かに、若手には師のような立場でもある。 最新作に関して澤氏は、「60歳を過ぎたジャッキーがアクションをどこまでやれるのか。そういう楽しみでつい見てしまう人は多いのではないでしょうか」と言う。きっと今作も「まだやってたんだ!」と誰もが笑顔になるに…

江沢民元国家主席(右)と習近平氏

習近平「アジア皇帝」への野望

最大の政敵・江沢民一派打倒へ 劉淇スキャンダル

〈期間:2016年10月1日-6日 場所:(チベット自治区)巴宜区、米林県、工布江達県 首長一行名簿:劉淇党17期中央政治局委員・前北京市党委書記、汪声娟夫人、劉錚令嬢、周騁女婿、周逸安孫、周怡然孫娘、劉聴子息、李蓉子息婦人、劉竹萱孫娘、劉松萱孫、張利民北京市党委弁公庁副主任、周立農中央警護局処長、范明秘書、張天一警護、陳建立随員、秦明照北京同仁医院幹部保健科主任…

真の狙いは?(習近平国家主席)

習近平「アジア皇帝」への野望

ようやく着手した戸籍改革は新たな混乱の火ダネ

今年8月に、最後まで渋っていた首都・北京市が、「北京市加算式戸籍剥奪管理弁法(試行)」なるものを発表したことで、習近平政権は、全国30地域の戸籍改革方針がすべて定まったとして、いよいよ改革に乗り出すことにしたのだ。 だが現実は、そんなキレイごとではない。戸籍改革の真意について、中国政府関係者がこっそり明かす。 「政府の真の狙いは、2つですよ。ひとつは、都市部のマンシ…

マスクなしでは生活できない

習近平「アジア皇帝」への野望

首都機能マヒ 北京を襲うPM2.5“ウーマイノミクス”の恐怖

それは、「市民にいたずらに恐怖心を与えない」との理由で、北京市環境保護局は、実際の2.2分の1のウーマイの数値を、日々発表しているというのだ。これが本当なら、「500」と発表したら、それは「1100」ということだ。ちなみに日本の環境省では、「35以上で危険」としている。 ■製鉄所をストップしたら大量の失業者が…… こんな状態なので、もはや2200万人の首都機能は、マ…

ドゥテルテ大統領を国賓扱い

巻頭特集

ドゥテルテ、プーチンにへつらう中国包囲網外交の弊害

「AIIB」の金立群総裁は19日に北京市で開いた国際諮問委員会で、参加国が創設時より26カ国増え、来年には「ADB」の67カ国・地域を上回る80カ国以上になる見通しを示したという。安倍政権が「嫌中」という狭いモノサシで世界を見ている間に、日本はどんどん取り残されてしまっているのだ。 黒塗りの「のり弁資料」で情報開示もロクにせず、審議時間も不十分のままで与党が「強行…

SNSでつぶやいたら即逮捕も

習近平「アジア皇帝」への野望

国慶節の最中に飛び交う隠語「5月35日」「西朝鮮」とは?

だが、北京市政府のある関係者は、「国民のIT技術の進歩よりも、当局のIT技術の進歩の方が早いため、ますます容易に取り締まれるようになってきている」と言う。 その行き着く先は、英国の作家ジョージ・オーウェルが描いた「1984」の世界。まさに、もの言えば唇寒し秋の中国である。…

南シナは中国の領土と主張

習近平「アジア皇帝」への野望

南シナ問題で暴言“我々はフィリピンを取りにいく”

11日には北京市の共産党委員会が、首都の大学幹部たちを一堂に集めて指令を出した。 「大学における南シナ海の『思想教育』を徹底せよ。ただし暴動が共産党や政府に向かわないようにせよ」 このように南シナ海の領有権問題は、国際法廷で決着がつくどころか、逆に火に油を注いだ格好だ。中国の野望について冒頭の中国の外交関係者に聞いたら、こううそぶいた。 「フィリピンは米国という『…

None

アジアに蔓延するドーピング 中韓印が「ワースト10」入り

22日には北京市内の検査所が禁止薬物を検出しながら「陰性」と虚偽の報告をしたとしてWADAから最大4カ月間の資格停止処分を受けたばかり。検査所はリオ五輪国内選考会に影響することを恐れてもみ消したとされるだけに、水泳に限らず他の競技でも違反者が出る可能性が指摘されている。 中国はロンドン五輪で金38個を含む計88個のメダルを獲得し、国別獲得数では米国(104個)に次い…

大揺れ(習近平国家主席)

中国経済 崩壊へのカウントダウン

「死去」「最後の指導者」誤報連発 習体制は瓦解寸前

習が統合作戦指揮センター(北京市)を視察した内容を伝えたが、この記事中、中央軍事委員会副主席だった徐(Xu)について、「昨年死去」とすべきところを間違えて、習(Xi)としたのだ。 翌日、訂正記事を掲載したものの、国家主席を「死去」と表記するなど中国ではあってはならないだけに臆測が広がっている。 「『u』と『i』を間違えただけとはいえ、国家主席に関する内容です。本来な…

中国の「独身の日」には、1日でアリババの売上高は1.7兆円!

「中国経済」破綻か復活か 私はこう見る

贅沢品市場は壊滅

北京市統計局などが実施したネット通販の消費額は1人当たり平均が761元(約1万3000円)と、前年より45%増加しました。日本は総務省の調査によると9000円です。一方で、贅沢品市場は縮小しています。習政権の反腐敗運動の影響でしょう」 ■紳士服12%減、腕時計10%減 習政権は“3公経費”(公用車、公用出張、公用接待)の汚職取り締まり強化を打ち出している。 「その影…

None

写真撮影が最も危険 日本人が「中国でやってはいけない」こと

「共産党幹部の住居地区である北京市の中心部・中南海エリアや、北京にあるスパイ養成大学の『外事学院』は観光バスが普通に通る場所にあります。ガイドも、“スパイ学校”とは説明しないので、知らずにカメラを向けることはある。ですが、撮影すれば拘束のリスクは高い。特に生徒と教員の顔は明かされれば大問題ですから。また、“スパイ容疑”ではありませんが、天安門の毛主席紀念堂で毛沢東…

訪韓中の舛添都知事と読売新聞に掲載された広告/(C)日刊ゲンダイ

異例の大歓迎…韓国ソウル市で舛添都知事は“首相気取り”

安倍首相が辺境の小国ばかりを外遊し、中韓に行けない中、舛添知事は今年4月の中国・北京市に続く、ソウル訪問だ。ソウル市長との懇談だけでなく、セウォル号沈没事故の犠牲者を追悼する焼香所で献花したり、ソウル大学で日韓関係についての講演も予定している。朴槿恵大統領との会談も最終日の午前に決まった。地方自治体の首長の枠を超えた動きで、「まるで首相の代役気分」(都庁関係者)であ…

None

日本で高濃度検出続々…PM2.5より怖い中国「猛毒水銀」

在中国米大使館のサイトによると、北京市は9日も汚染指数が「非常に不健康」なレベルだったというから深刻だ。中国の大気汚染は恒常的に発生しているといっていい。 心配なのは、中国で発生した「PM2・5」と一緒にさまざまな有害物質が日本に飛んでくること。最近になって、特に危険視されているのが「水銀」である。 ■琵琶湖のナマズから基準の2倍 滋賀県立大学などの研究チームによ…

None

昆明駅無差別テロ 専門家も疑問視する「ウイグル族犯行説」

全人代を控えた北京市内の警備は、いつにもまして厳重だという。…

None

マラソン大会ラッシュにPM2.5襲来 出場者が脅える「生殖能力に影響」のリスク

10月20日に行われた北京マラソンでは、快晴だったにもかかわらず、多くのランナーが防塵マスクを着用して北京市内を駆け抜けました。大会3週間前に、PM2.5による大気汚染レベルが最悪の数値にまで上昇したため、さすがの中国人ランナーも心配したからです。日本人も11月にレースに出るなら、マスクを着用するなどの対策を講じるほうがいいでしょう」 PM2.5で怖いのは、ぜんそく…

None

天安門テロ ウイグル武装組織の裏にチラつくアルカイダの影

北京市公安当局は30日、天安門前の車両突入事件を「テロ攻撃」と断定。車内で死亡した3人と共謀し、逃走していた5人全員を拘束したと発表した。いずれも名前から、少数民族ウイグル族の出身とみられる。 死亡した3人はウイグル族の男と妻(30)、男の母(70)。突入後、車内に積んでいたガソリンに火を付けたという。まさに「自爆テロ」だ。 公安当局は彼らの居住地から、新疆ウイグル…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事