日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

一遍に関する記事

None

踊って跳ねて現世の染みを振り落とせ

None

ザッツエンターテインメント

鉄ちゃんでなくても面白い鉄道本特集

その目の付けどころといい、微に入り細に入りのデータといい、お役所が出す通り一遍のモノとはワケが違う。鉄道を愛すると同時に、乗客の暮らしに根付いた、有益な情報が満載である。 引っ越しや転職、マイホーム購入、子供の受験をこれから迎える人は、これを参考にしてほしい。ちなみに、娘を痴漢から守るなら半蔵門線など、あくまで仮説ではあるが説得力は十分。 メディアでよく取り上げら…

写真はイメージ

飲み方と食べ方にコツ 忘年会の“血糖値スパイク”こう防ぐ

ここぞとばかりに飲食すると、糖分を大量かつ一遍に体内に吸収することになり、血糖値スパイクが起きやすくなります」 血糖値スパイクとは食後の短時間に血糖値が急上昇し、やがて正常値に戻ることをいう。糖尿病の人に見られる現象だが、最近の研究では一見糖尿病でない人の中にも同じような現象が起きていることがわかったという。空腹時血糖値だけを調べる通常の健康診断では見つからないため…

None

「鎌倉物語」永遠の伝説・原節子

人前に出るのをはばかっていたのは…

だから送って行ったりなんかしても、そういうときには本当に通り一遍の話しかしなかった。里見邸でのパーティーはざっくばらんにみんなと話しましたけれども、そうでないときはやっぱり『女優・原節子』をかぶっていて、ちょっと近寄りがたい感じがありました。 小津先生が亡くなってから『小津安二郎 人と仕事』(蛮友社)という本を作り出して、結局8、9年経ってからできた本(1972年刊…

釈徹宗氏

著者インタビュー

「お世話され上手」釈徹宗氏

著書に「法然親鸞一遍」「いきなりはじめる仏教生活」「現代霊性論」など多数。…

好業績が続くセコムだが…

会社員は必読 創業家との付き合い方

セコムの飯田家 実力会長をクビにした創業者の一声

飯田の意向で出されたらしいが、これに対して、会長、社長らは「通り一遍のコメントの対応だけでいいのか」と不満を漏らした。それが飯田の耳に入り、「逆鱗に触れた」と関係者の間で囁かれた。真偽は不明である。 「前田氏は偉すぎた。自分の意見が正しいという前提で取締役での議論をコントロールしていた。セコムは自由闊達な会社だったが、前田氏の前では意見が言いにくく、議論の広がりや深…

失言狙いの怒号が飛ぶも「その手には乗らない」

本会議で論戦本格化 都議会自民党は小池知事の“失点”探し

一方で、重要課題である豊洲問題や五輪の競技場見直し案についてはあまり踏み込まず、通り一遍の質問に終始した。 高木幹事長は終了後、都政と直接関係ないことを冒頭で質問した理由について、報道陣に「知事の政治姿勢を問うために聞いた」と言った。小池知事の勢いを、豊洲や五輪の問題では止められないから、あえてその話題を避けたのではないか。都政に詳しいジャーナリストの鈴木哲夫氏は…

写真はイメージ

30歳前後に多い? 一から十まで上司に頼る「人依存」社員

上司は一遍に100%の結果を求めず、10%くらいの小さなゴールを設定して、コツコツ付き合うほかありません」(奥田医師) 上司にも気力が必要だ。…

島村英紀さん

この人に密着24時間

地震学の専門・島村英紀さん “地球12周”して写真撮りため

通り一遍の風景写真はなるべく撮りたくないので、気に入った“最高の一瞬”を捉えようと、いつもカメラを持ち歩いているんです。自宅には、カメラが100台くらいありますよ」 北大の教員として、札幌に33年間住んでいた。本格的に写真を始めたのはそのころからだという。 「記録に残すことは大切で、仕事で必要で、気付いたら自然など風景の撮影が趣味になっていました。石神井公園住まいは…

楽天会長兼社長の三木谷浩史氏

企業深層研究

楽天 Eコマースなのに「トップは買い物下手」

そのため、通り一遍の情報だけでは本当の姿が見えてこない。 楽天への好意と嫌悪は、そのまま会長兼社長である三木谷浩史氏への好き嫌いと取って差し支えない。 創業以来、楽天は三木谷氏による三木谷氏のための会社であり、本人もその自負をもって強烈なカリスマ性を発揮し、会社を牽引してきたからだ。2013年、楽天が米フォーブス誌の選ぶ世界の革新的企業にランク入りした際、あるファ…

イラスト・ボギーマン

「シンプル思考」で上手くなる

バックスイング 腰を回せば肩も回る

腰を水平に回せば肩は回そうと思わなくても勝手に回る」と高橋に教わって、腰を平らに回すようにしてみたら、バックスイングで右腰が伸びる悩みは一遍に解消した。 バックスイングするとき、左右の腰に両手をあてがって、左腰は前、右腰を後ろに向けて平ら(地面と水平)に回してもらってバックスイングすると、肩を回そうと思わなくても、左肩がアゴのところまで深く入ってくる。 右ひざを前に…

None

流されゆく日々

連載9910回 中世のヒーローたち

法然、親鸞とつづく念仏系の極北が一遍である。俗に踊り念仏といわれる強烈なグループだ。 歌に巧みな僧は、官僧、私度僧をとわず人気を博した。念仏のコンサートといっていい法会では、ジャニーズばりの人気僧もでてくる。その興行に群れつどうのは、熱心な念仏門徒だけではなかった。広くミーハー的な群集も包みこんで、念仏コンサートが催されたのである。興行とは古い仏教用語なのだ。 そ…

None

流されゆく日々

連載9907回 中世のヒーローたち

一遍上人の行跡を伝える「聖絵」「絵伝」などには、烏帽子をかぶらず、下げ髪、束髪の童形の男たちが登場する。 車借、といえば、牛に車をひかせて荷物を運ぶ仕事である。馬借は馬を使って運送にたずさわる。中世では人びとは馬、牛などに対して一種の畏怖の感情を抱いていたらしい。 それらの動物を駆使する男たちにも、同様の怖れをおぼえていたのだろう。当時は牛や馬などが、家畜として飼…

広島で開催されたG7外省会合

巻頭特集

大新聞は選挙PR屋か “サミット礼賛”チョーチン報道

被爆者との対話もなく、通り一遍の共同声明で幕を閉じてしまったことに疑問を呈すメディアがなかったことが問題です」(政治評論家・本澤二郎氏) 外相会合が新聞紙面を華やかに彩った12日は、日米両政府が普天間飛行場の返還について合意してから、ちょうど20年の節目の日でもあった。基地問題もヒロシマも、悲惨な戦争を引きずっていることに違いはないが、メディアは外相会合一色で、普天…

定例会を開いた6代目山口組

新・政官業研究「警察vs山口組」編

歌舞伎町にまでシマを広げる神戸側の強気

ここで本格的な抗争を仕掛けたら、一遍に組織そのものを潰されかねない。とりわけ指定暴力団の山口側は身動きが取れないでいます。そこに付け込んでいるのが、神戸側なのでしょう」 この話のように、できる限り経済活動の場を広げようとしてきた神戸山口だが、今月7日、神戸側も「指定暴力団」に指定されることが決まった。果たして抗争はどう変わっていくのか。…

None

桂ざこばの「ほんならな!!」

嫁に頼むも断られ「自分で入れまっさ!」と啖呵

それから何日かして、もう一遍、嫁に入れてくれ! と頼んだんですけど、断られましたわ。一度飲んで置いてあるんやけど、次はネットで「高級茶の正しい入れ方」を検索して、お茶と湯飲みの温度なんかにも徹底的にこだわって……自分で入れまっさ!…

None

桂ざこばの「ほんならな!!」

5歳の孫の“オムツ問題”に困っています

母親である娘に聞いたら、4歳の初めころに一遍は取れた時期があったそうなんですが、スグに元のオムツに戻ったみたいです。段階的にオムツを取るための“トレーニングパンツ”てなもんも試したそうなんですが、これもアカンかって、それからはずっとオムツが取れんので、ホンマ困ったもんです。 それよりも問題なのが、幼稚園の中でウチの孫が“おもらし”して、そのままでいとるもんやから臭…

芸能評論家が“素顔”を語る

嫌い部門トップも「好き」で4位 和田アキ子“本当の評価”は?

「実は僕も和田さんに会う前は“怖い人”という印象を持ってましたが、会ってみて一遍で変わりました。なにしろ人の話をよく聞く人なんです。今でこそ、“芸能界のご意見番”的な立場になっていますが、当時は『アッコに――』の芸能コーナーは僕や梨元(勝)さんが出ていて、辛口コメントは僕らが担当していた。その頃の和田さんは自分の考えを表明することはほとんどなかったですよ。今のご意…

加藤一二三 九段

注目の人 直撃インタビュー

現役最年長の加藤一二三 九段 「将棋指すごとに精神活性化」

――健康面で気遣われていることは? 最近の対局でチキンカツとカキフライを一遍に召し上がったとか。 ご飯は1人前ですけどね。卵焼きも食べたかったけど、時間が足りなかった。よく食べますし、よく眠りますよ。タイトル戦で食事量を減らしたら風邪をひいたことがあったので、バランス良く3食取るようにしてます。対局前に一睡もできなかったのは一度だけ。午前2時ごろ目が覚めてしまった…

(C)AP

高倉健インタビュー秘録

監督は「OK」なのに健さんが「もう一度やろう」

『降さん、もう一遍、撮ろうよ』 私が見ていた分にはOKだったのですが、健さんも、カメラをのぞいていた仲沢さんも『気』が足りなかったと感じたのでしょう。そこで、もう一度、撮り直したものが『冬の華』で使われています」 降旗監督の言葉にあるように、本作のラストカットは長い。人を刺した後、放心したような表情なのだが、高倉健の視線は宙をさまよっているわけではない。自分の未来…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事