日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「坂本勇人 年俸」に関する記事

巨人で「1人勝ち」

年俸3.5億円サインも…G坂本“好成績翌年は低迷”のデータ

巨人の主力選手の契約更改交渉が24日、都内の球団事務所で始まり、主将の坂本勇人(27)が1億円増の3億5000万円でサインした。 昨オフ結んだ複数年(3年以上)契約1年目の今季は、3番打者として打率.344。自身初の首位打者を獲得した。プロ10年目で初のゴールデングラブ賞を受賞するなど、V逸したチームにあって一人だけウハウハ状態。ウワサされた4億円には届かなかったも…

坂本(右)と阿部はウカウカしていられない

脱貧打だけじゃない 巨人新助っ人2人に込められた別の狙い

本人も「遊撃や三塁の方が自信がある」と豪語していて、この補強は唯一レギュラー確約とみられていた正遊撃手の坂本勇人(27)を刺激する意味合いもあるというのだ。 「競争」を強調する球団関係者は「クルーズが遊撃の守備もうまいのは把握している。坂本をしゃきっとさせるための補強でもあるので」と言う。 今季から主将に就任した坂本は、打率.269、12本塁打、68打点。年俸は2億…

メキシコ戦では四回にエラー…

侍Jにも代役いない 坂本がV逸巨人でも来季ウハウハの理由

巨人の坂本勇人(27)が10日、侍ジャパンの一員としてメキシコとの強化試合に「1番・遊撃」で出場。3打数1安打で2四球を選んだが、守備で1失策を犯し、これが失点につながった。とはいえ、来年3月のWBC本番でも正遊撃手の座はほぼ決まっている。巨人同様、代わりがいないのだ。 チームはリーグ優勝を逃したが、バラ色のオフに突入している。セの遊撃手として初の首位打者と最高出塁…

年俸増どころか複数年契約まで

巨人坂本「15%増で2億5000万円」の大甘査定にOBが疑問符

26日、都内で契約更改交渉に臨んだ坂本勇人(26)が、3000万円アップの年俸2億5000万円でサインしたと聞き、「甘い。甘過ぎる」と言うのだ。 主将を任された今季は、左ふくらはぎの故障で約2週間離脱。6年ぶりに全試合出場を逃した。130試合で打率.269、12本塁打、68打点。 「個人的にはふがいないシーズン。打率も本塁打も。もっともっとやらないと」という本人の言…

None

プロ野球人物研究 対岸のヤジ

阪神ファンとして感じる 費用対効果めちゃくちゃな巨人野球の怖さと不気味さ

いくら不良債権を抱えまくっていても、坂本勇人や菅野智之といった生え抜きの主軸は圧倒的な活躍をしており、ベテラン・阿部慎之助の存在感も依然として健在だ。ここに補強組が復活してきたら、それはもう単純にプラスになる。なにしろ、「優勝以外は2位も3位も低迷と同じ」という考え方のチームなのだ。今季も最終的には優勝争いに食い込んでくるだろう。 たとえるなら、巨人は燃費が悪くとも…

視察に訪れた長嶋終身名誉監督の目にはどう映ったか

OB酷評の巨人無気力キャンプ 金満補強が原因と評論家指摘

メジャーの評価が高いだけに…/(C)日刊ゲンダイ

新主将任せ複数年契約も 巨人が必死の坂本「引き留め工作」

8年間務めた阿部が主将退任を表明し、後任の最有力候補に名前が挙がる坂本勇人(25)。就任すれば文字通り、巨人の顔になる。その坂本は来季中には国内移籍が可能なFA権を取得するため、球団は複数年契約を用意する意思があるという。 巨人はこれまで、主力がFA権を取得した年のオフに複数年契約を結ぶのが通例だった。最近の生え抜き選手では07年の高橋由、09年の阿部、12年の内…

今は2Aにいる中島/(C)日刊ゲンダイ

坂本、村田への仕打ち? ア軍中島「巨人入り」の仰天情報

巨人のポジション的には坂本勇人(25)、村田修一(33)ともろにバッティングする選手だ。坂本、村田は原監督が「巨人の枢軸」と表現するチームの中心。いくら、今年も大竹、片岡の2人を取るなど、就任11年で10人ものFA選手を補強している原監督とはいえ、余剰人員になりかねない中島に興味を示すとは思えない、という声はある。 が、坂本にも村田にも「枢軸」と口で言うほどの信頼感…

女性にもモテモテ/(C)AP

日本最強投手「マー君vsダル」徹底比較(上)ダルビッシュ有

■坂本、片岡の証言 交流戦、日本シリーズで2人と対戦した巨人の坂本勇人(25)が言う。 「コントロールは、ダルさんよりマー君の方がいい。ほぼ投げミスをしないので。変化球は落ちる系はマー君、横系はダルさん。直球はダルさんの方が速かった。球速差は5キロまでは違わないだろうけど、威力というか、迫力があるダルさんとの対戦はイヤでしたね」 昨年まで西武に在籍した巨人の片岡治…

巨大戦力に囲まれて…

山崎裕之のキャンプ探訪2017

高橋監督は葛藤 若手切望も大補強を繰り返す巨人の“矛盾”

20代が坂本勇人(28)だけでは……。若手が出てきてくれないと困ります」 若手の台頭を切望しながらも、一方で勝つために補強で選手をかき集める。それが、結局、若手の成長を阻むという矛盾を、この球団は繰り返している。いくら常勝が義務付けられているとはいえ限度がある。高橋監督の葛藤を感じざるを得なかった。…

外れの外れ1位で指名された吉川

2016年ドラフト会議 全内幕

巨人1位の吉川 アマ球界No.1遊撃手に仰天“コンバート案”

巨人の遊撃には今季のセの首位打者でチームの大黒柱の坂本勇人(27)が君臨。高校、大学で経験のある三塁か二塁への転向が現実的だが、三塁には今季3年ぶりに3割(.302)を打って復活をアピールした村田修一(35)がいて、さらに球団と首脳陣が最も期待を寄せる14年ドラフト1位で高卒2年目の岡本和真(20)も控えている。二塁はクルーズ(32)が来季も残留し、昨年のドラフト…

クルーズ(左)が本気を出すのはいつなのか

坂本ようやく覚醒も 巨人クルーズ“尻叩き効果”倍増は来季

■レギュラーは安泰 巨人の坂本勇人(27)が昨7日の阪神戦も先発を外れた。4日の中日戦で左ヒザに自打球を受けた影響で、これで2試合連続である。 V逸は目前。打率トップを快走していることもあり、ベンチで戦況を見守った。八回に代打で登場したものの右飛。遊撃にはルイス・クルーズ(32)が入った。 巨人はここ数年、坂本の代わりがいないことが弱点とされてきた。それが、今季から…

日ハム中田は東京遠征のたびにキャバクラをハシゴ

ママは見た! 六本木夜の芸能事件簿2

「白鳥カツオ」の“偽名”使い六本木で飲んでいた巨人某選手

六本木でいうと、最近は若手の坂本勇人クンや沢村拓一クンが有名人だけど、やっぱり頻度が高いのはAクンね。私がファンだから本人の名誉のためにイニシャルにしといてあげるけど、Aクンは実は六本木から徒歩圏内に住んでるの。何がビックリって、彼はいつもTシャツ。しかもピッチピチ(笑い)。 夏ならまだしも、春や秋の肌寒い夜でもTシャツだけ。よほどムキムキの上半身を自慢したいのか…

居残り特打が日課/(C)日刊ゲンダイ

昼も夜も一変 「独身貴族」巨人・坂本が抱える“危機感”

これまで不動の遊撃手だった巨人の坂本勇人(25)。昨季は打率.265、12本塁打、54打点と不本意な成績で、同じ二遊間を守る井端、片岡が加わった今季はレギュラーが確約されていない。危機感からか、これまでのキャンプとは一変したのだ。 午後2時には終わる全体練習後に主に特守をこなし、室内練習場へ。そこからさらに午後6時ごろまで居残って打ち込むのが日課となった。一軍の選…

None

巨人「井端獲り」決意の裏にある「坂本」と「松井」の存在

まずは球団の顔ともいえる正遊撃手・坂本勇人(24)の「守備コーチ」の役割だ。坂本の守備力向上はここ数年、原監督が頭を悩ませてきた事案だった。12年1月、ヤクルトを今季限りで引退した宮本に弟子入りさせたのもそのため。宮本は同一リーグのライバル。異例のことだったが、坂本の守備のため、原監督がひと肌脱いで実現したのだった。 派手なファインプレーが多い一方、イージーミスも…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のグルメ記事